100D043

  • 78歳の女性。夜間の呼吸困難のため救急車で搬入された。
  • 現病歴 : 2年前から労作時の息切れを自覚していた。昨晩、就寝2時間後息苦しくなり、ふとんの上で座ると少し楽になるものの、息苦しさが持続している。
  • 既往歴 : 56歳から高血圧症で加療中である。
  • 現症 : 意識は清明。身長154cm、体重60kg。体温36.6℃。呼吸数24/分。脈拍108/分、整。血圧184/110mmHg。貧血と黄疸とを認めない。頸静脈怒張を認めない。心音は奔馬調律。両側下部野にcoarse cracklesを聴取する。下腿に浮腫を認めない。
  • 検査所見:尿所見:比重1.024、蛋白(-)、糖(-)、潜血(-)、沈渣に異常を認めない。血液所見:赤血球360万、Hb12.2g/dl、Ht35%、白血球8,900、血小板19万。血清生化学所見:尿素窒素24mg/dl、クレアチニン1.2mg/dl、AST28単位、ALT30単位、LDH317単位(基準176~353)、CK108単位(基準10~40)、Na139mEq/l、K4.5mEq/l、Cl105mEq/l。胸部エックス線写真を以下に示す。
  • 診断はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 100D042]←[国試_100]→[100D044



★リンクテーブル★
国試過去問100D044」「100D042
リンク元うっ血性心不全」「左心不全

100D044」

  [★]

  • 78歳の女性。夜間の呼吸困難のため救急車で搬入された。
  • 現病歴 : 2年前から労作時の息切れを自覚していた。昨晩、就寝2時間後息苦しくなり、ふとんの上で座ると少し楽になるものの、息苦しさが持続している。
  • 既往歴 : 56歳から高血圧症で加療中である。
  • 現症 : 意識は清明。身長154cm、体重60kg。体温36.6℃。呼吸数24/分。脈拍108/分、整。血圧184/110mmHg。貧血と黄疸とを認めない。頸静脈怒張を認めない。心音は奔馬調律。両側下部野にcoarse cracklesを聴取する。下腿に浮腫を認めない。
  • 検査所見:尿所見:比重1.024、蛋白(-)、糖(-)、潜血(-)、沈渣に異常を認めない。血液所見:赤血球360万、Hb12.2g/dl、Ht35%、白血球8,900、血小板19万。血清生化学所見:尿素窒素24mg/dl、クレアチニン1.2mg/dl、AST28単位、ALT30単位、LDH317単位(基準176~353)、CK108単位(基準10~40)、Na139mEq/l、K4.5mEq/l、Cl105mEq/l。胸部エックス線写真を以下に示す。
  • まず行うのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 100D043]←[国試_100]→[100D045

100D042」

  [★]

  • 次の文を読み、41、42の問いに答えよ。
  • 58歳の男性。激しい頭痛と嘔気とを主訴に来院した。
  • 現病歴 : 最近多忙で睡眠不足が続いていた。仕事中にこれまで経験したことがない激しい頭痛が起き、嘔気も伴った。横になって安静にしていたが、6時間後でも頭痛は軽快していない。
  • 既往歴 : 40歳時から健診を受け、毎年高血圧を指摘されているが、治療はしていない。
  • 現症 : 顔貌は苦悶状で、頭をおさえて「痛い、痛い」と言い、時に嘔気も訴えている。体温36.9℃。脈拍92/分、整。血圧182/102mmHg.頸部の前屈で強い抵抗を認める。心雑音はなく、呼吸音にも異常を認めない。腹部はほぼ平坦で、肝・肺を触知せず、圧痛を認めない。下肢に浮腫を認めない。四肢に明らかな麻痺はない。深部腱反射は正常で、病的反射は認めない。
  • 検査所見 : 尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球420万、Hb13.0g/dl、Ht36%、白血球6,800、血小板21万。CRP0.2mg/dl。
  • この疾患の診断でまず行うのはどれか。
  • a. 頭部単純CT
  • b. 脳脊髄液検査
  • c. 頭部単純MRI
  • d. 凝固・線溶検査
  • e. 頸動脈超音波検査

[正答]


※国試ナビ4※ 100D041]←[国試_100]→[100D043

うっ血性心不全」

  [★]

congestive
congestive heart failure, CHF
心不全急性心不全

診断基準

Framingham criteria

  • 大症状2つか、大症状1つおよび小症状2つ以上を心不全と診断する

大症状

小症状

大症状あるいは小症状

  • 5日間の治療に反応して4.5kg以上の体重減少があった場合、それが心不全治療による効果ならば大症状1つ、それ以外の治療ならば小症状1つとみなす

治療

  • 利尿薬:フロセミド、ヒドロクロロチアジド、スピロノラクトン(重症心不全の予後を改善する)、ANP

治療の禁忌

  • 浸透圧利尿効果があり、脳圧亢進時、眼圧亢進時に用いる。
  • 心不全に対して用いると、利尿効果を及ぼす前に循環血液量の一次的増加により心不全症状を増悪させる。

国試

左心不全」

  [★]

left heart failure, left-sided heart failure, LHF
右心不全心不全
左室不全 left ventricular failure LVF


概念

  • 左室や左房の機能障害に起因する心不全

病因

  • 過剰な後負荷:高血圧

高血圧を伴う左心不全

QB.C-9改変
  • 1. 高血圧性心不全:長期コントコール不良な高血圧により左室肥大をきたし、拡張能障害から左室不全となったもの
  • 2. 高血圧緊急症:急性に高血圧(拡張期血圧≧120mmHg)となり、心不全・肺水腫を来したもの
  • 3. 後負荷不適合:筋機能不全(DCMなど)の基礎疾患を有した人が高血圧を来し心不全を来したもの

国試