100D045

  • 次の文を読み、45、46の問いに答えよ。
  • 53歳の男性。右のどの痛みを主訴に来院した。
  • 現病歴 :1か月前から食物を飲み込むときに右咽頭部の鈍い痛みを自覚するようになった。
  • 既往歴 :10年前から糖尿病と高血圧とで通院している。
  • 生活歴:喫煙40本/日を33年間。
  • 現症 : 意識は清明。身長165cm、体重65kg。体温36.3℃。脈拍72/分、整。血圧140/90mmHg。右頸部に圧痛を認めるが、リンパ節は触知しない。
  • 血液所見:赤沈15mm/1時間、赤血球500万、Hb14.5g/dl、Ht40%、白血球6,000、血小板23万。CRP0.3mg/dl。下咽頭の内視鏡写真を以下に示す。頸部造影CTではリンパ節の腫大は認めない。生検で扁平上皮癌と診断された。



  • 対応として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 100D044]←[国試_100]→[100D046



★リンクテーブル★
国試過去問100D046」「100D044

100D046」

  [★]

  • 次の文を読み、45、46の問いに答えよ。
  • 53歳の男性。右のどの痛みを主訴に来院した。
  • 現病歴 :1か月前から食物を飲み込むときに右咽頭部の鈍い痛みを自覚するようになった。
  • 既往歴 :10年前から糖尿病と高血圧とで通院している。
  • 生活歴:喫煙40本/日を33年間。
  • 現症 : 意識は清明。身長165cm、体重65kg。体温36.3℃。脈拍72/分、整。血圧140/90mmHg。右頸部に圧痛を認めるが、リンパ節は触知しない。
  • 血液所見:赤沈15mm/1時間、赤血球500万、Hb14.5g/dl、Ht40%、白血球6,000、血小板23万。CRP0.3mg/dl。下咽頭の内視鏡写真を以下に示す。頸部造影CTではリンパ節の腫大は認めない。生検で扁平上皮癌と診断された。


  • 今回の病気をきっかけに禁煙を決意したが、まだ成功していない。受診時の医療面接での会話を以下に示す。
  • 医師①「なかなかうまくいきませんね。どうしてダメなのでしょうね」
  • 患者「意思が弱いからでしょうかね」
  • 医師②「たばこをやめられたら、どのようになっているのでしょうね」
  • 患者「この病気になったのもたばこが悪いんでしょう。だから病気がよくなってのどの痛いのも治るんでしょう」
  • 医師③「そうですね。洽るとよいですね。でも、1日40本吸っていたのが20本に減ってきたのですからすごいじゃないですか」
  • 患者「そうですかね」
  • 医師④「もう一歩ですね。何かいい方法はないでしょうかね」
  • 患者「ロが寂しいのでつい手がのびてしまうんですけどね。ダミーのパイプでも買ってみようかな」
  • 医師⑤「そうですね。いいかもしれませんね。次にいらっしやるときまでに減らす目標を立ててみましょうか」
  • 患者「今度までに1日10本まで減らしてみようかな」
  • 行動変容に寄与する度合いが少ないのはどれか。
  • a. ①
  • b. ②
  • c. ③
  • d. ④
  • e. ⑤

[正答]


※国試ナビ4※ 100D045]←[国試_100]→[100D047

100D044」

  [★]

  • 78歳の女性。夜間の呼吸困難のため救急車で搬入された。
  • 現病歴 : 2年前から労作時の息切れを自覚していた。昨晩、就寝2時間後息苦しくなり、ふとんの上で座ると少し楽になるものの、息苦しさが持続している。
  • 既往歴 : 56歳から高血圧症で加療中である。
  • 現症 : 意識は清明。身長154cm、体重60kg。体温36.6℃。呼吸数24/分。脈拍108/分、整。血圧184/110mmHg。貧血と黄疸とを認めない。頸静脈怒張を認めない。心音は奔馬調律。両側下部野にcoarse cracklesを聴取する。下腿に浮腫を認めない。
  • 検査所見:尿所見:比重1.024、蛋白(-)、糖(-)、潜血(-)、沈渣に異常を認めない。血液所見:赤血球360万、Hb12.2g/dl、Ht35%、白血球8,900、血小板19万。血清生化学所見:尿素窒素24mg/dl、クレアチニン1.2mg/dl、AST28単位、ALT30単位、LDH317単位(基準176~353)、CK108単位(基準10~40)、Na139mEq/l、K4.5mEq/l、Cl105mEq/l。胸部エックス線写真を以下に示す。
  • まず行うのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 100D043]←[国試_100]→[100D045