098G010

  • 感染症法に基づき入院勧告を行うのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 098G009]←[国試_098]→[098G011



★リンクテーブル★
国試過去問098G011」「098G009
リンク元二類感染症

098G011」

  [★]

  • (1) 医師は疾病前の予防と疾病段階の対応とに従事する。
  • (2) 健康増進には変化する環境への適応力をつけることが重要である。
  • (3) 健康増進のプランには栄養、休養、教養の3要素が重要である。
  • (4) 健康教育は知識の普及を目的とし、個人の行動の変容までは求めない。
  • (5) 健康の管理は母子保健学校保健老人保健等の縦割りの管理である。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)

[正答]


※国試ナビ4※ 098G010]←[国試_098]→[098G012

098G009」

  [★]

  • 母子保健法による母子保健サービスで正しいのはどれか。
  • a. 未熟児訪問指導の実施主体は市町村の保健センターである。
  • b. 低体重見届け出の対象となるのは出生時体重2,000g未満である。
  • c. 児の移送に要する費用は未熟児養育医療費の給付範囲に含まれない。
  • d. 市町村は妊娠の届け出をした者に母子健康手帳を交付する。
  • e. 市町村は母子健康センターを設置しなければならない。

[正答]


※国試ナビ4※ 098G008]←[国試_098]→[098G010

二類感染症」

  [★]

2類感染症
感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)


概念

対応

  • 必要に応じて入院。
  • 消毒などの対物処置

感染症法

二類感染症 急性灰白髄炎
結核
ジフテリア
重症急性呼吸器症候群(病原体がSARSコロナウイルスであるものに限る)
鳥インフルエンザ(H5N1)

国試