095A068

  • a. 農薬中毒によると思われる死体
  • b. 他傷後の続発症によると思われる死体
  • c. 異型輸血によると思われる死体
  • d. 処方された薬剤の誤嚥によると思われる死体
  • e. 肺癌患者の喀血によると思われる死体

[正答]


※国試ナビ4※ 095A067]←[国試_095]→[095A069



★リンクテーブル★
国試過去問095A069」「095A067
リンク元異状死体

095A069」

  [★]

  • 診察医に届出の義務がないのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 095A068]←[国試_095]→[095A070

095A067」

  [★]

  • 脳死において認められるのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 095A066]←[国試_095]→[095A068

異状死体」

  [★]

unexpected death, unnatural death
異状死監察医制度死体検案死体検案書検案医師法#第21条
  • see SLE.296

定義

  • 異状死体とは犯罪性の有無にかかわらず、全ての外因子、死因が不明な死体、発症や死亡前後の状況に異状のある死体をいう(日本法医学会。異状死ガイドライン)

分類

  • 犯罪死体 :明らかに犯罪に起因した異状死体
  • 非犯罪死体:犯罪とは無関係な異状死体
  • 変死体  :犯罪に起因しているか否かが不明

異状死体に該当する死体

参考1
  • 1. 外因による死亡(診療の有無、診療の期間を問わない)
  • 2. 外因による傷害の続発症、あるいは後遺障害による死亡
  • 3. 上記1.または2.の疑いがあるもの
  • 4. 診療行為に関連した予期しない死亡、およびその疑いがあるもの
  • 5. 死因が明らかでない死亡

異状死体の届け出義務(医師法第21条)

  • 医師は、死体又は妊娠四月以上死産児検案して異状があると認めたときは、二十四時間以内に所轄警察署に届け出なければならない。

参考

  • 1. 異状死ガイドライン - 日本法医学会
[display]http://www.jslm.jp/public/guidelines.html

国試