緊張病性昏迷


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • 緊張病性昏迷をきたした統合失調症患者に対する作業療法の実践
  • 中西 弥生,四本 かやの,奥田 真紀子,橋本 健志
  • 作業療法 = The Journal of Japanese Occupational Therapy Association 29(3), 339-344, 2010-06-15
  • NAID 10026407486
  • 緊張病性昏迷 (特集 救急精神科 救急医に求められる最低限の知識) -- (救急外来編 救急外来で対応に難渋する,または身体疾患との鑑別が問題となる4つの精神障害,または精神症状)

Related Pictures

医療法人三幸会 第二北山病院性 昏迷 など こうした 激しい 参考 文献 1 統合 失調 症 第 1 昏迷中」に関する画像一覧



★リンクテーブル★
国試過去問103G065
リンク元緊張病症候群
関連記事昏迷」「緊張」「緊張病

103G065」

  [★]

  • 次の文を読み、65~67の問いに答えよ。
  • 33歳の女性。何もする気になれないことを主訴に夫に伴われて来院した。
  • 現病歴:31歳時、運転中に突然、息苦しさ、動悸、冷汗およびめまいが出現し、気が遠のき、死ぬのではと恐怖に駆られて近医を受診した。処置を受けて発作は落ち着いたが、その後同様の発作がしばしば起こるようになり、内科、脳外科、婦人科および耳鼻科の受診を繰り返した。「また発作が起きるのでは」という心配も強くなった。次第に銀行やデパートやスーパーへも出かけられなくなった。ここ1年間は外出を極力控え家に閉じこもるようになった。徐々に気分が落ち込み、将来に悲観的となり、物事に興味を失い、家事もやりたくない。熟睡できず、食欲が落ち、体重が1年で8kg減少した。現在も発作は時々起こっている。
  • 既往歴:月経前に体調不良となる傾向があった。
  • 生活歴:生来明るい性格で、友人も多かった。高校卒業後、事務職として働いていた。22歳時に結婚し、2児を育て専業主婦として過ごしていた。
  • 現症:意見は清明。身長162cm、体重45kg。体温36.5℃。脈拍72/分、整。血圧120/76mmHg。
  • この患者に認められるのはどれか。2つ選べ。

[正答]


※国試ナビ4※ 103G064]←[国試_103]→[103G066

緊張病症候群」

  [★]

catatonic syndrome
緊張型分裂病

概念

  • 意志障害を主とする精神運動障害である。(PSY.51)
  • 緊張型統合失調症、器質性精神障害、うつ病に出現する症候群である。(PSY.51)
  • 緊張型/非緊張型統合失調症、大うつ性障害、内科疾患、精神疾患においてみられる。特に双極I型障害に関連して見られることが一番多い。(KPS.598)

症状

国試

  • 105A023:統合失調症による緊張病症候群。無言、無動、カタレプシー

昏迷」

  [★]

stupor

精神医学での昏迷

  • 自発的な身体的・精神的表出を欠いた状態。感情や言語の表出や行動が全くなくなった状態
  • 意識障害なし  ⇔ 英語圏では軽い意識障害を意味する

昏迷が見られる疾患

精神医学以外での昏迷

  • 意識障害の分類の一つ。自発運動はしばしば認められる。強い刺激に反応して逃避反応がみられ、反復すると指示に従う(例えば、開眼)。
SPE.624

緊張」

  [★]

stressstrain、(生理)tonetonus
応力強調菌株緊張度系統ストレストーン歪み捻挫トーヌス緊張活動力点筋挫傷

緊張病」

  [★]

catatonia
緊張型分裂病