CCK-A受容体

CCK-A receptor
コレシストキニンA受容体コレシストキニンAレセプターCCK-Aレセプター

WordNet

  1. the 3rd letter of the Roman alphabet (同)c
  2. (music) the keynote of the scale of C major
  3. a general-purpose programing language closely associated with the UNIX operating system
  4. the 1st letter of the Roman alphabet (同)a
  5. the blood group whose red cells carry the A antigen (同)type_A, group A

PrepTutorEJDIC

  1. carbonの化学記号
  2. answer / ampere

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • 消化管関連 ガストリン,コレシストキニン,セクレチンなど (ホルモンの病態異常と臨床検査) -- (各論 ホルモンの病態異常と検査)
  • 2型糖尿病モデルOtsuka Long-Evans Tokushima Fatty (OLETF)ラットにおける副腎皮質機能低下
  • 野口 周也,大野 恭裕,青木 矩彦
  • 近畿大学医学雑誌 32(1), 11-19, 2007-03
  • … コイドの上昇といった視床下部-下垂体-副腎系(HPA axis)の調節障害が存在する.また,HPA axisの調節においてはコレシストキニン(CCK)およびその受容体が影響を及ぼすと報告されている.そこで,今回我々は2型糖尿病のモデルとして用いられ,先天的にCCK-A受容体が欠如するOtsuka Long-Evans Tokushima Fatty (OLETF)ラットにおける副腎皮質機能を検討した.5-36週齢のOLETFラットを用いて,副腎重量,血 …
  • NAID 110007025536

Related Links

コレシストキニン受容体にはAタイプとBタイプがあり、脳は主にBタイプ受容体で、一部 の脳と末梢神経系がAタイプ受容体である。 よく分かっている神経路として知られている のは、CCK腹腔投与すると胃のCCK-Aタイプ受容体が刺激され、迷走神経を経由して ...
CCK-A 受容体アゴニスト(CCK-8s)投与が、摂食活動を抑制することは広く知られる ... CCK-A 受容体は、典型的な非インシュリン依存性糖尿病の因子であるとも考えられて. いる。しかしながら一方で、CCK-A 受容体ノックアウトマウス(CCKAR-/-)では、摂 ...


Related Pictures

図2.CCKによる蛍光強度・レシオ Last modified 2007.11.01 CCKが関与することがin vivoジアステレオマー - DiastereomerFigure 1. HCRTR1受容体、CCK-8をに対 ヒトCCK-A受容体遺伝子



★リンクテーブル★
リンク元CCK-A receptor」「コレシストキニンA受容体」「コレシストキニンAレセプター」「CCK-Aレセプター
関連記事受容体」「C」「CC」「受容」「

CCK-A receptor」

  [★]

cholecystokinin A receptor

コレシストキニンA受容体」

  [★]

cholecystokinin A receptorCCK-A receptor
コレシストキニンAレセプターCCK-A受容体CCK-Aレセプター

コレシストキニンAレセプター」

  [★]

cholecystokinin A receptorCCK-A receptor
コレシストキニンA受容体CCK-A受容体CCK-Aレセプター

CCK-Aレセプター」

  [★]

CCK-A receptor
コレシストキニンA受容体コレシストキニンAレセプターCCK-A受容体

受容体」

  [★]

receptor
レセプターリセプター
  • 図:GOO.27

種類

First Aid FOR THE USMLE STEP 1 2006 p.199

一般的作動薬 受容体 G protein subunit 作用
アドレナリン
ノルアドレナリン
α1 Gq 血管平滑筋収縮
α2 Gi 中枢交感神経抑制、インスリン放出抑制
β1 Gs 心拍数増加、収縮力増加、レニン放出、脂肪分解
β2 骨格筋筋弛緩、内臓平滑筋弛緩、気道平滑筋弛緩、グリコーゲン放出
β3 肥満細胞脂質分解亢進
アセチルコリン M1 Gq 中枢神経
M2 Gi 心拍数低下
M3 Gq 外分泌腺分泌亢進
ドーパミン D1 Gs 腎臓平滑筋弛緩
D2 Gi 神経伝達物質放出を調節
ヒスタミン H1 Gq 鼻、器官粘膜分泌、細気管支収縮、かゆみ、痛み
H2 Gs 胃酸分泌
バソプレシン V1 Gq 血管平滑筋収縮
V2 Gs 腎集合管で水の透過性亢進

チャネルの型による分類(SP. 154改変)

イオンチャネル連結型受容体

Gタンパク質共役型受容体

受容体とシグナル伝達系

リガンド、受容体、細胞内情報伝達系

PKA,PKC

癌細胞における

C」

  [★]

       

CC」

  [★]


受容」

  [★]

accept, acceptance
受け取る承認受諾認容認める受け入れる

体」

  [★]

body
corpuscorpora
肉体身体本体コーパスボディー