099C019

  • 8歳の女児。高熱を主訴に来院した。数年前から年に数回の高熱を繰り返している。感冒様症状はなく、左腰部に自発痛と叩打痛とを認める。体温39.5℃。脈拍112/分、整。尿所見:蛋白1+、乳糖(-)、沈渣に赤血球2~3/1視野、白血球30~50/1視野、細菌2+。腹部超音波検査で左腎に中等度の腎盂腎杯の拡張を認める。
  • 基礎疾患の確定に最も有用な検査はどれか。


  • a. 尿培養
  • b. 尿流測定
  • c. 腹部単純CT
  • d. 排尿時膀胱造影
  • e. 腹部エックス線単純撮影

[正答]


※国試ナビ4※ 099C018]←[国試_099]→[099C020



★リンクテーブル★
国試過去問099C020」「099C018
リンク元膀胱尿管逆流

099C020」

  [★]

  • 35歳の女性。心窩部の不快感を訴えて来院した。症状は1年以上続いており、既に4か所の病院を受診した。そのたび精密検査を受けたが症状を説明できる異常は認められなかった。しかし患者はこれまでの医師の説明に納得できず、「がんのような重い病気なのではないかと思う。検査でみつからないだけなのではないか。医師が隠しているのではないか」と疑い深く不安になっており、再度同じような精密検査を要求している。
  • 最も考えられるのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 099C019]←[国試_099]→[099C021

099C018」

  [★]

  • 67歳の男性。乗用車に後方から跳ねられ、救急車で搬送された。意識は清明で、四肢麻痺はなかったが、頚部の疼痛を訴えたので頚椎カラーを装着した。頭部エックス線単純写真と頭部エックス線単純写真とに異常所見を認めなかった。しかし、1時間後に意識が混濁し、右瞳孔が散大し、右側の対光反射の消失と左半身の麻痺とが出現してきた。
  • まず行う検査はどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 099C017]←[国試_099]→[099C019

膀胱尿管逆流」

  [★]

vesicoureteral reflux vesico-ureteral reflux VUR, vesicoureteric reflux, ureterovesical reflux
尿管逆流 ureteral reflux膀胱尿管逆流症膀胱尿管逆流現象
膀胱尿管逆流防止手術

国試