ハマボウフウ

桂芍知母湯エキス十味敗毒湯エキス大防風湯エキス


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/12/04 22:23:07」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

Japanese Journal

  • 薬用植物の新病害 : Rhizoctonia solaniによるカイケイジオウ,ハマボウフウおよびシャボンソウ立枯病とSclerotium rolfsiiによるエダウチオオバコおよびウツボグサ類白絹病
  • 関東東山病害虫研究会報 = Annual report of the Kanto-Tosan Plant Protection Society 62, 87-92, 2015-12
  • NAID 40020689609
  • 米子市弓ヶ浜の離岸堤によって再生した海浜における海浜植物の分布特性
  • ハマボウフウとトウドクカツの薄層クロマトグラフィーによる確認試験法の検討
  • 医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス 45(2), 134-139, 2014
  • NAID 40019975270

Related Links

絶滅危惧種・ハマボウフウの保護育成や海辺の環境保全を目的に活動する自然保護団体。 ... 自然保護団体・名取ハマボウフウの会の公式WEBサイトです。 会設立の背景 昭和30年代、閖上海岸にはたくさんのハマボウフウが群生して ...
ハマボウフウの生態,分布,特徴,名前の由来,用法,薬効,有効成分,生薬名を詳細に解説。植物名一覧(植物一覧表)(薬草図鑑)では薬草から山菜,山野草,野草,樹木,高山植物の生態,分布,特徴,名前の由来を詳細に解説。漢方薬の用法,有効成分 ...


Japan Pharmaceutical Reference

薬効分類名

  • 漢方製剤

販売名

三和十味敗毒湯エキス細粒

組成

  • 本品1日量(7.5g)中、下記の十味敗毒湯水製エキス3.7gを含有する。
  • 日局 サイコ 3.0g
    オウヒ 3.0g
    日局 キキョウ 3.0g
    日局 ショウキョウ 1.0g
    日局 センキュウ 3.0g
    日局 ブクリョウ 3.0g
    日局 ドクカツ 1.5g
    日局 ハマボウフウ 1.5g
    日局 カンゾウ 1.0g
    日局 ケイガイ 1.0g
    *添加物として乳糖水和物、トウモロコシデンプン、結晶セルロース、部分アルファー化デンプン、軽質無水ケイ酸を含有する。

効能または効果

比較的神経質で胸脇苦満がありせつ 、アレルギ―性の湿疹などを起し易い体質のものの次の諸症

  • 皮膚炎、湿疹、蕁麻疹、乳房炎、フルンクロ―ジスの体質改善、腫物、尋常性ざ瘡、とびひ
  • 通常、成人1日7.5gを3回に分割し、食前又は食間に経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

慎重投与

著しく体力の衰えている患者

  • 皮膚症状が悪化するおそれがある。

著しく胃腸の虚弱な患者

  • 食欲不振、胃部不快感、悪心、下痢等があらわれるおそれがある。

食欲不振、悪心、嘔吐のある患者

  • これらの症状が悪化するおそれがある。

重大な副作用

偽アルドステロン症

  • 低カリウム血症、血圧上昇、ナトリウム・体液の貯留、浮腫、体重増加等の偽アルドステロン症があらわれることがあるので、観察(血清カリウム値の測定など)を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、カリウム剤の投与等の適切な処置を行うこと。

ミオパシ―

  • 低カリウム血症の結果としてミオパシ―があらわれることがあるので、観察を十分に行い、脱力感、四肢痙攣・麻痺等の異常が認められた場合には投与を中止し、カリウム剤の投与等の適切な処置を行うこと。

★リンクテーブル★
リンク元疎経活血湯エキス」「大防風湯エキス」「消風散エキス」「桂芍知母湯エキス」「浜防風
関連記事ボウフウ

疎経活血湯エキス」

  [★]

疎経活血湯漢方製剤

大防風湯エキス」

  [★]

漢方製剤大防風湯

消風散エキス」

  [★]

消風散漢方製剤

桂芍知母湯エキス」

  [★]

桂芍知母湯漢方製剤

浜防風」

  [★]

はまぼうふうハマボウフウ
glehnia root, coastal glehnia root
八百屋防風 やおやぼうふう
防風

ボウフウ」

  [★]

防風
桂芍知母湯エキス荊芥連翹湯エキス治頭瘡一方エキス十味敗毒湯エキス清上防風湯エキス川きゅう茶調散エキス大防風湯エキス釣藤散エキス当帰飲子エキス防風通聖散エキス防風通聖散料エキス立効散エキス