チキジウム

tiquizium
臭化チキジウム tiquizium bromide
チアトンチアパストンチアメロンチワン


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • 臭化チキジウム (医薬品・医療機器等安全性情報(No.224)) -- (重要な副作用等に関する情報)
  • 臭化チキジウム(チアトン)によりアナフィラキシーをきたした1例
  • 大澤 恵,白井 敏博,後藤 哲男,鈴木 研一郎,佐野 聡,本城 裕美子,石橋 るり,大竹 剛靖,高柳 茂和,金子 栄蔵
  • 日本内科学会雑誌 88(8), 1524-1526, 1999-08-10
  • NAID 10005009407
  • 臭化チキジウム(チアトン)の尿管結石に対する鎮痛および排石効果に対する検討(第268回新潟地方会)
  • 森下 英夫,中嶋 祐一
  • 日本泌尿器科學會雜誌 81(12), 1914, 1990-12-20
  • NAID 110006385425

Related Links

チアトンとは?チキジウムの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版) ... 用法用量は医師・薬剤師の指示を必ずお守りください。 すべての副作用を掲載しているわけではありません。
販売名 欧文商標名 製造会社 YJコード 薬価 規制区分 チキジウム臭化物カプセル5mg「トーワ」 (後発品) TIQUIZIUM BROMIDE CAPSULES 5mg "TOWA" 東和薬品 1231013M1091 6.4円/カプセル チキジウム臭化物カプセル10mg ...


Related Pictures

チキジウム臭化物の働き図解チキジウム臭化物カプセル 抗コリン薬である「チキジウム  一般 名 チキジウム 臭化物臭化チキジウムカプセル チキジウム臭化物

Japan Pharmaceutical Reference

薬効分類名

  • キノリジジン系抗ムスカリン剤

販売名

  • チワンカプセル5

組成

  • チワンカプセル5:1カプセル中にチキジウム臭化物5mgを含有する。
    添加物として、ステアリン酸Mg、トウモロコシデンプン、乳糖、ヒドロキシプロピルセルロース、カプセル本体に、酸化チタン、ゼラチン、ラウリル硫酸Na、黄色5号を含有する。

禁忌

  • 緑内障の患者〔房水通路が狭くなり眼圧が上昇し、症状を悪化させるおそれがある。〕
  • 前立腺肥大による排尿障害のある患者〔膀胱平滑筋の弛緩、膀胱括約筋の緊張により排尿困難を悪化させるおそれがある。〕
  • 重篤な心疾患のある患者〔心拍数を増加させ、心臓に過負荷をかけるおそれがある。〕
  • 麻痺性イレウスの患者〔消化管運動を抑制し、症状を悪化させるおそれがある。〕
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • 下記疾患における痙攣並びに運動機能亢進
    胃炎、胃・十二指腸潰瘍、腸炎、過敏性大腸症候群、胆のう・胆道疾患、尿路結石症
  • チキジウム臭化物として、通常成人1回5〜10mgを1日3回経口投与する。
    なお、年齢、症状により適宜増減する。

慎重投与

  • 前立腺肥大のある患者〔膀胱平滑筋の弛緩、膀胱括約筋の緊張により排尿困難を悪化させるおそれがある。〕
  • 甲状腺機能亢進症の患者〔心悸亢進等の症状を悪化させるおそれがある。〕
  • うっ血性心不全のある患者〔心拍数を増加させ、心臓に過負荷をかけるおそれがある。〕
  • 不整脈のある患者〔心拍数を増加させ、心臓に過負荷をかけるおそれがある。〕
  • 潰瘍性大腸炎の患者〔中毒性巨大結腸があらわれることがある。〕
  • 高温環境にある患者〔汗腺分泌を抑制し、体温調節を障害するおそれがある。〕
  • 高齢者(「高齢者への投与」の項参照)

重大な副作用

  • (頻度不明)
  • ショック、アナフィラキシー様症状:ショック、アナフィラキシー様症状があらわれることがあるので、観察を十分に行い、血圧低下、呼吸困難、発赤、蕁麻疹、血管浮腫等の異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。
  • 肝機能障害、黄疸:AST(GOT)、ALT(GPT)、Al-Pの著しい上昇等を伴う肝機能障害、黄疸があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

薬効薬理

  • 副交感神経末端での抗ムスカリン作用により、胃・腸管・胆のう・胆道及び尿路系の平滑筋に対して攣縮緩解作用を示す。
  • 従来の抗コリン性鎮痙剤と比較して、持続性があり、神経節遮断作用をほとんど示さないので、膀胱収縮抑制作用は少ない。

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • チキジウム臭化物(Tiquizium Bromide)

化学名

  • (5RS,9aRS)-3-(Di-2-thienylmethylene)octahydro-5-methyl-2H-quinolizinium bromide

分子式

  • C19H24BrNS2

分子量

  • 410.43

融点

  • 約272℃(分解)

性状

  • チキジウム臭化物は白色の結晶性の粉末である。メタノール又はクロロホルムにやや溶けやすく、エタノール(95)にやや溶けにくく、水又は無水酢酸に溶けにくく、ジエチルエーテルにほとんど溶けない。クロロホルム溶液(1→40)は旋光性を示さない。

★リンクテーブル★
リンク元ムスカリン受容体拮抗薬」「tiquizium

ムスカリン受容体拮抗薬」

  [★]

muscarinic receptor antagonist
ムスカリン受容体遮断薬抗ムスカリン様作用薬、antimuscarinic drug
ムスカリン受容体アセチルコリン受容体
  • 気道閉塞性障害
臭化ブチルスコポラミン scopolamine butylbromide
製品名:ブスコパン Buscopan
チキジウム tiquizium

tiquizium」

  [★]

チキジウム

tiquizium bromide