薬物相互作用

drug interaction


事例

参考

  • Lexi-Comp - uptodate
薬物相互作用の解析
[display]http://www.uptodate.com/crlsql/interact/frameset.jsp


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/12/10 08:24:12」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • 特発性肺高血圧症の薬物治療の発展 (第1土曜特集 肺高血圧症診療の進歩) -- (肺高血圧症各論(疾患の解説と内科治療))
  • 牧 尚孝,八尾 厚史
  • 医学のあゆみ 240(1), 61-68, 2012-01-07
  • NAID 40019072282
  • 薬物相互作用(22―オピオイドの薬物相互作用
  • 川島 理恵子,松永 尚,千堂 年昭
  • 岡山医学会雑誌 123(3), 239-241, 2011-12-01
  • NAID 120003659855

Related Links

薬物相互作用(やくぶつそうごさよう、英: Drug Interaction)は、血中に複数種類の薬物 が存在することにより、薬物の作用に対して影響を与えることである。薬物相互作用 により薬物の作用が増強する場合や減弱化する場合、新たな副作用が生じる場合が ある。
薬動力学的薬物相互作用は、薬物動態(吸収、分布、代謝、排泄)を知る必要が あります。飲み薬は、主に小腸で吸収され、血流に乗って体のいろいろなところに行き わたり(分布)、主に肝臓で体から薬を捨てて行くために薬の形を変え(代謝)、主に腎臓 から薬が ...


Related Pictures

 2:「薬物相互作用の分類降圧薬の薬物相互作用 機序による薬物相互作用の分類 阻害に基づく薬物間相互作用飲み合わせ・薬物相互作用薬物相互作用トップ100 患者



★リンクテーブル★
国試過去問111G065」「103F029
リンク元酵素誘導」「酵素阻害
関連記事薬物」「相互作用」「相互」「作用

111G065」

  [★]

  • 次の文を読み、63~65の問いに答えよ。
  • 84歳の女性。失神と眼前暗黒感とを主訴に来院した。
  • 現病歴:1週間前から時々気が遠くなるようなふらつきを自覚していたが、本日、朝食前に突然眼前暗黒感を自覚し意識が消失した。意識はすぐに回復したが、心配になり長女に付き添われて救急外来を受診した。
  • 既往歴:60歳ごろから高血圧症と脂質異常症。75歳ごろから骨粗鬆症と逆流性食道炎。80歳ごろから心不全と心房細動で内服治療中。アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬、スタチン(HMG-CoA還元酵素阻害薬)、ビスホスホネート製剤、プロトンポンプ阻害薬およびジゴキシンを処方されている。
  • 生活歴:ADLは自立している。長女夫婦と3人暮らし。喫煙歴と飲酒歴はない。
  • 家族歴:父親が心筋梗塞で死亡。母親が胃癌で死亡。
  • 現症:意識は清明。身長 150cm、体重 42kg。体温 35.8℃。脈拍 36/分、不整。血圧 152/70mmHg。呼吸数 20/分。SpO2 96%(room air)。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。心尖部を最強点とするⅡ/Ⅵの汎収縮期雑音を聴取する。呼吸音に異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。下腿に浮腫を認めない。神経学的所見に異常を認めない。
  • 検査所見:尿所見:蛋白(±)、糖(-)、沈渣に白血球を認めない。血液所見:赤血球 352万、Hb 11.8g/dL、Ht 36%、白血球 5,800、血小板 16万。血液生化学所見:総蛋白 6.8g/dL、アルブミン 3.9g/dL、AST 28U/L、ALT 32U/L、ALP 164U/L(基準 115~359)、CK 45U/L(基準 30~140)、尿素窒素 24mg/dL、クレアチニン 1.4mg/dL、血糖 110mg/dL、HbA1c 5.7%(基準 4.6~6.2)、Na 133mEq/L、K 3.6mEq/L、Cl 97mEq/L。CRP 0.3mg/dL。
  • 薬剤を中止したところ状態は改善した。
  • 今回の経過に関連したのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 111G064]←[国試_111]→[111G066

103F029」

  [★]

  • 次の文を読み、28、29の問いに答えよ。
  • 53歳の男性。1か月以上続く咳と37℃台の微熱とを主訴に来院した。
  • 既往歴 : 23歳時に肺結核で1年間入院治療した。
  • 家族歴 : 母(76歳、降圧薬服用中)、妻(51歳、高脂血症薬服用中)、長男(29歳、交通事故後遺症で義肢装着中)、長男の妻(27歳、気管支喘息で気管支拡張薬服用中)、孫(生後1か月)、
  • 現 症 : 身長165cm、体重55kg。体温37.2℃。呼吸数18/分。脈拍84/分、整。血圧116/72mmHg。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、圧痛や抵抗を認めない。
  • 検査所見 : 胸部エックス線写真で右上肺野に石灰化陰影とその周囲に軟らかい浸潤影とを認める。結核菌の喀痰塗抹検査は陰性であった。
  • 経 過 : 担当医は結核症の可能性が極めて高いと判断し、治療を開始することとした。患者は外来治療を希望していたが、担当医は同居家族の状況から入院治療が必要と判断した。入院後、抗結核薬の4剤併用投与を開始した。治療開始前に行った喀痰培養で結核菌が陽性で、薬剤感受性菌であることが後日判明した。治療開始3か月の時点でも自覚症状と胸部エックス線陰影とが改善せず、喀痰塗抹検査が陽性となり、結核菌が証明された。抗結核薬の服用が不規則で飲み残しの多いことが判明し、担当医は規則的な服薬を再度強く指導した。
  • 抗結核薬の不規則な服薬で起こるのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 103F028]←[国試_103]→[103F030

酵素誘導」

  [★]

enzyme induction
薬物相互作用誘導物質

酵素阻害」

  [★]

enzyme inhibition
薬物相互作用

薬物」

  [★]

drug, medication, medicament
薬物中毒薬物依存薬物濫用
処方ドラッグ麻薬薬剤薬剤負荷薬物療法薬物適用薬品

相互作用」

  [★]

interactioninterplayinteract
関係交互作用項インタラクトインターアクションインタラクション

相互」

  [★]

mutualreciprocalmutuallyreciprocally
往復式交互相反相反性相反的逆数交換的

作用」

  [★]

actioneffectact
影響行為、効果、行動効力作動措置働く効能条例