全失語

global aphasia, total aphasia
全失語症
失語症


  • 片麻痺(右)、片側感覚障害(右)を伴うことが多い。同名性半盲(右)をも合併するが、良く検査できないことが多い(BET p.256)。


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • 失語症患者に対する作業療法の工夫--身体機能の改善による非言語的コミュニケーションの変化
  • 鈴木 里実,小岩 伸之,川合 靖子 [他]
  • 北海道作業療法 28(1), 28-32, 2011-06
  • NAID 40018925918
  • 脳梗塞を契機に発見され、脾摘により血小板増加を得た血小板減少性紫斑病
  • 鹿野 智子,吉田 美穂,近藤 真,坂井 俊哉,山本 聡,向井 正也
  • 2011-03-31
  • … 翌日症状の改善なく、さらに全失語が出現し、N病院に救急搬送された。 …
  • NAID 120003145495

Related Links

全失語とは : 高次脳機能障害で、左の脳が傷つくことによって起こる失語症のひとつ。左脳の全体におよぶような大きな損傷が起こった時に発症します。「聞く・話す・読む・書く」のす...
世界大百科事典 第2版 全失語の用語解説 - 左側頭―頭頂葉の損傷で生ずる。[全失語その他] すべての言語能力が重度に障害された状態が全失語である。話すことも,言葉を聴いて理解することもほとんどまったくといってよいほど ...
≪≪≪文献ガイド目次へ 伝導失語 ≫≫≫ 『文献ガイド』 【監修】横浜コミュニケーション障害研究会 《重度失語・全失語》 5462, Abs. 持集Ⅰ< ST として何ができるか,何をすべきか> 重度失語症患者の長期訓練経過:意味 ...


Related Pictures

全失語の損傷部位全失語の例注:右利きの97%、左利きの 失名詞失語(健忘失語)混合性失語:言語表出も聴理解 また、 失語とは話すことだけ



★リンクテーブル★
国試過去問109B059」「105A060」「107E027」「090A100
リンク元進行性失語」「アロギー」「意味性失語」「後天性失語
拡張検索不全失語症

109B059」

  [★]

  • 次の文を読み、59~61の問いに答えよ。
  • 78歳の女性。右利き。会話が困難になったため搬入された。
  • 現病歴:今朝、食事中に会話のつじつまが合わないことに家族が気付き、改善がみられないため救急車を要請した。昨夜の就寝までは異常はなかったという。
  • 既往歴:50歳時の健康診断で耐糖能異常を指摘されたがそのままにしていた。
  • 生活歴:息子夫婦と3人暮らし。喫煙歴はない。飲酒は機会飲酒。
  • 家族歴:両親ともに高血圧。父親が脳出血で死亡。
  • 現症:意識は清明。身長 148cm、体重 43kg。体温 36.1℃。脈拍 104/分、不整。血圧 152/74mmHg。呼吸数 16/分。過剰心音と心雑音とを認めない。呼吸音に異常を認めない。発語は流暢であるが、錯語がみられ、言語理解が悪く、物品呼称も障害されている。復唱は可能である。読字は困難で、書字は可能であるが文意がとれない。構音障害を含め脳神経に異常を認めない。四肢の運動系と感覚系に異常を認めない。腱反射は正常で、Babinski徴候は陰性。
  • 検査所見:尿所見に異常を認めない。血液所見:赤血球 412万、Hb 12.1g/dL、Ht 40%、白血球 6,300、血小板 20万、PT-INR(prothrombin time-international normalized ratio) 1.09(基準 0.9~1.1)、APTT 24.3秒(基準対照 32.2)、血漿フィブリノゲン 306mg/dL(基準 200~400)、Dダイマー 2.2ng/mL(基準 1.0以下)。血液生化学所見:総蛋白 6.1g/dL、アルブミン 3.5g/dL、AST 26IU/L、ALT 18IU/L、LD 232IU/L(基準 176~353)、血糖 138mg/dL、HbA1c 6.6%(基準 4.6~6.2)、トリグリセリド 154mg/dL、HDLコレステロール 38mg/dL、LDLコレステロール 143mg/dL。12誘導心電図で心房細動を認める。胸部エックス線写真で心胸郭比52%。心エコー検査で左室壁運動は良好で、弁膜症を認めない。頸動脈エコー検査で左右とも有意な狭窄を認めない。頭部MRIの拡散強調像(別冊No. 9A、B)を別に示す。同時に行った頭部MRAに異常を認めない。
  • この患者の失語はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 109B058]←[国試_109]→[109B060

105A060」

  [★]

  • 70歳の男性。急に右上下肢が勤かなくなったため、発症から1時間後に搬入された。意識レベルはJCS I-2。全失語と右片麻痺とがみられる。脈拍88/分、不整。血圧152/94mmHg。既往歴に高血圧と心房細動とがある。頭部MRIの拡散強調像(別冊No.23A)と頭部MRA(別冊No.23B)とを別に示す。
  • 診断はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 105A059]←[国試_105]→[105B001

107E027」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 107E026]←[国試_107]→[107E028

090A100」

  [★]

  • 脳血管障害による片麻痺患者のリハビリテーションで最も大きな阻害因子となるのはどれか?

進行性失語」

  [★]

progressive aphasia
意味性失語言語障害失語症全失語進行性失語症アロギー後天性失語

アロギー」

  [★]

alogia
意味性失語言語障害失語症全失語進行性失語アロジア後天性失語
-alogia

意味性失語」

  [★]

semantic aphasia
言語障害失語症文意失語全失語進行性失語アロギー後天性失語

後天性失語」

  [★]

acquired aphasia
意味性失語言語障害失語症全失語進行性失語アロギー

不全失語症」

  [★]

dysphasia
言語障害失語症