100F025

  • 42歳の男性。就寝中に出現する前胸部痛を主訴に来院した。日中には自覚症状はない。安静時心電図に異常を認めないが、ホルター心電図では、症状出現時に一致してST上昇を認めた。
  • 発作を誘発するのはどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 100F024]←[国試_100]→[100F026



★リンクテーブル★
国試過去問100F024」「100F026

100F024」

  [★]

  • 7歳の男児。突然の呼吸困難とを主訴に来院した。今朝から突然に咳が出始め、呼吸困難が次第に増強した。体温37.3℃。呼吸数40/分。呼気性喘鳴と胸骨上部の陥凹とを認める。血液所見:赤血球425万、Hb13.1g/dl、白血球15,400(桿状核好中球5%、分葉核好中球57%、好酸球12%、単球8%、リンパ球18%)、血小板23万。CRP0.9mg/dl。胸部エックス線写真を以下に示す。
  • 治療として適切なのはどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 100F023]←[国試_100]→[100F025

100F026」

  [★]

  • 74歳の女性。前胸部痛で緊急入院した。
  • 前胸部痛は4日前に起こり、徐々に改善したが、悪心を伴う胸部圧迫感が持続している。
  • 20年来高血圧の治療を受けている。
  • 入院翌日、突然胸部苦悶感が出現し、血圧72/40mmHgまで低下した。前胸部に全収縮期雑音を新たに聴取する。
  • 心電図と心エコー図とを以下に示す。
  • 診断はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 100F025]←[国試_100]→[100F027