098D012

  • 72歳の男性。発熱、嚥下痛および呼吸困難を訴えて入院した。
  • 数年前から糖尿病の治療中である。咽後膿瘍を認めたので、気管切開術後に膿瘍の切開排膿術を受けたが、呼吸困難が増悪してきた。人工呼吸器による呼吸管理と抗菌薬とによる治療にもかかわらず、呼吸状態の改善と解熱とがみられない。
  • 体温38.8℃。脈拍96/分、整。血圧146/90mmHg。動脈血ガス分析(FiO2 0.8):pH7.32、PaO2 88Torr、PaCO2 46Torr、BE-5.6mEq/l、胸部エックス線写真背臥位像と胸部単純CTとを以下に示す。
  • 次に行うべき処置はどれか。




[正答]


※国試ナビ4※ 098D011]←[国試_098]→[098D013



★リンクテーブル★
国試過去問098D011」「098D013

098D011」

  [★]

  • 46歳の男性。発熱と咳嗽とを主訴に来院した。
  • 2か月前から労作時息切れと咳嗽とが出現していた。3週間の海外出張にでかけ、帰国後すぐに発熱し、39℃台の発熱が3日間持続した。次第に咳嗽と呼吸困難とが増強した。
  • 10年以上頻回に海外出張に行っている。意識は清明。呼吸数30/分。脈拍112/分、整。血圧128/74mmHg。胸部聴診で異常を認めない。
  • 血液所見:赤血球460万、Hb15.6g/dl、Ht50%、白血球3,500。血清生化学所見:AST36単位(基準40以下)、ALT32単位(基準35以下)。CRP8.6 mg/dl (基準0.3以下)、β-Dグルカン360 pg/ml(基準20以下)。
  • 動脈血ガス分析(自発呼吸、room air):pH7.44、PaO2 60Torr、PaCO2 36Torr。
  • 入院時の胸部エックス線写真と治療前の喀痰塗抹Grocott染色標本とを以下に示す。
  • 考えられる病原体はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 098D010]←[国試_098]→[098D012

098D013」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 098D012]←[国試_098]→[098D014