095G013

  • 56歳男性。多量の膿性喀痰労作時呼吸困難とが出現したので来院した。10歳代から咳と喀痰とを自覚していた。20歳時に慢性副鼻腔炎を指摘され、30歳代から咳と喀痰とが増悪したが放置していた。喫煙歴はない。胸部エックス線写真、胸部CTおよび肺生検H-E染色標本を以下に示す。この患者でみられないのはどれか。




[正答]


※国試ナビ4※ 095G012]←[国試_095]→[095G014



★リンクテーブル★
国試過去問095G014」「095G012

095G014」

  [★]

  • 55歳の男性。2か月前から労作時の息切れ乾性咳とが出現し、最近増悪したので来院した。 35年前から18年間絶縁体の製造に従事していた。胸部エックス線写真と気管支肺胞洗浄液May-Giemsa染色標本とを以下に示す。
  • この疾患で正しいのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 095G013]←[国試_095]→[095G015

095G012」

  [★]

  • 45歳の男性。工事現場で鉄パイプをハンマーで打っていたところ、右眼に火花が飛入したように感じ、視力障害が出現したので来院した。視力は右眼前手動弁(矯正不能)、左1.2(矯正不能)。細隙灯顕微鏡検査で右眼の角膜に穿孔創と前房出血とを認め、眼底は透見できない。
  • 次に行う検査で適切でないのはどれか。
  • a. 眼部超音波検査
  • b. 頭部エックス線単純撮影
  • c. 頭部エックス線断層撮影
  • d. 頭部単純CT
  • e. 頭部単純MRI

[正答]


※国試ナビ4※ 095G011]←[国試_095]→[095G013