点眼薬

ophthalmic solutions, eye-drops, eye-lotions
collyria


  • 複数製剤の点眼間隔は5分
  • 点眼液の1滴は20ulないし30-50ul
  • 結膜嚢の涙液最大保持能力:約30ul (参考1)
  • 涙液量:約7μL (参考1)


参考

  • 1.
[display]http://www.novartis.co.jp/medical/ricetta/chozai/13-02/index.html

PrepTutorEJDIC

  1. 点眼薬

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/09/24 11:44:29」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • リパスジル塩酸塩水和物点眼薬の眼圧下降効果と安全性の検討
  • 臨床報告 防腐剤無添加ラタノプロスト点眼薬での点眼瓶の改良前後の使用感
  • 臨床報告 リパスジル点眼薬の1滴点眼による結膜充血

Related Links

1 点眼薬を使うときに、覚えていただきたいこと. それぞれの点眼薬の使用目的(効果)、 点眼する眼の左右別、点眼回数や点眼時間、そして できれば点眼薬の名前も覚えて ください。また、その点眼薬だけの特別な使用上の注意事項があ るときは、それも守っ て ...
軽いアレルギー結膜炎にはフルメトロンの低濃度製剤(0.02%)でもよいのですが、春季 カタルなどで症状が激しいときや、角膜の障害で視力障害のおそれのあるような場合に は、高濃度製剤(0.1%)またはリンデロンなど、より強力な点眼薬が適当です。


Related Pictures

ブロナック点眼液0.1%|製品 フルオロメトロン点眼薬アルファガン点眼薬(酒石酸 点眼薬製造販売元*大阪市北区大深町 販売元東京都千代田区大手町1



★リンクテーブル★
国試過去問112F082
リンク元点滴注入」「滴下」「eye drop」「滴下注入」「点眼剤
関連記事」「点眼

112F082」

  [★]

  • 次の文を読み、81~83の問いに答えよ。
  • 73歳の女性。右殿部から膝の痛みを主訴に来院した。現病歴:60歳ごろから立ち上がる動作や長時間の立位や歩行をした際に右殿部から膝の痛みを自覚していた。2年前には右膝に右手を置いて歩行するようになったために自宅近くの整形外科診療所を受診し、エックス線写真で右股関節の変形を指摘されたが通院はしていなかった。3か月前から痛みが増悪して歩行がさらに困難になり、屋内の伝い歩きは可能なものの外出ができなくなったため受診した。
  • 既往歴:18年前から高血圧症のため自宅近くの内科診療所で内服治療中。同診療所で、慢性の便秘症に対し整腸薬と睡眠障害に対する睡眠薬とを処方されている。また眼科診療所で、軽度の白内障に対して点眼薬の処方を受けている。2か月前からは、右殿部から膝の痛みに対して市販の湿布薬貼付と鎮痛薬の内服とを続けている。
  • 生活歴:夫、長男夫婦および孫2人との6人暮らし。兼業農家で長男夫婦は共働き。孫は短大生と高校生。3か月前まで患者が家事の多くを担当していた。
  • 家族歴:特記すべきことはない。
  • 現症:意識は清明。身長 156cm、体重 53kg。体温 36.3℃。脈拍 64/分、整。血圧 130/72mmHg。呼吸数 14/分。SpO2 98%(room air)。頸部リンパ節を触知しない。胸腹部に異常を認めない。右殿部から膝の痛みのために立ち上がる際に介助が必要で、独歩は不能である。
  • 検査所見(外来受診時):尿所見:蛋白(-)、糖(-)、ケトン体(-)、潜血(-)。血液所見:赤血球 390万、Hb 12.0g/dL、Ht 38%、白血球 5,800、血小板 24万。血液生化学所見:総蛋白 6.8g/dL、アルブミン 3.8g/dL、総ビリルビン 0.7mg/dL、AST 15U/L、ALT 17U/L、LD 220U/L(基準 176~353)、ALP 153U/L(基準 115~359)、γ-GTP 28U/L(基準 8~50)、アミラーゼ 76U/L(基準 37~160)、CK 40U/L(基準 30~140)、尿素窒素 16mg/dL、クレアチニン 0.8mg/dL、血糖 84mg/dL、Na 139mEq/L、K 4.1mEq/L、Cl 109mEq/L。CRP 0.2mg/dL。
  • その後の経過:外来で精査した結果、右股関節を人工関節に置き換える手術が予定された。入院時のシステムレビューで、夜間のトイレ歩行時に軽いふらつきを自覚していることが分かった。神経学的所見では、右下肢の筋力低下以外に、ふらつきの原因となる異常は認めなかった。
  • 処方されている薬剤で、ふらつきの原因となる可能性があるのはどれか。3つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 112F081]←[国試_112]→[112F083

点滴注入」

  [★]

intravenous infusioninstillationdrip infusion
滴下点眼点眼剤点眼薬点滴滴下注入静脈点滴経静脈内投与点滴静注点滴静脈内注射点滴静脈内投与点滴注射点滴静脈内注入

滴下」

  [★]

instillationdroppingdropinstill
液滴注入、低下、点眼点眼剤点眼薬点滴滴下注入点滴注入急降下下落落ちる降下

eye drop」

  [★]

artificial tearcollyriaeye dropperinstillationophthalmic solution

滴下注入」

  [★]

instillationinstill
注入滴下点眼点眼剤点眼薬点滴点滴注入

点眼剤」

  [★]

eye dropinstillationeye dropper
滴下点眼点眼薬滴下注入点滴注入

薬」

  [★]

drug, agent
薬物
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品

点眼」

  [★]

eye dropinstillation
滴下点眼剤点眼薬滴下注入点滴注入点眼液人工涙液