アデノウイルス科


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/08/19 12:10:22」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Related Links

アデノウイルスは、二重鎖直鎖状DNAウイルスで、カプシドは直径約80nmの正20面体 の球形粒子をしており、エンベロープは持たない。また、アデノウイルスは、ライノ ウイルス等とともに、「風邪症候群」を起こす主要病原ウイルスの一つと考えられている。
2010年11月15日 ... アデノウイルスは、アデノウイルス科に属するDNAウイルスであり、A~Fの群に分類 され、更に51種類の血清型が報告されている。その型により感染部位が異なるため、 症状と血清型には関連があるとされる(表)。しかし絶対的なものではなく、 ...


Related Pictures

アデノウイルスベクターの役割背景上皮細胞ほか年齢特異性、程度において、と 移動: 案内 、 検索・溶連菌・アデノウイルス



★リンクテーブル★
リンク元Adenoviridae
拡張検索アデノウイルス科感染症
関連記事アデノウイルス」「ウイルス」「

Adenoviridae」

  [★]

アデノウイルス科

  • デノウイルス科
adenovirus

アデノウイルス科感染症」

  [★]

Adenoviridae infection
アデノウイルス感染症

アデノウイルス」

  [★]

adenovirus
ヒトアデノウイルス human adenovirus
ウイルス
  • 小児の急性気道感染症の5%(成人の場合1%以下)

分類

ワクチンを作りきれない

性状

  • 2本鎖DNAウイルス
  • エンベロープなし
有機溶媒に耐性 → (だけど、アルコール製剤は有効らしい。消毒薬)
  • pH3~9では比較的安定で不活化されにくい→腸管にも達する
  • 熱に対して不安定で、60℃20~30分の加熱で不活化
  • 呼吸器、結膜、腸管に親和性があり
  • 血清型は52型あり、各血清型はウイルスDNAの相同性からA~Fの6亜属に分類され、各亜属の組織親和性と関係する疾患は少しずつ異なる。
  • 潜伏部位はアデノイド、扁桃腺、腎臓、リンパ球など

潜伏期

  • 5-12日
  • 5-6日 (SMB.534)

感染経路

  • 飛沫感染、接触感染 → 上気道、目の粘膜

症状

アデノウイルス感染症

  • 1.急性熱性咽頭炎
  • 2.咽頭結膜熱(PCF):プール熱
  • 3. 急性気道疾患
扁桃腺炎、上気道炎にともなうクループ
  • 4. アデノウイルスは胃炎
  • 5.急性濾胞性結膜炎
  • 6.流行性角結膜炎(EKC)
  • 7. 小児腸重積症
  • 8.出血性膀胱炎
  • 9.乳児性急性胃腸炎

消毒

ウイルス」

  [★]

virus
ウイルス粒子 virus particleビリオン virion
微生物学抗ウイルス薬国試に出がちなウイルス

ウイルス一覧

感染経路による分類 SMB.374

呼吸器粘膜の局所感染 ライノウイルス
アデノウイルス
コロナウイルス
RSウイルス
インフルエンザウイルス
全身感染 ムンプスウイルス
麻疹ウイルス
風疹ウイルス
ハンタウイルス
水痘・帯状疱疹ウイルス
ラッサウイルス
天然痘ウイルス

学名

目(order, -virales), 科(family, -viridae), 亜科(subfamily, -virinae), 属(genus, -virus), 種(species)

増殖過程

  • 吸着 absorption
  • 侵入 penetration
  • 脱殻 uncoating
  • ゲノムの複製 replication、遺伝子発現 transcription
  • ウイルス粒子の組み立て assembly
  • 放出 release

感染の分類

持続時間

  • 急性感染
  • 慢性感染

ゲノム

  • 一本鎖RNA(-)をゲノムとするウイルスはウイルス粒子内にRNA依存性RNA合成酵素を有する。

科」

  [★]

family
家族系統群ファミリファミリー