101D020

  • 32歳の男性。意識消失のため搬入された。うどんを食べてすぐに運動をしたころ、全身にじんま疹が出現し、その後、意識を消失した。小麦アレルギーの既往がある。呼吸数24/分。脈拍120/分、整。血圧74/52mmHg。まず行うべき処置はどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 101D019]←[国試_101]→[101D021



★リンクテーブル★
国試過去問101D021」「101D019

101D021」

  [★]

  • 8か月の乳児。発熱けいれんとを主訴に来院した。午前中は元気で哺乳力も良好であったが、午後になって発熱に気付いた。その後、約3分続く全身のけいれんを認めた。発熱もけいれんも出生後初めてだという。意識は清明。身長72cm、体重8,600g。体温38.6℃。大泉門の膨隆は認めない。咽頭に軽度の発赤を認める。鼓膜に異常はない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部に異常を認めない。項部硬直とKernig徴候とはみられない。血液所見と血清生化学所見とに異常を認めない。
  • 対応として適切なのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 101D020]←[国試_101]→[101D022

101D019」

  [★]

  • 48歳の男性。高血圧症と高脂血症とで通院中である。自己血圧測定の結果を持参して定期受診した。最近、血圧変動が激しいことの理由を尋ねたところ、「飲み始めるとついつい深酒になり、朝起きられない。朝食後の降圧薬の服用ができないし、そんな日は無断欠勤してしまう。それでも酒が止められない」と述べた。この患者の健康上の問題として最も重要なのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 101D018]←[国試_101]→[101D020