尿失禁

出典: meddic

incontinence
urinary incontinence
incontinentia urinae
神経因性膀胱

定義

  • 尿が無意識のうちに漏れる病態

分類

  • 真性尿失禁(狭義?) true incontinence:尿道括約筋の不全により尿の常時流出。先天異常、外傷、骨髄内手術などの合併症。
  • 緊張性尿失禁 stress incontinence:尿道括約筋の軽度不全により腹圧の上昇により少量の尿が漏れる。妊娠・分娩、運動不足。
  • 切迫性尿失禁 urge incontinence:膀胱過敏状態/橋での脱抑制/オヌフ核への異常経路の形成により強い尿意を有して耐えきれず尿流出。膀胱炎、神経因性膀胱(求心路(+)。大脳~橋 or 橋~仙髄の障害)。
  • 反射性尿失禁 reflex incontinence:オヌフ核への異常経路の形成により強い尿意を有して耐えきれず尿流出。神経因性膀胱(求心路(-)。橋~仙髄の障害)。
  • 溢流性尿失禁 overflow incontinence:慢性尿閉で残尿が大量となり、膀胱内圧が上昇し、尿道内圧より高くなった場合に尿が流出。前立腺肥大症、高度尿道狭窄、神経因性膀胱。


参考

  • 1. 高齢者尿失禁ガイドライン
[display]http://www.ncgg.go.jp/hospital/pdf/sec16/guidelines.pdf
  • 2. 高齢者排尿管理マニュアル 尿失禁・排尿困難
[display]http://www.pref.aichi.jp/korei/Zaitaku/hainyo/hainyomanual.pdf




Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/06/08 19:48:32」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 理学療法で頻尿・失禁や便秘は改善するか? (特集 老年症候群と理学療法) -- (老年症候群と理学療法)
  • 橋立 博幸
  • 理学療法ジャーナル 48(5), 423-432, 2014-05
  • NAID 40020046784
  • 感度の異なる排尿検知装置の試作と高齢者介護施設における臨床評価
  • 松永 美輝恵,井関 智美,田内 雅規,Mikie Matsunaga,Masaki Tauchi,Satomi Iseki
  • 岡山県立大学保健福祉学部紀要 = Bulletin of Faculty of Health and Welfare Science, Okayama Prefectural University 20, 53-62, 2014-03-12
  • … それらを高齢者介護施設に入所する尿失禁者各5 名に装着し、4~ 11日間日勤帯に計測を行った。 …
  • NAID 120005397780
  • プライマリケア・マスターコース 日常診療ケーススタディ 本命?対抗?大穴? 危険な○○見逃し回避術(最終回・11)排尿困難・失禁
  • 砂田 拓郎,八田 和大
  • 日本医事新報 (4685), 51-53, 2014-02-08
  • NAID 40019968975
  • 講演 尿失禁と骨盤臓器脱 : 下の悩み解消のための医療連携 (O.li.v.e. PLUS 第6回抗加齢ウィメンズヘルス研究会 : Living with Aging)
  • 加藤 久美子 [演]
  • O.li.v.e. : osteo lipid vascular & endocrinology : 骨代謝と生活習慣病の連関 4(1), 52-54, 2014-02
  • NAID 40019993816

関連リンク

尿失禁(にょうしっきん)とは、尿を失禁する事である。 ... 仮性尿失禁(かせいにょうしっ きん)は尿路自体には異状は無いが、尿路の周辺臓器の異状による尿失禁。 切迫性尿 ... 切迫性尿失禁(せっぱくせいにょうしっきん)は、尿意が切迫してから起こる尿失禁。
尿失禁とは、自分の意志とは関係なく尿がもれてしまう状態を指し、加えてこれにより 社会的・衛生的に支障を生ずるものと定義づけられています。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。
 尿失禁 の 分類 フローチャート尿失禁の画像尿失禁(女性、腹圧性尿失禁) 尿失禁,要考慮發生膀胱陰道瘻尿失禁の話尿失禁吊帶手術示意圖:吊帶 首頁 > 婦女尿失禁的治療 > 無 尿失禁のタイプと治療法


★リンクテーブル★
先読みincontinence
国試過去問109E062」「109E060」「109E061」「104A036」「104G069」「106G059」「105E055」「108D046」「111A033」「108E055」「099F029」「107I079」「099H021」「106I061」「098D042」「105C024」「107I070」「105I001」「108B024」「111G005
リンク元過活動膀胱」「水頭症」「下部尿路症状」「腹圧性尿失禁」「QOL質問票
拡張検索切迫性尿失禁」「尿管性尿失禁」「腹圧性尿失禁治療薬」「無抑制尿失禁
関連記事失禁

incontinence」

  [★]

  • n.
  • 自制のできないこと。色情的なこと。(医)(大小便・情動の)失禁
(n.)continence 自制

WordNet   license wordnet

「involuntary urination or defecation」
incontinency

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「自制のできないこと,不節制,淫乱(いんらん) / 大小便をもらすこと,失禁」


109E062」

  [★]

  • 次の文を読み、60~62の問いに答えよ。
  • 63歳の女性。腹部膨隆尿失禁とを主訴に来院した。
  • 現病歴:2年前から腹部膨満感を認めるようになった。次第に腹部膨隆が目立つようになり、食欲はあるが食事をとるのがつらく、時々尿失禁を認めるようになったため受診した。
  • 既往歴:30歳時に子宮内膜症
  • 生活歴:幼少期に両親が離婚して母親と2人で暮らしていたが、母親が死亡したため3年前からは一人暮らし。
  • 家族歴:父親は詳細不明。母親が肺炎のため85歳で死亡。
  • 現症:意識は清明。身長 157cm、体重 55kg。体温 36.5℃。脈拍 84/分、整。血圧 166/90mmHg。呼吸数 18/分。SpO2 98%(room air)。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。頸静脈の怒張を認めない。甲状腺腫と頸部リンパ節とを触知しない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は著明に膨隆し、腫大した肝と腫瘤とを腹部全体に触知する。腸雑音に異常を認めない。四肢に異常を認めない。
  • 検査所見:尿所見:蛋白(-)、糖(-)、ケトン体1+、潜血1+、沈渣に白血球を認めない。血液所見:赤血球 406万、Hb 12.3g/dL、Ht 41%、白血球 6,130、血小板 22万。血液生化学所見:総蛋白 7.8g/dL、アルブミン 4.5g/dL、総ビリルビン 0.4mg/dL、AST 18IU/L、ALT 9IU/L、LD 157IU/L(基準 176~353)、ALP 288IU/L(基準 115~359)、γ-GTP 44IU/L(基準 8~50)、アミラーゼ 95IU/L(基準 37~160)、尿素窒素 24mg/dL、クレアチニン 1.2mg/dL、尿酸 6.3mg/dL、血糖 98mg/dL、総コレステロール 195mg/dL、トリグリセリド 152mg/dL、Na 140mEq/L、K 3.9mEq/L、Cl 103mEq/L。腹部単純CTの冠状断像(別冊No. 12)を別に示す。
  • 3か月後に発熱と腰背部痛とに加えて尿量が減少したため再度来院した。左腰背部に叩打痛を認め腎嚢胞の感染を疑った。
  • 正しいのはどれか。
  • a 尿培養検査が高率に陽性となる。
  • b Gram陰性菌が原因である可能性が高い。
  • c MRIは嚢胞感染の診断に特異度が高い。
  • d 感染嚢胞ドレナージは有用性が低い。
  • e 腎摘出術は禁忌である。



[正答]


※国試ナビ4※ 109E061]←[国試_109]→[109E063

109E060」

  [★]

  • 次の文を読み、60~62の問いに答えよ。
  • 63歳の女性。腹部膨隆尿失禁とを主訴に来院した。
  • 現病歴:2年前から腹部膨満感を認めるようになった。次第に腹部膨隆が目立つようになり、食欲はあるが食事をとるのがつらく、時々尿失禁を認めるようになったため受診した。
  • 既往歴:30歳時に子宮内膜症
  • 生活歴:幼少期に両親が離婚して母親と2人で暮らしていたが、母親が死亡したため3年前からは一人暮らし。
  • 家族歴:父親は詳細不明。母親が肺炎のため85歳で死亡。
  • 現症:意識は清明。身長 157cm、体重 55kg。体温 36.5℃。脈拍 84/分、整。血圧 166/90mmHg。呼吸数 18/分。SpO2 98%(room air)。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。頸静脈の怒張を認めない。甲状腺腫と頸部リンパ節とを触知しない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は著明に膨隆し、腫大した肝と腫瘤とを腹部全体に触知する。腸雑音に異常を認めない。四肢に異常を認めない。
  • 検査所見:尿所見:蛋白(-)、糖(-)、ケトン体1+、潜血1+、沈渣に白血球を認めない。血液所見:赤血球 406万、Hb 12.3g/dL、Ht 41%、白血球 6,130、血小板 22万。血液生化学所見:総蛋白 7.8g/dL、アルブミン 4.5g/dL、総ビリルビン 0.4mg/dL、AST 18IU/L、ALT 9IU/L、LD 157IU/L(基準 176~353)、ALP 288IU/L(基準 115~359)、γ-GTP 44IU/L(基準 8~50)、アミラーゼ 95IU/L(基準 37~160)、尿素窒素 24mg/dL、クレアチニン 1.2mg/dL、尿酸 6.3mg/dL、血糖 98mg/dL、総コレステロール 195mg/dL、トリグリセリド 152mg/dL、Na 140mEq/L、K 3.9mEq/L、Cl 103mEq/L。腹部単純CTの冠状断像(別冊No. 12)を別に示す。
  • 今後経過中に出現すると考えられる症候として可能性が最も高いのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 109E059]←[国試_109]→[109E061

109E061」

  [★]

  • 次の文を読み、60~62の問いに答えよ。
  • 63歳の女性。腹部膨隆尿失禁とを主訴に来院した。
  • 現病歴:2年前から腹部膨満感を認めるようになった。次第に腹部膨隆が目立つようになり、食欲はあるが食事をとるのがつらく、時々尿失禁を認めるようになったため受診した。
  • 既往歴:30歳時に子宮内膜症
  • 生活歴:幼少期に両親が離婚して母親と2人で暮らしていたが、母親が死亡したため3年前からは一人暮らし。
  • 家族歴:父親は詳細不明。母親が肺炎のため85歳で死亡。
  • 現症:意識は清明。身長 157cm、体重 55kg。体温 36.5℃。脈拍 84/分、整。血圧 166/90mmHg。呼吸数 18/分。SpO2 98%(room air)。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。頸静脈の怒張を認めない。甲状腺腫と頸部リンパ節とを触知しない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は著明に膨隆し、腫大した肝と腫瘤とを腹部全体に触知する。腸雑音に異常を認めない。四肢に異常を認めない。
  • 検査所見:尿所見:蛋白(-)、糖(-)、ケトン体1+、潜血1+、沈渣に白血球を認めない。血液所見:赤血球 406万、Hb 12.3g/dL、Ht 41%、白血球 6,130、血小板 22万。血液生化学所見:総蛋白 7.8g/dL、アルブミン 4.5g/dL、総ビリルビン 0.4mg/dL、AST 18IU/L、ALT 9IU/L、LD 157IU/L(基準 176~353)、ALP 288IU/L(基準 115~359)、γ-GTP 44IU/L(基準 8~50)、アミラーゼ 95IU/L(基準 37~160)、尿素窒素 24mg/dL、クレアチニン 1.2mg/dL、尿酸 6.3mg/dL、血糖 98mg/dL、総コレステロール 195mg/dL、トリグリセリド 152mg/dL、Na 140mEq/L、K 3.9mEq/L、Cl 103mEq/L。腹部単純CTの冠状断像(別冊No. 12)を別に示す。
  • この時点での対応として適切でないのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 109E060]←[国試_109]→[109E062

104A036」

  [★]

  • 80歳の女性。腹痛を主訴に来院した。本日0時ころから右側腹部痛が出現した。9時ころ自宅近くの診療所で抗コリン薬と非ステロイド性抗炎症薬とを投与されたが、腹痛は改善しなかった。午後から発熱が出現したため、15時ころに来院した。数か月前から尿混濁に気付いていたが、排尿に異常はなく、尿失禁は認めなかった、50歳時に子宮頚癌で子宮全摘術の既往がある。意識レベルはJCS I-2、体温38.0℃、脈拍80/分、整。血圧158/78mmHg。心尖部に2/6度の収縮期雑音を認める。呼吸音に異常を認めない。腹部は平坦で、右側腹部に軽度の圧痛を認める。筋緊張と反跳痛とは認めない。右肋骨脊柱角に叩打痛を認める。尿所見:蛋白2+、糖(-)、細菌1+、潜血3+、沈渣に赤血球100以上/1視野、白血球100以上/1視野。血液所見:赤血球 337万、Hb 10.7g/dl、Ht 32%、白血球 15,000(桿状核好中球7%、分葉核好中球88%、好酸球0%、好塩基球0%、単球1% リンパ球4%)、血小板 18万。血清生化学所見:血糖 185mg/dl、アルブミン 3.4g/dl、尿素窒素 20mg/dl、クレアチニン 1.1mg/dl、Na 135mEq/l、K 3.9mEq/l、Cl 103mEq/l。CRP 6.9mg/dl。腹部造影CT(別冊No、15)を別に示す。
  • 考えられるのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 104A035]←[国試_104]→[104A037

104G069」

  [★]

  • 78歳の男性。帰宅途中に転倒し顔面を打撲したため搬入された。72歳から胃食道逆流症で通院治療中である。10日前に仕事からの帰宅時に尿失禁をしたが、意識障害麻痺は伴わなかった。5日前の定期来院時、同伴の家族は少し元気がないと訴えたが、本人はそれを否定した。バイタルサイン、心肺および神経学的に異常所見を認めず帰宅した。搬入時、激しい頭痛や嘔吐はないが、右上肢が動かしづらいと訴える。意識は清明。体温 36.8℃。脈拍 92/分、整。血圧 154/64mmHg。右前額部から眼窩部にかけて皮下出血を認める。眼瞼結膜に貧血を認めない。右眼球結膜に出血を認める。胸部と腹部とに異常を認めない。神経学的所見で右指鼻試験がやや稚拙であるが、他に異常を認めない。尿所見、血液所見および血液生化学所見に異常を認めない。心電図と胸部エックス線写真とに異常を認めない。頭部単純CT(別冊No.12)を別に示す。


  • 考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 104G068]←[国試_104]→[104H001

106G059」

  [★]

  • 次の文を読み、 59-61の問いに答えよ。
  • 17歳の女子。頭痛を主訴に母親に伴われて来院した。
  • 現病歴: 2日前から頭痛と発熱とがみられていた。頭痛は後頸部が突っ張るような感じで、次第に増強してきたという。咽頭痛や咳はない。悪心や腹痛はなく、排尿時痛もない。
  • 既往歴: 14歳時に虫垂炎で手術を受けた。薬物アレルギーはない。
  • 家族歴:父親が高血圧症で内服加療中。
  • 現 症:意識は清明。身長161cm、体重48kg。体温38.0℃。脈拍76/分、整。血圧116/70mmHg。呼吸数22/分。心音と呼吸音とに異常を認めない。項部硬直とjolt accentuationとを認める。
  • 髄膜炎を疑い、腰椎穿刺(髄液検査)を予定した。穿刺後の合併症として頻度が高いのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106G058]←[国試_106]→[106G060

105E055」

  [★]

  • 70歳の女性。歩行障害を主訴に来院した。半年前にくも膜下出血を発症し、開頭手術を受けた。軽度の右下肢麻痺のために2か月間のリハビリテーションを受け、症状を残さず自宅に退院していた。3か月前から、徐々に動きが鈍くなり、家でじっとしていることが多くなった。歩行は緩慢であり、尿失禁も時々みられるようになった。神経学的所見で見当識障害や短期記憶障害がみられ、Mini-Mental State Examination(MMSE)は15点(30点満点)である。四肢の運動麻痺や筋強剛を認めないが、歩行は小刻みで緩慢である。
  • 最も考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105E054]←[国試_105]→[105E056

108D046」

  [★]

  • 57歳の女性。 3回経妊 3回経産婦。 52歳で閉経。尿失禁を主訴に来院した。 2年前から咳嗽時に下着が濡れることに気付いていた。半年前から笑ったり重い荷物を持ち上げたりするときにも漏れるようになったため受診した。頻尿、排尿痛および尿意切迫感を認めない。少量用尿とりパッドを 1日 1枚交換している。尿所見に異常を認めない。腹部超音波検査で残尿を認めない。 1時間パッドテストでの尿失禁量は 5 gである。
  • まず行う対応として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 108D045]←[国試_108]→[108D047

111A033」

  [★]

  • 20歳の男性。左陰嚢の腫瘤を主訴に来院した。1年前から陰嚢上部の腫瘤に気付いていた。夕方になると時々左陰嚢に鈍痛を自覚することがあった。立位での左陰嚢上部の写真(別冊No. 13A)を別に示す。破線で囲まれた部位に腫瘤を触知する。腫瘤は柔らかく、仰臥位で縮小し立位で腹圧を加えると腫大する。臥位での破線部の安静時超音波像(別冊No. 13B)と腹圧時カラードプラ超音波像(別冊No. 13C)とを別に示す。
  • この患者に生じる可能性が高いのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 111A032]←[国試_111]→[111A034

108E055」

  [★]

  • 20歳の男性。意識障害のため搬入された。約 1時間前に自殺目的で有機リン系殺虫剤を約 500 ml飲んだことが判明している。救急隊からの連絡によると、救急車内での意識レベルは JCSIII-300。体温 36.0℃。脈拍 80 /分、整。血圧 110/72 mmHg。呼吸数 10/分。 SpO2 100% (リザーバー付マスク 10 l/分酸素投与下 )。救急外来への搬入時に嘔吐し、尿失禁便失禁とがあり、有機溶媒臭が漂っている。
  • まず行うべき対応はどれか。
  • a 除染
  • b 血圧測定
  • c 拮抗薬投与
  • d 制吐薬投与
  • e 緊急血液透析


[正答]


※国試ナビ4※ 108E054]←[国試_108]→[108E056

099F029」

  [★]

  • 75歳の女性。3か月前から下着が汚れるようになったので受診した。特に歩行時にから球のようなものが出てきて、下着が汚れる。ベッドに横になると引っ込むという。診察では、膣前壁が膣ロから球状に飛び出している。尿所見:蛋白(-)、糖(-)、沈渣に赤血球1~2/1視野、白血球2~3/1視野。血液所見と血清生化学所見とに異常はない。
  • この患者でみられないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 099F028]←[国試_099]→[099F030

107I079」

  [★]

  • 62歳の女性。歩行時のふらつきを主訴に来院した。4週前にくも膜下出血を発症し、脳動脈瘤に対して開頭動脈瘤クリッピング術を受けた。経過は良好であったが、家族の話では、最近自発性が低下し、トイレの回数が増えているという。意識は清明。歩行は開脚歩行である。頭部単純CTで脳室拡大を認める。
  • この疾患で認められるのはどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 107I078]←[国試_107]→[107I080

099H021」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 099H020]←[国試_099]→[099H022

106I061」

  [★]

  • 77歳の男性。1年前から緩徐に進行する歩行困難尿失禁とを主訴に来院した。軽度の開脚歩行である。その他の身体診察所見に異常を認めない。頭部MRIのT2強調冠状断像(別冊No. 15)を別に示す。
  • 最も考えられるのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 106I060]←[国試_106]→[106I062

098D042」

  [★]

  • 7歳の女児。3歳でオムツがとれたにもかかわらず、下着が常に少し濡れていることを主訴に来院した。本人はお漏らしはしていないという。静脈性尿路造影では両側に完全重複腎盂尿管を認める。膀胱鏡検査で右側に2個、左側に1個の尿管口を認める。尿失禁の原因はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098D041]←[国試_098]→[098D043

105C024」

  [★]

  • 52歳の女性。尿失禁を主訴に来院した。笑ったときや咳・くしゃみをしたときに尿が漏れるが、尿意を感じてからトイレに向かっても間に合うという。排尿困難夜間頻尿を認めない。
  • この患者の尿失禁について可能性が高いのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105C023]←[国試_105]→[105C025

107I070」

  [★]

  • 72歳の5回経妊5回経産婦。数年前から持続する外陰部違和感を主訴に来院した。外陰部の写真(別冊No.23)を別に示す。
  • この疾患の症状でないのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 107I069]←[国試_107]→[107I071

105I001」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 105H038]←[国試_105]→[105I002

108B024」

  [★]

  • 高齢者が自室内で心肺停止状態で発見された。外因死を最も強く示唆するのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 108B023]←[国試_108]→[108B025

111G005」

  [★]

  • 高齢者が自室内において心停止状態で発見された。
  • 外因死を最も強く示唆するのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 111G004]←[国試_111]→[111G006

過活動膀胱」

  [★]

overactive bladder, OAB
過活動膀胱
神経因性膀胱尿失禁蓄尿症状

概念

  • 蓄尿障害の一種。蓄尿期における排尿筋の過活動により生じる諸症状を呈する病態を表現したもの。
  • 症状としては尿意切迫感、頻尿、切迫性尿失禁がある。
  • 病因としては神経因性膀胱、非神経因性膀胱に大別される。

定義

ただし、上記症状を示す明らかな疾患は除外する
  • 下部尿路の炎症・感染(例えば、細菌性膀胱炎、間質性膀胱炎、尿道炎、前立腺炎)、下部尿路の新生物(例えば、膀胱癌、前立腺癌)、尿路結石(例えば、膀胱結石、尿道結石)、腹圧性尿失禁、多尿など

病因

参考1
  • 過活動膀胱の病態は排尿筋の不随意な収縮、すなわち排尿筋過活動
  • 神経因性過活動膀胱:下部尿路の支配神経の障害による
  • 1. 脳幹部橋排尿中枢より上位の脳障害(脳血管障害、パーキンソン病など)
  • 2. 仙髄より上位の核上型脊髄障害(脊髄損傷、多発性硬化症など)、
  • 非神経因性過活動膀胱:臨床的に明らかな神経障害がないもの
  • 下部尿路閉塞疾患(前立腺肥大症)、加齢、骨盤底筋障害など。
  • 大部分は病因が特定できない(特発性過活動膀胱)

治療

SURO.168
  • 神経因性過活動膀胱:
  • 1. 脳幹部橋排尿中枢より上位の脳障害:抗コリン薬
  • 2. 仙髄より上位の核上型脊髄障害:抗コリン薬服用/カプサイシンの膀注+間欠導尿
  • 非神経因性過活動膀胱:
  • 前立腺肥大症:α1受容体遮断薬  ×抗コリン薬(尿閉)
  • 混合性尿失禁を伴うOAB:抗コリン薬
  • 特発性:抗コリン薬

ガイドライン?

  • 1.
[display]http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=Pcm1030&btnDownload=yes&hdnSeqno=0000005859

国試


水頭症」

  [★]

hydro cephalus
hydrocephalus, hydrocephaly
水頭

分類

発症の起点となった時期

直接の原因

脳圧

機序

  • 1. 髄液の過剰産生 →(稀)脈絡叢乳頭腫
  • 2. 脳室、くも膜下腔の通過障害
  • 3. 上矢状静脈洞への髄液の吸収障害

病因

症候

画像

  • 中頭蓋窩の側脳室が見える



下部尿路症状」

  [★]

lower urinary tract symptoms, LUTS
下部尿路機能障害 LUTD(蓄尿障害排尿障害の総称)
  • 症候 100105I

概念

下部尿路症状

SURO.37
  • 1. 蓄尿症状
  • 2. 排尿症状
  • 3. 排尿後症状


参考

  • まとまっている
[display]http://www.luts.gr.jp/070_system/pdf/dl_first2.pdf



腹圧性尿失禁」

  [★]

stress urinary incontinence, stress incontinence, urinary stress incontinence
緊張性尿失禁運動性尿失禁 urinary exertional incontinenceストレス性尿失禁
尿失禁
[show details]


定義

  • 咳、くしゃみ、笑い、跳躍、走った時、重いものをもった時などのように急に腹圧が加わった時、不随意に尿が漏れる状態。

YN.E-75

  • 括約筋の軽度不全のため、腹圧上昇時(咳、くしゃみ)に少量の尿が漏れる
  • 妊娠や分娩、運動不足が原因となる


QOL質問票」

  [★]

泌尿器

尿失禁QOL質問票 ICIQ-SF
尿失禁排尿障害
  • 排尿障害はその有無や程度が日常生活に多大な影響を与えるQOL疾患であり、自覚症状やQOLの変化によって重症度や治療効果の評価を行う必要性が指摘されている。その為に国際尿失禁会議がQOLを定量的に評価する質問票を作成している。

参考

  • 1.
[display]http://oab.jp/manual/b01.html


切迫性尿失禁」

  [★]

urge incontinence, urgency incontinence, urge urinary incontinence
切迫失禁逼迫性尿失禁急迫性尿失禁
尿失禁急迫性尿失禁



尿管性尿失禁」

  [★]

ureteral incontinence
尿管異所開口尿失禁


腹圧性尿失禁治療薬」

  [★]

drug for stress incontinence

無抑制尿失禁」

  [★]

uninhibited incontinence

失禁」

  [★]

incontinence




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1CATTLE BLEEDING LINE mail9
2OVINE LEG B IN mail5
3BEEF / SILVERSIDE BONELESS mail4
4MONOSODIUM GLUTAMAT mail4
5Norpseudoephedrine mail4
6グリコフォームとは4
7Squilla mantis a species of mantis shrimp mail4
8CATTLE SKIN DEHIDER mail4
9ソーセージ様手指とは4
10SI 血清鉄 3
11+371 copper sulphate .lv mail3
12+多発性単純性腎嚢胞+皮質3
13パリスターキリアン3
14急性出血性白質脳炎3
15疑核3
16トレッドミル運動負荷試験+禁忌3
17Anthranilic acid its esters and its salts (Methaqualone and analogues) mail3
18CATTLE BLEEDING PAN mail3
19CATTLE BLEEDING HOOK mail3
20子宮底高3

昨日の人気記事
 タイトル表示
1トレッドミル運動負荷試験+禁忌3
2apache2スコア+評価表2
3ICG+代謝2
4todd麻痺2
5ハンター舌炎+画像2
6末梢静脈圧 mmHg2
7NYHA2
8パラメトリックマップ2
9子宮内感染症2
10BPRS2
11gottron疹2
12Llyn Aquaculture Ltd mail2
13Banquet Foods mail2
14ガフキー号数2
15びらん性胃炎2
16男性の場合GnRHの役割2
17大顆粒リンパ球2
18アブミ骨反射検査1
19心臓 Brock1
20カントゥ症候群1