ジアゼパム

出典: meddic

diazepam, DZP
diazepamum
エリスパンジアパックスセエルカムセルシンセレナミンダイアップパールキットホリゾンValiumセレンジンソナコン

作用機序

  • GABA受容体に結合して、Cl-の透過性を亢進させる
→中枢での興奮性シナプス伝導を抑制

適応

抗てんかん薬(てんかん重積)、抗不安薬抗痙攣薬静脈麻酔薬(前投与)
  • 精神症状:神経症、うつ病、心身症
  • 筋弛緩:筋痙攣疾患
  • 麻酔前投与:不安・緊張・抑うつ,筋緊張の軽減

拮抗薬

添付文書

  • 2mgセルシン錠/5mgセルシン錠/10mgセルシン錠/セルシン散1%
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/1124017B1129_1_08/1124017B1129_1_08?view=body



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/10/02 04:17:00」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 肝細胞癌に対するラジオ波焼灼術中に、たこつぼ心筋症をきたした1例
  • 三根 祥一郎 [他]
  • 長崎醫學會雜誌 : Nagasaki Igakkai zasshi 87(2), 87-92, 2012-06-25
  • … 施行中に胸部不快感、上腹部痛が出現しジアゼパム5mg静注後、呼吸停止状態となりフルマゼニル0.5mg静注を行うも呼吸状態が改善せず経口気管内挿管を施行。 …
  • NAID 110009456179
  • 連日生じるミオクロニー重積に静注用フェノバルビタールが著効したアンジェルマン症候群の1成人例
  • 永井 達哉,齊藤 聖,高木 俊輔,坂田 増弘,渡辺 雅子,渡辺 裕貴
  • てんかん研究 = Journal of the Japan Epilepsy Society 29(1), 44-51, 2011-06-30
  • … 重積はジアゼパム静注では頓挫できず、静注用フェノバルビタールが著効した。 …
  • NAID 10029651189
  • 症例報告 悪性症候群との鑑別にジアゼパム投与が有効であった悪性緊張病の1例
  • 三嶋 崇靖,坪井 義夫,樋口 正晃 [他]
  • Brain and nerve 63(5), 503-507, 2011-05
  • NAID 40018818167

関連リンク

ジアゼパム (Diazepam) はベンゾジアゼピン系抗不安薬、抗けいれん薬、鎮静薬である 。日本国外では代表的な睡眠薬でもあり、(骨格)筋弛緩作用もある。アルコール・ ベンゾジアゼピン離脱症候群の管理にも用いられる。 化学的には1,4-ベンゾジアゼピン ...
ジアゼパム (diazepam) は重要なベンゾジアゼピン系抗不安薬、抗けいれん薬、鎮静薬 である。 日本国外では代表的 ... ジアゼパムは、広く用いられる標準的な ベンゾジアゼピンの1つで、WHOもその「エッセンシャルドラッグ」リストにジアゼパムを 掲載している。
セルシン,ホリゾンとは?ジアゼパムの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べ られる(おくすり110番:薬事典版)
エリスパンとは?フルジアゼパムの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べ られる(おくすり110番:薬事典版)

関連画像

ジアゼパム注射液10mg 東和薬品 ジアゼパム 包装写真ジアゼパム の 座薬 ジアゼパム ジアゼパム』の画像を検索 ジアゼパムは抗痙攣 セルシン(ジアゼパム)の ジアゼパム (睡眠薬) (Sarah ジアゼパム錠2mg「アメル」(日

添付文書

薬効分類名

  • マイナートランキライザー

販売名

2mgセルシン錠

組成

1錠中の有効成分

  • ジアゼパム 2mg

添加物

  • トウモロコシデンプン、ステアリン酸マグネシウム、乳糖水和物

禁忌

  • 急性狭隅角緑内障のある患者
    [本剤の弱い抗コリン作用により眼圧が上昇し、症状が悪化するおそれがある。]
  • 重症筋無力症のある患者
    [本剤の筋弛緩作用により症状が悪化するおそれがある。]
  • リトナビル(HIVプロテアーゼ阻害剤)を投与中の患者(「相互作用」の項参照)

効能または効果

  • ○神経症における不安・緊張・抑うつ
  • ○うつ病における不安・緊張
  • ○心身症(消化器疾患、循環器疾患、自律神経失調症、更年期障害、腰痛症、頸肩腕症候群)における身体症候並びに不安・緊張・抑うつ
  • ○下記疾患における筋緊張の軽減
       脳脊髄疾患に伴う筋痙攣・疼痛
  • ○麻酔前投薬
  • 通常、成人には1回ジアゼパムとして2〜5mgを1日2〜4回経口投与する。ただし、外来患者は原則として1日量ジアゼパムとして15mg以内とする。
    また、小児に用いる場合には、3歳以下は1日量ジアゼパムとして1〜5mgを、4〜12歳は1日量ジアゼパムとして2〜10mgを、それぞれ1〜3回に分割経口投与する。
  • 筋痙攣患者に用いる場合は、通常成人には1回ジアゼパムとして2〜10mgを1日3〜4回経口投与する。
    なお、年齢、症状により適宜増減する。
  • 麻酔前投薬の場合は、通常成人には1回ジアゼパムとして5〜10mgを就寝前または手術前に経口投与する。なお、年齢、症状、疾患により適宜増減する。

慎重投与

  • 心障害、肝障害、腎障害のある患者
    [心障害では症状が悪化、肝・腎障害では排泄が遅延するおそれがある。]
  • 脳に器質的障害のある患者
    [作用が強くあらわれる。]
  • 乳児、幼児
    [作用が強くあらわれる。]
  • 高齢者(「高齢者への投与」の項参照)
  • 衰弱患者
    [作用が強くあらわれる。]
  • 中等度又は重篤な呼吸不全のある患者
    [症状が悪化するおそれがある。]

重大な副作用

  • (いずれも頻度不明)
  • 大量連用により、薬物依存を生じることがあるので、観察を十分に行い、用量を超えないよう慎重に投与すること。また、大量投与又は連用中における投与量の急激な減少ないし投与の中止により、痙攣発作、せん妄、振戦、不眠、不安、幻覚、妄想等の離脱症状があらわれることがあるので、投与を中止する場合には徐々に減量するなど慎重に行うこと。
  • 統合失調症等の精神障害者に投与すると逆に刺激興奮、錯乱等があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
  • 慢性気管支炎等の呼吸器疾患に用いた場合、呼吸抑制があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。


薬効薬理

馴化、鎮静作用

  • 大脳辺縁系に特異的に作用し1,2)、正常な意識・行動に影響をおよぼすことなく、馴化、鎮静作用をあらわす。
  • ●粗暴猿、闘争マウスに対する馴化作用3)
  • ●ラット3)、ウサギ4)における条件刺激に対する回避行動の抑制作用
  • ●中隔野損傷ラットの興奮に対する鎮静作用3)

筋弛緩作用

  • 主として脊髄反射を抑制することにより5)筋の過緊張を緩解する。
  • ●マウス傾斜板法、除脳硬直ネコ3)

抗痙攣作用

  • ストリキニーネ痙攣、メトラゾール痙攣、電気ショック痙攣に対して抗痙攣作用を示す(マウス)。3)

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • ジアゼパム(Diazepam)〔JAN〕

化学名

  • 7-Chloro-1-methyl-5-phenyl-1,3-dihydro-2H-1,4-benzodiazepin-2-one

分子式

  • C16H13ClN2O

分子量

  • 284.74

融点

  • 130〜134℃

性状

  • ジアゼパムは白色〜淡黄色の結晶性の粉末で、においはなく、味はわずかに苦い。アセトンに溶けやすく、無水酢酸又はエタノール(95)にやや溶けやすく、ジエチルエーテルにやや溶けにくく、エタノール(99.5)に溶けにくく、水にほとんど溶けない。


★リンクテーブル★
国試過去問096C015」「099I020」「105C031」「107E066」「105B058」「098C008」「102C030」「107H023」「108D035」「098D055」「099C015」「107G065」「104D058」「098I045」「100F006」「104A040」「097D004」「096F023」「105D054」「105C021
リンク元抗てんかん薬」「熱性痙攣」「静脈麻酔薬」「ストリキニーネ」「WHO方式癌疼痛治療
拡張検索ジアゼパム結合阻害タンパク質」「フルジアゼパム

096C015」

  [★]

  • 次の文を読み、13~15の問いに答えよ。
  • 56歳の男性。言動の異常を心配した妻に伴われて来院した。担当医の要請で精神保健指定医が診察した。
  • 現病歴 : 1週前に全身倦怠感を訴え内科を受診したところ、肝機能異常の悪化を指摘され、自宅療養と断酒とを指示された。毎日欠かさなかった焼酎4~6合/日の晩酌を止め、安静に専念していたが、数日前から頭痛、発汗および不眠を訴え始め、ついで精神的に焦燥感が強く不機嫌になってきた。昨日、部屋の中に虫がたくさんいて、おそってくる。」と大声をあげておびえ、虫を身体から払う動作を繰り返したり、家の外に逃げだそうとした。家族がいくら否定しても聞き入れない。夜になってますます不穏となり、昨夜は全く眠っていない。
  • 既往歴 : 肝障害のため2年前に投薬を受けたことがある。
  • 生活歴 : 妻と息子2人の4人家族。20歳時からの大酒家であるが、仕事には真面目な家具職人として現在に至る。
  • 現症 : 身長165cm、体重65kg。体温36.5℃。脈拍110/分、整。血圧140/80mmHg。全身の発汗が著明。神経学的診察では細かな手指振戦を認める他は異常を認めない。いろいろ質問しても注意が散漫で何度も聞き直す。時には質問の内容にそぐわない答えが返ってくる。時間や場所に開する見当識や記銘カは明らかに障害されている。診察中にも、「虫がいる。」と言って何度も診察室から逃げだそうとする。入院を勧めても、「こんな恐ろしいところにいたくない。」と頑として入院を拒否する。
  • 検査所見 : 血液所見:赤血球400万、Hb 11.0g/dl、Ht38%、白血球9,600、血小板17万。血清生化学所見:空腹時血糖110mg/dl、総蛋白6.0g/dl、アンモニア30μg/dl(基準18~48)、総ビリルビン1.0mg/dl、AST(GOT)150単位(基準40以下)、ALT(GPT)60単位(基準35以下)、LDH 430単位(基準176~353)、アルカリホスファターゼ 260単位(基準260以下)、γ-GTP240単位(基準8~50)。
  • この患者の治療法として適切なのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 096C014]←[国試_096]→[096C016

099I020」

  [★]

  • 次の文を読み、19~21の問いに答えよ。
  • 22歳の男性。大学4年生。周囲からみて理解しがたい行動がみられるため両親に伴われて来院した。
  • 現病歴 :両親と弟と同居している。1年程前から次第に寡黙になり、家族ともほとんど口をきかず、自室に閉じこもることが多くなった。大学へもほとんど行かなくなった。最近、まるで誰かと会話している調子でひとりごとを言うが、小声で、なんと言っているのか聞き取れない。時々ニヤニヤと笑ったりもするが、なぜ笑うのかと聞いても、別になんでもないと言う。窓を開けて外を見回し、誰も来ないのに「今、外にいたのは誰?」と家族に聞いたりする。数日前、突然家からいなくなり、2日後に戻ってきたが、どこにいたかは語らない。昨日、テレビのアンテナ線を工具で切断してしまった。
  • 既往歴 : 喫煙と飲酒との習慣はない。特記すべき薬物の使用歴はない。
  • 家族歴 : 特記すべきことはない。
  • 現症 : 表情は硬く、こちらの問いかけに関しては肯否について短い答えが返ってくるのみである。困っていることはないかと聞いても「別に」とぶっきらぼうに言う。
  •  医師の質問と患者の答えとは以下のとおりである。
  • 医師「だれかから命令が言葉で聞こえてきたりしたのですか?」
  • 患者「うん」
  • 医師「どこから聞こえたの?テレビから?」
  • 患者「うん」
  • 医師「それで聞こえてきた言葉のとおりにしたのですか?」
  • 患者「うん」
  • 医師「そういう命令をされるのは困りますか?」
  • 患者「困る」
  • 医師「テレビで自分の悪口を放送されていて、。不愉快でしたか?」
  • 患者「うん」
  • 神経学的検査には素直に応じるが、検査中もその場にふさわしくない笑いがみられる。神経学的所見に特記すべきことはない。血液と血清生化学所見とに異常を認めない。
  • この患者に有用な治療薬はどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 099I019]←[国試_099]→[099I021

105C031」

  [★]

  • 次の文を読み、30、31の問いに答えよ。
  • 95歳の男性。呼吸困難のため搬入された。
  • 現病歴   咳嗽が続くため2か月前に自宅近くの診療所を受診した。胸部エックス線写真にて肺野に異常陰影を認めたため、近くの病院を紹介され、精査の結果、肺腺癌、肺内転移、骨転移および心膜転移と診療された。患者本人や家族と相談の結果、積極的治療は行わない方針となり、診療所の医師が主治医となって自宅で療養していた。昨日から呼吸困難が出現し、今朝になって増強したため、主治医に相談した上で、救急車を要請した。
  • 既往歴   7年前に心筋梗塞
  • 生活歴   息子夫婦、孫2人との5人暮らし。喫煙は20本/日を20歳から50年間継続した後、禁煙している。飲酒は機会飲酒。
  • 家族歴   特記すべきことはない。
  • 現症    意識は清明。身長160cm、体重52kg。体温37.5℃。呼吸数32/分、努力様。脈拍120/分、整。血圧72/40mmHg。経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)88%。頚静脈の怒張を認める。心音に異常を認めない。両側肺底部にcoarse cracklesを聴取する。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。両側下腿に浮腫を認める。
  • 検査所見  血液所見:赤血球 385万、Hb 11.0g/dl、Ht 36%、白血球 9,500、血小板 22万。血液生化学所見:血糖 86mg/dl、総蛋白 5.4g/dl、アルブミン 2.6g/dl、尿素窒素 24mg/dl、クレアチニン 1.1mg/dl、AST 24IU/l、ALT 40IU/l、LD 322IU/l(基準176-353)、ALP 158IU/l(基準115-359)、Na 142mEq/l、K 4.2mEq/l、Cl 101mEq/l。CRP 1.2mg/dl。胸部エックス線写真では原発巣の増大、心陰影の拡大および胸水の貯留を認める。心電図では洞性頻脈低電位とを認める。
  • 使用する薬剤として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105C030]←[国試_105]→[105C032]

107E066」

  [★]

  • 次の文を読み、64~66の問いに答えよ。
  • 65歳の男性。物忘れが目立つようになったことを心配した妻に伴われて来院した。
  • 現病歴:1年前から物忘れが多くなったことに妻が気付いた。本人も物忘れを多少は気にしているが、異常とは考えていない。
  • 既往歴:30年前に交通事故で頭部外傷を負ったが、頭部CTでは異常が認められなかった。
  • 生活歴:これまで税理士の仕事を大過なくこなしている。
  • 家族歴:89歳の母親が認知症と診断されている。
  • 現症:意識は清明。身長170cm、体重65kg。体温36.5℃。脈拍84/分、整。呼吸数16/分。礼節は保たれており、診察には協力的である。瞳孔は正円同大で対光反射は直接反射と間接反射とも正常である。他の脳神経に異常を認めない。四肢体幹に異常を認めない。改訂長谷川式簡易知能評価スケールは26点(30点満点)である。時計描画と透視立方体の模写とが正常に実施できる。
  • 検査所見:尿所見:蛋白(-)、糖(±)。血液検査と血液生化学検査とでアンモニアを含めて異常を認めない。頭部単純MRIで軽度の側脳室拡大が見られる。脳波は、基礎波で9ヘルツのα波であり、開眼によるα波抑制は良好である。
  • 定期的に受診するように説明していたが受診せず、前回受診時から1年後に受診した。妻の話では、同じ事を何度も尋ねるようになり、かかってきた電話の内容を忘れることが多くなったという。改訂長谷川式簡易知能評価スケールは20点に低下していた。頭部単純MRIのFLAIR冠状断像(別冊No.10)を別に示す。
  • 治療薬として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 107E065]←[国試_107]→[107E067

105B058」

  [★]

  • 次の文を読み、 56-58の問いに答えよ。
  • 75歳の男性。不穏状態のため家族に伴われて来院した。
  • 現病歴   3年前からParkinson病の診断で内服治療中であった。 1週前から水様下痢微熱とがあり、食欲がなく水分摂取も不十分であった。 3日前から内服をすべて中断している。昨日から39℃台の発熱が出現し、身体が硬くなって起き上がることができなくなった。眼前に小さな虫がいると言い、振り払うような動作を繰り返し、徐々に不穏状態となってきた。
  • 既往歴   5年前から脂質異常症で内服治療中。
  • 生活歴   72歳の妻との2人暮らし。喫煙は20歳から20本/日を30年間。飲酒は週に1回、日本酒2台程度。
  • 家族歴   特記すべきことはない。
  • 現 症  意識レベルはJCS II-20。身長164cm、体重52kg。体温39.2℃。脈拍124/分、整。血圧86/60mmHg。口腔内は乾燥している。四肢に強い筋強剛があり、右上肢に静止時振戦を認める。腱反射は正常である。
  • 検査所見:血液所見:赤血球 508万、Hb 14.8g/dl、Ht 48%、白血球 9,500、血小板 22万。血液生化学所見:血糖 86mg/dl、HbA1c 5.1%(基準4.3-5.8)、総蛋白 7.2g/dl、アルブミン 3.8g/dl、尿素窒素 56mg/dl、クレアチニン 1.4mg/dl、尿酸 8.9mg/dl、総コレステロール 160mg/dl、トリグリセリド 156mg/dl、総ビリルビン 1.0mg/dl、 AST 86IU/l, ALT 40IU/l、 LD 420IU/l(基準176-353)、ALP 180IU/l(基準115-359)、CK 820IU/l(基準60-196)、Na 147mEq/l、K 4.2mEq/l、Cl 101mEq/l、Ca 9.2mg/dl。CRP 1.2mg/dl。胸部エックス線写真に異常を認めない。
  • 初期対応で適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105B057]←[国試_105]→[105B059

098C008」

  [★]

  • 次の文を読み、7~9の問いに答えよ。
  • 65歳の女性。歩きにくさと手足のふるえとを訴えて来院した。
  • 現病歴 : 4年前からじっとしているときに左手がふるえることに気付いた。同じころから歩くのが遅くなり、話すときの声が小声で、メモを書くときに字が小さくなることを自覚するようになった。これらの症状は徐々に増悪する傾向にあり、最近左手だけでなく、右手と両足もじっとしているときにふるえるようになった。患者の写真を以下に示す。
  • 既往歴・家族歴 : 特記すべきことはない。
  • 現症 : 意識は清明。身長165cm、体重52kg。体温36.2℃。臥位で脈拍64/分、整。血圧120/80mmHg。顔面の表情は乏しい。眼瞼結膜と眼球結膜とに貧血と黄疸とを認めない。心雑音はない。呼吸音は清である。腹部は平坦で、肝・脾を触知せず、圧痛と抵抗とを認めない。構音障害、頚部と四肢との筋緊張異常および起立・歩行障害を認める。
  • 検査所見 : 尿所見:蛋白(-)、糖(-)。
  • 血液所見:赤血球410万、Hb13.0g/dl、Ht39%、白血球6,500、血小板25万。
  • 血清生化学所見:総蛋白6.9g/dl、アルブミン4.8g/dl、尿素窒素9.2mg/dl、クレアチニン0.9mg/dl、AST18単位(基準40以下)、ALT14単位(基準35以下)、LDH260単位(基準176~353)。
  • 適切な治療薬はどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 098C007]←[国試_098]→[098C009

102C030」

  [★]

  • 次の文を読み、30、31の問いに答えよ。
  • 72歳の女性。突然の頭痛のため搬入された。
  • 現病歴:2時間前、突然の後頭部痛と嘔気とが出現した。
  • 既往歴:40歳代から高血圧症辱降圧薬を服用中である。
  • 生活歴:特記すべきことはない。
  • 家族歴:父親が高血圧。母親が大腸癌。
  • 現症:意識は清明。身長150cm、体重49kg。体温37.2℃。脈拍68/分、整。血圧164/88mmHg。心音と呼吸音とに異常を認めない。
  • 検査所見:尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球415万、Hb13.0g/dl、Ht38%、白血球(桿状核好中球4%、分葉核好中球78%、好酸球1%、好塩基球0%、単球5%、リンパ球12%)、血小板18万。血液生化学所見:血糖181mg/dl、総蛋白6.9g/dl、アルブミン4.2g/dl、尿素窒素14.0mg/dl、クレアチニン0.4mg/dl、総コレステロール194mg/dl、総ビリルビン1.2mg/dl、AST23IU/l、ALT20IU/l、LDH223IU/l(基準176~353)、ALP243IU/l(基準260以下)、Na141mEq/l、K4.2mEq/l、Cl102mEq/l。
  • 診察中に全身のけいれんが起こり、持続している。投与すべき薬剤はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 102C029]←[国試_102]→[102C031

107H023」

  [★]

  • 33歳の女性。不安感不眠および頭重感を主訴に来院した。初診時、外来担当医は、患者に対して抗不安薬であるジアゼパム2mg、1日3回の内服処方のつもりで処方箋を交付した。2週後、患者によると不眠と頭痛とは軽減したが、日中の眠気が強くふらつきが出るという。電子カルテ上の履歴を確認したところ、ジアゼパムが1回2mgではなく5mg、合計1日15mgで処方箋が交付されていた。担当医は1日15mgまでは保険診療での処方が可能であることはあらかじめ知っている。
  • 担当医がまず患者にかける言葉として適切なのはどれか。
  • a 「薬がよく効いているようなので転倒に注意してください」
  • b 「前回に調剤の段階で誤って薬の量が多く出てしまったようです」
  • c 「あなたには少し量が多すぎたかもしれないので薬を減量します」
  • d 「あなたにはこの薬が合わないようですから種類を変えてみましょう」
  • e 「前回に処方した薬の量が誤っていました。申し訳ございませんでした」


[正答]


※国試ナビ4※ 107H022]←[国試_107]→[107H024

108D035」

  [★]

  • 28歳の初妊婦。妊娠 34週 0日。妊婦健康診査で妊娠高血圧症候群と診断され入院中である。身長 160 cm、体重 62 kg。体温 37.0℃。脈拍 72/分、整。血圧 154/106mmHg。尿所見:蛋白 3.5 g/日、糖 (-)。内診所見で子宮口は 1 cm開大、児頭下降度は SP-3 cmで未破水である。腹部超音波検査で胎児推定体重は 1,980 g(.1.5SD)で胎児形態異常は認めない。診察中に突然、強直性間代性けいれんを発症した。ジアゼパムの静注によって、けいれんは消失し意識も清明となった。帝王切開を決定しその準備を開始した。この時の胎児心拍数陣痛図 (別冊 No. 18)を別に示す。
  • この時点で投与する薬剤として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 108D034]←[国試_108]→[108D036

098D055」

  [★]

  • 24歳の女性。独語と興奮とが激しいために家族とともに救急車で来院した。既往歴と家族歴とに特記することはない。大学卒業後商社に就職、未婚。1週前に咽頭痛、咳および発熱のために感冒薬の投与を受けたが、その後も咽頭痛が続いた。今朝37.5℃の発熱があり頭痛を訴えた。昼ころから多弁になり意味不明の言動が多くなり、興奮も強くなった。来院時、急性錯乱状態で、話しかけても全く意思疎通ができない。運動麻痺はなく深部反射に異常を認めない。対応としてまず行うのはどれか。
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 098D054]←[国試_098]→[098D056

099C015」

  [★]

  • 60歳の女性。右大腿骨頚部骨折のため入院して手術を受けた。
  • 手術前は血圧122/78mmHg で、心電図と胸部エックス線写真とに異常はなかった。術後7日間臥床していたが、リハビリテーションのために歩行訓練を始めたところ、訓練の途中で、突然息苦しくなり、気分が悪くなってうずくまった。呼吸数36/分。脈拍128/分、整。血圧80/42mmHg。顔色は不良で発汗がある。胸部にII音の亢進を認めるがラ音は聴取しない。動脈血ガス分析(自発呼吸、room air):PaO2 48Torr、PaCO2 26Torr。マスクによる酸素吸入を行い、静脈路を確保した。まず投与するのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 099C014]←[国試_099]→[099C016

107G065」

  [★]

  • 次の文を読み、63~65の問いに答えよ。
  • 25歳の男性。気分不良を主訴に来院した。
  • 現病歴:官庁街近くのレストランで昼食をとっていたところ「液体のようなものがまかれた」という声がして、レストラン内で数人が倒れた。気分が悪くなったためレストランから飛び出し、徒歩で近くの病院を受診した。会話は可能であり、目の前が暗く感じ、鼻水が止まらないと訴えている。
  • まず行うべき治療はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107G064]←[国試_107]→[107G066

104D058」

  [★]

  • 38歳の女性。言動の変化を心配した夫に伴われて来院した。1年前に、特にきっかけもなく元気がなくなり2か月ほど寝込むことがあったが、特に治療も受けずに回復した。1か月前から口数が多くなり.易刺激的で怒りやすく、活動的となった。町へ出て大量に衣服を購入し、夜も眠らずインターネット販売に手を出して高額の買い物をするようになった。身体疾患の既往歴と精神作用物質の使用歴とはない。
  • 治療薬として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 104D057]←[国試_104]→[104D059

098I045」

  [★]

  • 32歳の初産婦。妊娠39週5日、陣痛発来のために入院した。
  • 分娩経過は順調で、2時間後子宮口開大8cm、児頭下降度SP-1cmになったが、その後児頭は反屈位になり小泉門が触知できなくなった。周期的であった陣痛は次第に間欠期が短縮し、現在は持続的に痛みを訴えている。その後の児頭下降はみられず、腹部全体は硬く圧痛があり、下腹部に子宮収縮輪を触知する。胎児心拍数はほぼ80/分で持続している。
  • 投与すべき薬剤はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098I044]←[国試_098]→[098I046

100F006」

  [★]

  • 9歳の男児。異常な行動のため来院した。1年3か月前に転校したときからまばたきを頻繁にするようになり、1年前からは、更に頭を振ったり、肩をゆすったりするようになった。10か月前から「あー」、「うー」などと意味のないことを言い、最近は授業中にも「くそ」、「ばか」、「死ね」などと独り言を言うようになった。
  • 対応として適切なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100F005]←[国試_100]→[100F007

104A040」

  [★]

  • 39歳の男性。急激な意識低下のため搬入された。3か月前から頭痛を自覚していた。既往歴と家族歴とに特記すべきことはない。意識レベルはJCS II-30。不穏がみられ、右瞳孔の直接射光反射はやや遅い。呼吸数10/分。脈拍48/分、整。血圧172/108mmHg。頭部造影MRIのT1強調像(別冊No.18)を別に示す。
  • 初期治療薬として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 104A039]←[国試_104]→[104A041

097D004」

  [★]

  • 42歳の男性。競馬騎手。20年来の大酒家である。3日前、落馬による下腿骨骨折で緊急手術を受けた。術後、不眠を訴えていたが、本日になって深夜急に起き上がろうとして点滴を自己投去しようとする。看護師が制止すると、「助けてくれ。」と叫び振り払おうとする。発汗著明であり、自分の状態がわかっていないようで、視線も定まっていない。適切な対応はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097D003]←[国試_097]→[097D005

096F023」

  [★]

  • 18歳の男子。全身けいれん発作が短かい間隔で次々と反復して、1時間以上続くため、救急車で搬入された。診察時、失見当識、記銘力減弱を認め、意識は混濁している。体温37.0℃。呼吸数16/分。脈拍72/分、整。血圧130/70mmHg。診察中、突然、強直性間代性の全身けいれん発作が再出現した。
  • この患者に対する適切な処置はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 096F022]←[国試_096]→[096F024

105D054」

  [★]

  • 38歳の女性。気分の高揚、多弁および不眠を主訴に来院した。3年前に母親を亡くした後、憂うつで何も手につかなくなり、3か月仕事を休んだ。その後、逆に気分が高揚して活動性が亢進する時期と、気分が落ち込んで活動性が低下して寝込んでしまう時期とを交互に繰り返すようになった。
  • 治療薬として適切なのはどれか。 2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 105D053]←[国試_105]→[105D055

105C021」

  [★]

  • 55歳の女性。心肺停止状態で搬入された。 40歳台から高血圧症のため、降圧薬を服用中である。仕事中に「胸が絞め付けられるように痛い」と言った後、床に倒れた。救急車内で救急救命士によって静脈路を確保され、心肺蘇生法を施行されつつ搬入された。搬入時のモニター心電図波形は心静止である。
  • 投与する薬品はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105C020]←[国試_105]→[105C022

抗てんかん薬」

  [★]

antiepileptic drug, antiepileptic antiepileptics
てんかん薬理学

抗てんかん薬

薬物 大発作 小発作 皮質焦点発作 精神運動発作 ミクローヌス発作 異型小発作 てんかん重積 二次的全般発作 副作用 作用機序
バルビツール酸 フェノバルビタール             眠気、呼吸抑制、ポルフィリン尿症 GABAA受容体に作用
プリミドン × ×        
ヒダントイン フェニトイン ×           小脳症状(萎縮)、肝障害、骨髄抑制、
心室細動、歯肉増殖フェニトイン中毒
不活性化状態のNaチャネルに結合
エトトイン            
オキサゾリジン トリメタジオン   *1             催奇形性(最強) シナプス前・後部に作用し伝達物質放出と
伝達物質への感受性に影響
サクシニミド エトスクシミド                 Cl-チャネルを開口させることによって、
GABA神経機能を亢進
フェニル尿素 アセチルフェネトライド       *2            
イミノスチルベン カルバマゼピン             小脳症状、発疹、骨髄抑制、肝障害 Naチャネルをブロックする
ベンズイソキサゾール ゾニサミド         体重減少、眠気、腎尿管結石 T型のCa2+電流を抑制、
電位依存性のNa+チャネルの不活性化の状態を延長
炭酸脱水素酵素阻害薬 アセタゾラミド             炭酸脱水素酵素阻害
ベンゾジアゼピン ジアゼパム           *3   呼吸抑制、眠気 GABAA受容体に作用
クロナゼパム             眠気、めまい、小脳症状
GABA分解酵素阻害薬 バルプロ酸 *4 悪心・嘔吐、肝障害、
高アンモニア症、毛髪の変化、催奇形性
GABA分解酵素阻害
*1 第一選択薬ではない
*2 他薬が無効な精神運動発作のみに使用
*3 てんかん重積の第一選択薬
*4 第一選択薬

新規の抗てんかん薬

抗てんかん薬の選択

  • 部分発作:カルバマゼピン、バルプロ酸
  • 全般発作:バルプロ酸フェニトイン
  • ミオクローヌス発作:クロナゼパム



熱性痙攣」

  [★]

febrile convulsion
熱性けいれん
痙攣


概念

  • 発熱に伴って生じる年齢依存性の痙攣。
  • 中枢神経系感染症に起因しない、明らかな頭蓋内の異常を伴わないもの。

疫学

  • 日本では全人口の9%に見られる ⇔ 欧米では人口の5%。
  • 6ヵ月から3-4歳。(1-2歳に発生しやすく、6ヶ月から6歳頃までありうる)。6ヶ月未満、6歳以降ではまれ
  • 家族歴があることがある。親が熱性痙攣の場合20%、同胞が熱性痙攣の場合50%、双生児の一方が熱性痙攣であると80%の確立で熱性痙攣を発症。
  • 1/4の症例では反復する

病型

以下の3つを満たす。
  • 1. 全身性強直間代痙攣
  • 2. 持続時間15-20分以下
  • 3. 24時間以内に再発しない
単純型熱性痙攣の3つの条件の内いずれかを満たさないもの
もう困らない救急・当直ver2 p.237
  単純型熱性痙攣 複雑型熱性痙攣
痙攣持続時間 15分未満 15分以上
痙攣合計児間 断続的30分未満 断続的30分以上
24時間以内 1回のみ 2回以上
痙攣部位 全身性痙攣 局所性・片側性痙攣
基礎疾患 神経学的基礎疾患なし 神経学的基礎疾患あり
年齢 1~6歳 1歳未満、6歳超

てんかんに移行する危険因子

SPE.630
1項目以上該当すれば複雑型熱性痙攣
  • 1. 初発の熱痙攣が15分以上遷延、24時間以内に反復、片側性、焦点性
  • 2. 熱性痙攣の発現以前より神経学的異常や知的障害、運動障害を示すもの
  • 3. 両親、同胞にてんかんの家族歴がある物

熱性痙攣の再発率を高める因子

SPE.630
  • 1. 初発が1歳未満のもの。
  • 2. 両親、または片親に熱性痙攣の既往がある

症状

診断

  • 他の神経所見がないか見て、あれば髄膜炎や脳炎を考慮。

治療

  • 経過観察。持続する場合はジアゼパム

管理

  • ワクチン接種により熱痙攣をきたしたら、一年間は予防接種をしない方が良い。抗痙攣薬や解熱剤でコントロールできる場合はこの限りでない。

参考

  • 1. [charged] 熱性けいれん - uptodate [1]
  • 2. [charged] 患者情報:熱性けいれん - uptodate [2]

国試


静脈麻酔薬」

  [★]

intravenous anesthetics
麻酔薬吸入麻酔薬


静脈麻酔薬

静脈麻酔薬の中での興奮性麻酔薬と抑制性麻酔薬

SAN.45
  興奮性麻酔薬 抑制性麻酔薬
ケタミン バルビツレート
プロポフォール
脳自発的活動
血圧
交感神経活動 →↑
脳酸素消費量
脳血流
頭蓋内圧
鎮痛作用 強い 弱い

半減期

  • チオペンタール、ジアゼパム
  • 半減期が長い

バルビツール酸系薬

  麻酔導入が早い、全麻の導入、ごく短時間の痛みの少ない手術、検査
  抗麻痺や、脳保護薬としても使われる
  鎮痛、筋弛緩作用がないため併用が必要
  急性間欠性ポルフィリン症は禁忌
   ヘム合成系路の酵素欠損によって起こる
   気管支喘息の患者には使用禁忌
    サイトカインが出るから
  ○:強力な催眠作用
  ×:組織刺激性あり。静脈注射のみ

 細胞膜にはGABA依存性のCl-チャネル(GABAA受容体=イオンチャネル共役型受容体)が存在し、バルビツール酸結合部位、ベンゾジアゼピン結合部位、GABA結合部位を有している。

  3つの部位が独立に作用がある。相加的に働く。
  GABAB受容体は7回膜貫通タンパク質である。
 作用は バルビツール酸>ベンゾジアゼピン


ストリキニーネ」

  [★]

strychnine
strychninum
ストリキニン
硝酸ストリキニーネ strychnini nitras
ホミカエキス


  • 痙攣薬
  • アルカロイド

薬理作用

SPC.210
  • グリシン受容体の拮抗阻害薬
  • 脊髄の抑制物質であるグリシンに拮抗することで、Renshaw細胞のネガティブフィードバックを解除する→興奮↑

中毒症状

SPC.210
  • 運動ニューロンの興奮により後弓反張をきたす
  • 知覚神経刺激に過敏。軽い刺激でけいれんを誘発
  • 意識は清明であるが、痛みに敏感で不安と恐怖を伴う
  • 呼吸麻痺と乳酸アシドーシスで死亡

治療

  • 隔離
  • 気道確保
  • ジアゼパムの投与
  • 全身麻酔
  • 神経筋接合部遮断薬の投与

薬効薬理

ホミカエキス散「ホエイ」として
  • エキスを単純胃瘻管造設イヌの胃内に投与するとき胃液分泌にほとんど変化は認められないが、コンズランゴ冷浸エキスを同時に適用するとき胃液分泌増加し酸度も上昇する。更にエキス又はチンキを単純胃瘻管造設イヌの口内又は胃内に投与するとき胃液分泌、酸度に変化を与えないし、胃、小腸に恒久性瘻管造設イヌになめさせるか胃内投与するとき、バルーン法で胃運動に著しい変化は認められない。

なおstrychnineをヒト、イヌの口内又は胃内に投与すると、ゲンチアナチンキとほぼ同様の効果があるという。また脊髄において抑制性シナプス後電位を減弱させてけいれんを引き起こすが、グリシン受容体に特異的に結合することが知られている。ペントバルビタールなどで麻酔したイヌに静脈内投与すると血圧上昇と心拍数増加が現れる。

参考

  • ホミカエキス散「ホエイ」
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2333005B1104_2_02/2333005B1104_2_02?view=body


WHO方式癌疼痛治療」

  [★]

WHO method for relief of cancer pain
WHO式癌疼痛治療法 WHO Cancer Pain Relief ProgrammeWHO3段階除痛ラダー WHO three-stepanalgesic ladder、3段階ラダー


WHOの基本5原則

  • 1. WHOのラダーに沿って
  • 2. できるかぎり内服で、
  • 3. 少量で始めて疼痛が消える量へと漸増し、
  • 4. 定時投与とし、     ← 頓用ではない
  • 5. 必要に応じて鎮痛補助薬の併用も考慮



鎮痛補助薬 SAN.410

参考

  • 1. WHO方式癌疼痛治療ガイドライン
[display]http://www.geocities.jp/study_nasubi/l/l13.html

国試

  • 106C030:吐き気はオピオイド服用開始に出現しやすいので、開始時から制吐薬を開始する。副作用に対してはオピオイドの減量ではなく、制吐薬・緩下薬などを利用し、オピオイドの減量は避ける、だったっけ?


ジアゼパム結合阻害タンパク質」

  [★]

diazepam binding inhibitor
エンドゼピン

フルジアゼパム」

  [★]

fludiazepam
エリスパン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡