100H036

  • 35歳の男性。手足の発疹を主訴に来院した。半年前から、手掌と足蹠とに皮疹が出現した。苛性カリ検鏡法で真菌は陰性である。皮膚生検H-E染色標本を以下に示す。この疾患に合併しやすいのはどれか。




[正答]


※国試ナビ4※ 100H035]←[国試_100]→[100H037



★リンクテーブル★
国試過去問100H037」「100H035

100H037」

  [★]

  • 65歳の男性。夜半急激な下腹部痛が出現し、その後鮮紅色の下血があり救急車で搬入された。便秘の既往がある。脈拍92/分、整。血圧110/70mmHg。顔面蒼白。便は鮮紅色。血液所見:赤血球360万、Hb10.0g/dl、白血球9,000、血小板15万。血清生化学所見:総蛋白7.2g/dl、アルブミン3.5g/dl、総ビリルビン1.0mg/dl、AST15単位、ALT30単位。S状結腸部の大腸内視鏡写真を以下に示す。
  • この疾患で正しいのはどれか。
  • a. 注腸造影検査apple-core signがみられる。
  • b. 左側結腸に発生しやすい。
  • c. 副腎皮質ステロイド薬の適応である。
  • d. 再発しやすい。
  • e. 予後は極めて不良である。


[正答]


※国試ナビ4※ 100H036]←[国試_100]→[100H038

100H035」

  [★]

  • 15歳の男子。右膝痛を主訴に来院した。3週前、走っていた際に突然右膝痛が出現した。安静によって一時軽快したが、1週前から痛みが再発し増悪傾向にある。初診時の右膝エックス腺単純写真と大腿骨遠位部の骨生検H-E染色標本とを以下に示す。
  • 診断はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 100H034]←[国試_100]→[100H036