099G016

  • 74歳の男性。健康診査で胸部エックス線写真上の異常陰影を指摘された。呼吸数22/分。脈拍88/分、整。血圧136/88mmHg。顔面と頚部とに異常を認めない。胸部の打診と聴診とでは異常を認めない。胸部エックス線写真正面像と側面像とを以下に示す。可能性が低いのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 099G015]←[国試_099]→[099G017



★リンクテーブル★
国試過去問099G017」「099G015

099G017」

  [★]

  • 40歳の男性。文筆業。突然の呼吸困難と胸痛とのため救急車で搬送された。本日は一日中机に向かい原稿を書いていた。原稿が出来上がり椅子から立ち上がった直後に呼吸困難と胸痛とが出現した。身長156cm、体重85kg。脈拍120/分、整。血圧90/50mmHg。意識軽度混濁。顔面蒼白。血液所見:白血球2,500、血清FDP50μg/ml(基準10以下)、Dダイマー15.0μg/ml(基準1.0以下)。CK40単位(基準10~40)。CRP3.1mg/dl。胸部造影CTを以下に示す。この患者で認めるのはどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)


[正答]


※国試ナビ4※ 099G016]←[国試_099]→[099G018

099G015」

  [★]

  • 56歳の男性。自動車整備工。咳嗽と労作時呼吸困難とを主訴に来院した。症状は2年ほど前から出現し、徐々に増悪している。15本/日、30年間の喫煙歴がある。胸部エックス線写真と気管支肺胞洗浄液May-Giemsa染色標本とを以下に示す。最も考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 099G014]←[国試_099]→[099G016