099A047

  • 88歳の女性。右大腿部の疼痛を主訴に家族に伴われて来院した。2日前、自宅の玄関で履物を脱いでいるとき転倒した。直後は痛かったが、その後歩けるようになった。しかし、歩行時の痛みは軽快しない。右股関節に軽度の運動痛はあるが可動域はほぼ正常である。右股関節エックス線単純写真で明らかな骨折はみられない。
  • 対応として適切なのはどれか。
  • a. 心配ないので歩行訓練を行うよう説明する。
  • b. 痛みが取れるまで安静臥床を保つよう説明する。
  • c. 確定診断のためにMRIが必要と説明する。
  • d. 骨折している可能性があるのでギプス固定が必要と説明する。
  • e. 骨折している可能性があるので内固定術が必要と説明する。

[正答]


※国試ナビ4※ 099A046]←[国試_099]→[099A048



★リンクテーブル★
国試過去問099A046」「099A048

099A046」

  [★]

  • 14歳の男子。右肘部痛を主訴に来院した。8歳から野球のリトルリーグに所属し、1日4時間の投球練習を毎日行ってきた。6か月前からボールを投げる動作時に右肘部の痛みを自覚していた。疼痛が改善しないため近医を受診し、右肘関節エックス線単純写真で異常陰影を指摘されていた。身長165cm、体重64kg。右肘関節外側に軽度の腫脹と圧痛とを認める。関節可動域は、屈曲105°、伸展-20°である。屈曲伸展運動で、ひっかかり感がある。右肘関節エックス線単純写真正面像 を以下に示す。最も考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 099A045]←[国試_099]→[099A047

099A048」

  [★]

  • 46歳の女性。発汗と頭痛とを主訴に来院した。眉弓部の突出と鼻・口唇の肥大とを認める。血清成長ホルモン値28ng/ml(基準5以下)。この患者にみられないのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 099A047]←[国試_099]→[099A049