098D034

  • 66歳の男性。発熱と意識障害とのため来院し、直ちに入院した。
  • 1週前から37℃台の発熱が続き、昨日から家族との会話に支障をきたすようになった。2か月前に冠動脈狭窄に対して冠動脈ステント留置術を受けた。その後、再狭窄予防のため抗血小板薬の投与を受けていた。
  • 呼びかけに応じるが話す内容にまとまりがない。体温38.2℃。脈拍112/分、整。血圧130/86mmHg。眼瞼結膜は蒼白で眼球結膜に黄染を認める。
  • 血液所見:赤血球270万、Hb7.8g/dl、Ht25%、網赤血球56‰、白血球6,700、血小板3万。末梢血塗抹May-Giemsa染色標本を以下に示す。
  • 考えられる検査所見はどれか。




[正答]


※国試ナビ4※ 098D033]←[国試_098]→[098D035



★リンクテーブル★
国試過去問098D035」「098D033

098D035」

  [★]

  • 生後5日の新生児。
  • 在胎39週4日、出生体重は3,210gで、仮死はなかった。出生時から後頭部に腫瘤が認められている。生後3日から時々少量の鼻出血に気付かれている。
  • 家族歴に特記すべきことはない。
  • 血液所見:赤血球320万、Hb9.8g/dl、白血球9,200、血小板2.2万。プロトロンビン時間(PT)16秒(基準対照11.3)、AFIT73秒(基準対照32.2)。
  • 血清生化学所見:総ビリルビン8.1mg/dl、AST48単位(基準40以下)、ALT32単位(基準35以下)、LDH450単位(基準170~580)。後頚部腫瘤の写真を以下に示す。
  • この疾患で正しいのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 098D034]←[国試_098]→[098D036

098D033」

  [★]

  • 41歳の男性。1週前から続く易疲労感と鼻出血とを訴えて来院した。
  • 眼瞼結膜と口腔粘膜とに貧血を認め、歯肉にも出血を認める。腹部は平坦で肝・肺を触知しない。
  • 体温37.6℃。脈拍88/分、整。血圧124/72mmHg。
  • 血液所見:赤血球210万、Hb7.1g/dl、Ht23%、網赤血球2‰、白血球2,300、血小板2万。
  • 血清生化学所見:総蛋白6.8g/dl、アルブミン4.2g/dl、総ビリルビン1.1mg/dl、AST25単位(基準40以下)、ALT19単位(基準35以下)、LDH680単位(基準176~353)。
  • 骨髄血塗抹May-Giemsa染色標本を以下に示す。
  • 適切な治療法はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 098D032]←[国試_098]→[098D034