098A002

  • 28歳の3回経産婦。自然経膣分娩で3,540gの男児を出産した。胎盤を牽引して娩出させた。直後から性器出血が持続し、その後下腹部痛を訴え始めた。意識は清明であるが表情は苦悶様。脈拍96/分、整。血圧132/88mmHg。触診で子宮底を触れず、膣鏡診で膣内に腫瘤様のものを認める。
  • 考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 098A001]←[国試_098]→[098A003



★リンクテーブル★
国試過去問098A003」「098A001

098A003」

  [★]

  • 生後24日の新生児。在胎27週、968gで出生。Apgarスコア6点(1分)、7点(5分)。
  • 出生後からチアノーゼとうめき声とがあり、陥没呼吸を認めた。呼吸数54回/分。ただちに気管内挿管し、人工換気を開始した。生後1日の血清IgM値は50mg/dl(基準0~20)。20日目で人工換気を中止し、酸素投与のみで経過をみた。
  • 抜管後、症状は4日間は落ちついていたが、次第に喘鳴が聴取されるようになった。
  • 生後24日の白血球12,000、CRP0.1mg/dl(基準0.3以下)。胸部エックス線写真を以下に示す。
  • 生後24日の状態で考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 098A002]←[国試_098]→[098A004

098A001」

  [★]

  • 37歳の初妊婦。妊娠28週の定期妊婦健康診査で来院した。既往歴に特記すべきことはない。身長158cm、体重58.5kg。2週前より1.5㎏の増加を認める。仰臥位で脈拍108/分、整。血圧156/92mmHg。下腿に指圧痕を認める。尿所見:蛋白1+、糖(-)。血液所見:赤血球380万、Hb10.8g/dl、Ht38%、白血球9,200、血小板31万。
  • 最も考えられるのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 097I050]←[国試_098]→[098A002