095D023

  • 48歳の女性。健康診断で十二指腸に異常を指摘され来院した。3か月前から上腹部痛と腹部膨満感とが時々出現した。腹部身体所見で異常を認めない。上部消化管造影写真を以下に示す。
  • この疾患で誤っているのはどれか。
  • a. 十二指腸下行脚内側に多く発生する。
  • b. 真性はまれである。
  • c. 後天性が多い。
  • d. 牽引性が多い。
  • e. 黄疸を合併すれば手術適応となる。



[正答]


※国試ナビ4※ 095D022]←[国試_095]→[095D024



★リンクテーブル★
国試過去問095D024」「095D022
リンク元十二指腸憩室

095D024」

  [★]

  • 40歳の女性。健康診断で便潜血反応陽性を指摘され来院した。大腸内視鏡検査で粘膜病変を認める。その病変部生検組織H-E染色標本を以下に示す。
  • 最も考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 095D023]←[国試_095]→[095D025

095D022」

  [★]

  • 60歳の男性。人間ドックの上部消化管造影で食道の異常を指摘され来院した。食道内視鏡写真と病変部生検組織H-E染色標本とを以下に示す。診断はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 095D021]←[国試_095]→[095D023

十二指腸憩室」

  [★]

duodenal diverticulum
憩室

概念

  • 十二指腸に見られる憩室で先天性と後天性のものがある。

疫学

  • 女性に比較的多い
  • 加齢と共に憩室が増加する。

分類

SSUR.526
  • 先天性:乳頭開口部が憩室上になっているものは先天性。
  • 後天性:単発性。十二指腸下行部内側(70-80%を占める(QB.A-59))、特にVater乳頭近傍に見られる。腸管内圧上昇により生じるものが多い。仮性憩室。

症状

  • 無症状が多い ← 上部消化管造影で偶然に発見されることが多い(QB.A-59)
  • 上腹部痛、腹部膨満感、嘔吐、食欲低下、下血 ← 非特異的(QB.A-59)

検査

上部消化管造影検査


治療

  • 憩室による症状(腹痛、黄疸、膵炎)を呈するときには手術適応。(QB.A-59)

臨床関連

国試