095D025

  • 生後22時間の男の新生児。在胎39週2日、経膣分娩で出生した。出生体重3,200g。生後12時間から嘔吐がみられ、次第に腹部膨満が著明となった。尿に胎便の混入を認める。肛門部に鉛マーカーを置いた倒立位エックス線単純写真を以下に示す。
  • この疾患で正しいのはどれか。
  • (1) 母体に羊水過多を認める。
  • (2) 病型は低位である。
  • (3) 直腸盲端と尿路とに痩孔が存在する。
  • (4) 他臓器の奇形を合併することが多い。
  • (5) 直ちに根治術を行う。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)



[正答]


※国試ナビ4※ 095D024]←[国試_095]→[095D026



★リンクテーブル★
国試過去問095D026」「095D024

095D026」

  [★]

  • 45歳の女性。会社の健康診断で2年連続して肝機能障害を指摘され、精査のため来院した。腹部身体所見に異常はなく、肝も触知しない。飲酒はしない。本年の健康診断での血清生化学所見:GPT67単位(基準35以下)、γ-GTP35単位(基準8~50)、アルカリホスファターゼ200単位(基準260以下)。診断に必要な検査はどれか。
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)

[正答]


※国試ナビ4※ 095D025]←[国試_095]→[095D027

095D024」

  [★]

  • 40歳の女性。健康診断で便潜血反応陽性を指摘され来院した。大腸内視鏡検査で粘膜病変を認める。その病変部生検組織H-E染色標本を以下に示す。
  • 最も考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 095D023]←[国試_095]→[095D025