人工呼吸

出典: meddic

artificial respiration, artificial ventilation

概念

  • 1. 人工的に呼吸を行わせること。このため、伝統的なmouth to mouthからバックアンドバルブマスク、あるいは人工呼吸器を用いて行う。
  • 2. 一次救命処置の中における処置 → 人工呼吸#一次救命処置

人工呼吸適応

SAN.422
  • 肺活量 < 10ml/kg, PaO2 < 55 mmHg(50%以上の酸素投与下), 呼吸回数 > 35/min, 努力呼吸, 吸引圧 < -25cmH2O

人工呼吸のモード

送気制御パターンによる分類

  • 量規定換気 volume controlled ventilation VCV
  • 圧規定換気 [[]] PCV

換気モード

人工呼吸を補助するモード

  • 呼気終末陽圧 positive end-inspiratory pressure
  • 吸気プラトー → 吸気ガス不均等分布の改善 EID

人工呼吸の合併症

  • 1. 血圧低下(静脈還流の低下、心機能低下)
  • 2. 圧外傷(気胸・縦隔腫瘍)
  • 3. 酸素中毒による無気肺、肺浮腫
  • 4. 気管潰瘍、穿孔、狭窄
  • 5. 尿量減少(ADH増加、心拍出量減少)
  • 6. 脳圧亢進(PEEPによる静脈還流↓)
  • 7. 消化管出血(ストレス)
  • 8. 精神的苦痛(気管挿入)
  • 9. 感染(人工呼吸器関連肺炎)

一次救命処置

ISBN 978-4892695667 p.100
  • 口腔内の異物を除去
  • 脈拍があり、呼吸がない場合の人工呼吸:成人では10/分、小児では12-20回/分のペースで息を吹き込む。
  • 小児の場合、呼吸数が10/分未満の場合、人工呼吸が考慮される。


BLS

  • 1秒かけて息を吹き込む。
  • 1人法の場合は30回の胸骨圧迫の後に2回人工呼吸を行う。
  • 2人法の場合も原則同様。ただし、幼小児の場合のみ15回の胸骨圧迫の後に2回人工呼吸を行う。
  • 成人の場合は5-6秒に1回、小児に対しては3-5秒に1回の人工呼吸を行う(AHA BLSヘルスケアプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2005年準拠)


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/09/09 11:45:36」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • クリティカルケア看護におけるEBN実践(第11回)クリティカルケア看護におけるエビデンスの実例【人工呼吸器装着患者編】
  • 加温加湿器アラーム (特集 人工呼吸器アラーム対応) -- (アラーム別 対応トレーニング)
  • 無呼吸アラーム (特集 人工呼吸器アラーム対応) -- (アラーム別 対応トレーニング)
  • 気道内圧上限アラーム (特集 人工呼吸器アラーム対応) -- (アラーム別 対応トレーニング)

関連リンク

人工呼吸 呼吸が止まった人は、体の中の酸素が不足し、二酸化炭素がたまっているので、心臓が止まる前に一刻も早く人工呼吸を開始しなければなりません。
大人に対する心肺蘇生法 心臓マッサージと人工呼吸を行う 循環のサインがない場合は、直ちに心臓マッサージを開始する。30回の心臓マッサージと2回の人工呼吸のサイクル(30:2)を5回繰り返す。
AEDの設置場所が増えるにつれて、 AED講習会に参加する人も増えています。これは、AEDを設置している場所の人間に AED講習が義務づけられているという要因があります。それに伴い、心臓マッサージ、人工呼吸も含めた、

関連画像

人工呼吸図 口対鼻人工呼吸法人工呼吸口対口人工呼吸人工呼吸人工呼吸人工呼吸は1回の吹き込み時間 人工呼吸の仕方


★リンクテーブル★
国試過去問099C048」「105H034」「098F045」「097I025」「097I046」「099C025」「102A056」「091D025」「108F008」「102G040」「106C013」「101B116」「097E039
リンク元喘息発作」「一次救命処置」「在宅人工呼吸療法」「口うつし法
拡張検索器械的人工呼吸」「体外式人工呼吸器」「非侵襲的人工呼吸
関連記事呼吸」「人工

099C048」

  [★]

  • 次の文を読み、47、48の問いに答えよ。
  • 54歳の男性。冷汗を伴う胸痛を訴え、救急車で搬送された。
  • 現病歴 : 5か月前から労作時に胸痛を自覚していた。胸痛は5分間持続し、安静で消失した。2週前から頻度が増し、安静時にも出現するようになった。4時間前から冷汗を伴う胸痛が持続している。
  • 既往歴 : 10年前から高脂血症を指摘されていた。
  • 家族歴 : 兄が40歳で突然死。
  • 生活歴 : たばこ40本/日を30年間。機会飲酒。
  • 現症 : 意識は清明。身長166cm、体重75㎏。呼吸数18/分。脈拍96/分、整。血圧120/74mmHg。顔貌は苦悶様。心音ではIII音を聴取する。呼吸音は正常。腹部は平坦で、軟。下腿に浮腫を認めない。
  • 検査所見 : 尿所見:蛋白(-)、糖(-)。
  • 血液所見:赤血球450万、Hb14.6g/dl、Ht46%、白血球12,800、血小板16万。
  • 血清生化学所見:総蛋白6.8g/dl、アルブミン3.4g/dl、クレアチニン0.8mg/dl、総コレステロール260mg/dl、総ビリルビン0.9mg/dl、AST250単位、ALT35単位、LDH350単位(基準176~353)、CK1,850単位(基準10~40)、Na138mEq/l、K3.6mEq/l、Cl 99mEq/l。CRP1.6mg/dl。
  • 来院時の心電図を以下に示す。


  • 入院後突然、眼球が上転して意識がなくなり、脈を触れなくなった。このときのモニター心電図を以下に示す。


  • まず行う処置はどれか。
[正答]
※国試ナビ4※ 099C047]←[国試_099]→[099C049

105H034」

  [★]

  • 次の文を読み、33、34の同いに答えよ。
  • 62歳の女性。呼吸困難のため搬入された。
  • 現病歴   朝食前の散歩中に誤って転倒し右腰部を打撲した。帰宅後、痛みが強くなったためアスピリン製剤を内服した。それまでアスピリン製剤を服用したことはなかった。その後、次第に息苦しさを感じるようになり、立っていられなくなったため救急車を要請した。
  • 既往歴   小児期に副鼻腔炎
  • 生活歴   飲酒は機会飲酒。
  • 豪族歴   特記すべきことはない。
  • 現症   意識は清明。身長152cm、体重50kg。体温36.8℃。呼吸数18/分、呼気の延長を認める。脈拍108/分、整。血圧128/82mmHg。経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)86%。心音に異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。四肢に浮腫はなく、皮膚の色調に異常を認めない。
  • まず行うべき処置はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105H033]←[国試_105]→[105H035

098F045」

  [★]

  • 次の文を読み、45、46の問いに答えよ。
  • 47歳の女性。乳房の腫瘤に気付いたので来院した。
  • 現病歴 : 昨日、入浴後に右乳房に腫瘤を触知した。
  • 既往歴 : 特記すべきことはない。
  • 現症 : 意識は清明。身長155cm、体重53kg。体温36.7℃。脈拍72/分、整。血圧120/70mmHg。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。頚部に血管雑音はない。心雑音はない。右乳房上外側に辺縁が不整な2cm大の腫瘤を触知する。乳癌の可能性を示唆したところ、顔面蒼白になり意識消失し、崩れ落ちるように前に倒れた。呼びかけに反応しない。
  • a. 人を呼ぶ。
  • b. 担架を探しに行く。
  • c. 静脈路を確保する。 
  • d. 人工呼吸を開始する。
  • e. 心臓マッサージを開始する。
[正答]


※国試ナビ4※ 098F044]←[国試_098]→[098F046

097I025」

  [★]

  • 72歳の女性。感冒様症状が出現し、早朝から傾眠がちとなり、意識レベルも低下したため、救急車で搬入された。20歳の時、肺結核のため胸郭形成術を受けた。5年前から慢性呼吸不全で在宅酸素療法を受けている。体温37.2℃。呼吸数10/分。脈拍100/分、整。血圧150/70mmHg。血清生化学所見:血糖160mg/dl、尿素窒素35mg/d7、AST45単位(基準40以下)、ALT37単位(基準35以下)、アンモニア50μg/dl(基準18~48)。動脈血ガス分析(自発呼吸、経鼻カニューラ0211/分):pH7.27、PaO2 40Torr、PaC02 90Torr。
  • 最も適切な治療はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097I024]←[国試_097]→[097I026

097I046」

  [★]

  • 26歳の男性。オートバイで走行中転倒し、喉を強打して救急車で来院した。意識は清明であるが、声は出しにくく、疼痛、血痰および強い呼吸困難を認める。体温37.0℃。脈拍96/分、整。血圧140/86mmHg。他め身体部位に打撲はない。喉頭ファイバー検査で喉頭部の出血と粘膜腫脹とを認め、両側声帯の動きが悪い。頭部単純CTで甲状軟骨の骨折・偏位を認める。
  • この患者に最も適切な対応はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097I045]←[国試_097]→[097I047

099C025」

  [★]

  • 38歳の男性。強い呼吸困難のため救急車で搬入された。同僚によると朝から喉が痛いため、ヨード剤でうがいをし、市販のトローチをなめたところ、15分経過したころから次第に呼吸が苦しくなってきたという。来院時、呼びかけに応答はなく、頚動脈の拍動をわずかに触知する。顔面にはチアノーゼが著明である。
  • まず行う処置はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 099C024]←[国試_099]→[099C026

102A056」

  [★]

  • 23歳の男性。仕事中に突然の胸痛を発症し、次第に呼吸困難を生じたため搬入された。不隠状態である。呼吸数36/分。脈拍112/分、整。血圧94/60mmHg。胸部エックス線写真を以下に示す。
  • まず行うのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 102A055]←[国試_102]→[102A057

091D025」

  [★]

  • 5歳の男児。5日前から時々腹痛を訴えていた。食欲はなく元気もなかった。
  • 昨夜から38℃の発熱が続き、今朝、激しい腹痛を訴え頻回に嘔吐したので救急車で来院した。体温38.5℃、呼吸数50/分。脈拍120/分、整。腹部に筋性防御を認める。赤沈40mm/1時間、赤血球380万、Hb10.8g/dl、白血球18,000(桿状核好中球25%、分葉核好中球55%、リンパ球20%)、CRP11.2mg/dl
  • 直ちに行うべき処置はどれか?

白血球#基準値

108F008」

  [★]

  • 日本蘇生協議会ガイドライン 2010に基づいて、自動体外式除細動器AED〉によるショック実施後に直ちに行うべきことはどれか。
  • a 胸骨圧迫を行う。
  • b 頸動脈を触知する。
  • c 呼びかけて意識の確認を行う。
  • d 安全のために AEDの電源を切る。
  • e 呼気吹き込みによる人工呼吸を行う。


[正答]


※国試ナビ4※ 108F007]←[国試_108]→[108F009

102G040」

  [★]

  • 自発呼吸を残さない人工呼吸はどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 102G039]←[国試_102]→[102G041

106C013」

  [★]

  • 院内感染のリスクとなりにくいのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106C012]←[国試_106]→[106C014

101B116」

  [★]

  • 脳心肺蘇生の手段でないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 101B115]←[国試_101]→[101B117

097E039」

  [★]

  • 在宅医療で行われないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097E038]←[国試_097]→[097E040

喘息発作」

  [★]

asthmatic attack
喘息の急性増悪 acute exacerbation ofasthma
気管支喘息発作喘息発作重積状態気管支喘息

概念

  • 気管支喘息患者に起こる発作。
  • 症状は咳、喘鳴、呼吸困難であり、病態として気道狭窄と気道の過敏性が存在している。身体所見としてはweezeを聴取し、呼気の延長が見られる。

管理

参考1
治療目標: 呼吸困難の消失、体動、睡眠正常、日常生活正常ピークフ口-(PEF)の正常値(予測値できれば自己最良値70%以上)、,酸素飽和度>90%*、平常服薬・吸入で喘息症状の悪化なし
喘息症状の程度 呼吸困難 動作 治療 自宅治療可/救急/外来入院/ICU** 検査値*
1.軽度 苦しいが横になれる やや困難 ・β2刺激薬吸入、頓用*1
・テオフイリン薬頓用
自宅治療可 PEF 70~80%
2.中等症 苦しくて横になれない ・かなり困難
・かろうじて歩ける
・β2刺激薬ネブライザー吸入反復*2
・β2刺激薬皮下注(ボスミン)*3
・aminophylline点滴*4
・副腎皮質ステロイド薬静注*5
・酸素*6
・抗コリン薬吸入考慮
救急外来
・1時間で症状が改善すれば帰宅治療へ
・4時間で反応不十分/2時間で反応なければ入院し高度喘息症状の治療へ
PEF 50~70%
PaO2 60Torr以上
PaCO2 45Torr以下
SpO2 90%以上..
3.高度 苦しくて動
けない
・歩行不能
・会話困難
・β2刺激薬皮下注(ボスミン)*3
・aminophylline持続点滴*7
・副腎皮質ステロイド薬静注反復*5
・酸素*8
・β2刺激薬ネプライサ吸入反復*2
救急外来
・1時間以内に反応なければ入院治療
・悪化すれば重篤症状の治療へ
PEF 50%以下
PaO2 60丁0rr以下
PaCO2 45Torr以上
SpO2 90%以下.:
4. 重篤症状
(大発作の治療に反応しない
発作・上記治療でも悪化)
(状態)
チアノーゼ
錯乱
意識障害
失禁
・呼吸停吐
・会話不能
・体勤不能
上記治療継続.
・症状、呼吸機能悪化で挿管*9
・酸素吸入にもかかわらずPaO2 50Torr以下および/または意識障害を伴う急激なPaCO2の上昇
人工呼吸*9
気管支洗浄
全身麻酔(isoflurane, sevoflurane, enflurane etc.)を考慮
ただちに入院、ICU** PEF 測定不能
PaO2 60Torr以下
PaCO2 45Torr以上
SpO2 90%以下

参考

  • 1. 呼吸器疾患最新の治療2004-2006 p.261

国試



一次救命処置」

  [★]

basic life support BLS
ALS




手順

  • 2-1. あれば経過観察
  • 2-2. 呼吸がないが、脈拍はあるか?
  • 2-2-1. あれば人工呼吸
  • 2-2-2. なければ3. CPR
  • 3. 呼吸がなければ、心肺蘇生(胸骨圧迫人工呼吸)を行う ・・・ 1人の場合は胸骨圧迫:人工呼吸=30:2 2人の場合は胸骨圧迫:人工呼吸=15:2

乳児の脈触知について

  • 頚部の皮下組織が厚く、頚が短いことから総頚動脈を触知しづらい。このため、上腕動脈で脈を触知するようにする。



在宅人工呼吸療法」

  [★]

home mechanical ventilation HMV
在宅酸素療法 HOT人工呼吸


口うつし法」

  [★]

mouth-to-mouth method
人工呼吸、用手人工呼吸法


器械的人工呼吸」

  [★]

mechanical ventilation
機械的換気



体外式人工呼吸器」

  [★]

extracorporeal mechanical ventilation


非侵襲的人工呼吸」

  [★]

non-invasive artificial respiration


呼吸」

  [★]

respiration, breathing
呼吸数呼吸中枢呼吸パターン



人工」

  [★]

artificial
人為的人工的




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡