100I002

  • 生後20日の新生児。甲状腺機能異常を指摘され来院した。在胎41週、出生体重3,320g、Apgarスコア9点(1分)。母親は生来健康である。生後5日の新生児マススクリーニングで異常を指摘され、生後12日に産科で再検査を受けた。TSH 12.0μl(基準0.2~4.0)、FT4 1.5ng/dl(基準0.8~2.2)であったため小児科を紹介された。臍ヘルニアは認めず、便秘もない。四肢の運動は活発である。
  • まず行うのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 100I001]←[国試_100]→[100I003



★リンクテーブル★
国試過去問100I003」「100I001

100I003」

  [★]

  • 72歳の女性。2年前にAlzheimer病を発症し通院中である。最近症状が進行してきたので、夫が今後の対応を相談するため来院した。自宅で夫と二人で暮らしており、患者の介護や家事一切は夫がしている。最近、物忘れがますますひどくなってきている。特に夜間に徘徊や幻覚による興奮がみられるようになり、目が離せなくなった。夫は疲労しているが、今後も妻と同居することを願っている。
  • この夫に対するアドバイスで適切なのはどれか。
  • a. ショートステイを利用する。
  • b. 就寝時に妻に睡眠薬を内服させる。
  • c. 妻の衣服の表に名前と連絡先を書く。
  • d. 夜は電気をすべて消して部屋を暗くする。
  • e. 寝室を別にして妻の部屋を施錠する。

[正答]


※国試ナビ4※ 100I002]←[国試_100]→[100I004

100I001」

  [★]

  • 66歳の男性。路上生活者。1か月前から微熱を自覚している。近くの教会でおにぎりと味噌汁との支給があるために行ったところ、保健師から医療機関の受診を勧められ、ボランティアに付き添われて来院した。8年前に失業し、3年前から路上生活者となった。空き缶の回収等で小銭を稼いで生活をしており、路上生活の仲間と毎晩酒を飲む。意識は清明。体温37.2℃。脈拍84/分、整。血圧142/88mmHg。眼瞼結膜に軽度貧血を認める。心音と呼吸音とに異常を認めない。
  • 対応として適切なのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 100H040]←[国試_100]→[100I002