100F051

  • 68歳の男性。3か月前からの咳嗽を主訴に来院した。最近、喀痰に鮮血が混じることがある。喫煙40本/日を45年間。身長160cm、体重52kg。脈拍80/分、整。血圧128/72mmHg。血液所見:赤血球350万、Hb11.0g/dl、Ht33%、血小板32万。血清生化学所見:総蛋白6.2g/dl、アルブミン3.8g/dl、尿素窒素16mg/dl、クレアチニン0.9mg/dl、Na 124mEq/l、K4.0mEq/l、Cl 88mEq/l、Ca 8.4mg/dl、TSH0.6μU/ml(基準0.2~4.0)、コルチゾール8.7μg/dl(基準5.2~12.6)。胸部エックス線写真で右上肺野に腫瘤陰影を認める。
  • この患者で高値が予想されるのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 100F050]←[国試_100]→[100F052



★リンクテーブル★
国試過去問100F052」「100F050

100F052」

  [★]

  • 28歳の女性。2週前からの動悸を主訴に来院した。階段昇降時に息切れがする。体温37.3℃。脈拍120/分、整。血圧158/60mmHg。頸部に弾性硬のぴまん性甲状腺腫を認める。甲状腺に圧痛はない。心雑音はない。血液所見:赤沈15mm/1時間、赤血球420万、Hb13.0g/dl、Ht42%、白血球6,000。血清生化学所見:TSH0.1μU/ml未満(基準0.2~4.0)、T3 320ng/dl(基準80~220)、FT4 4.6ng/dl(基準0.8~2.2)。99mTCO4- 甲状腺シンチグラムを以下に示す。
  • 治療薬として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 100F051]←[国試_100]→[100F053

100F050」

  [★]

  • 65歳の男性。筋力低下を主訴に来院した。1年前から上肢の筋がやせて筋力が低下してきた。5か月前から歩行に際して疲労が目立つようになり、階段を昇るのが困難となった。2か月前から言語が不明瞭になった。意識は清明。身長170cm、体重53㎏。呼吸数26/分、整。舌の萎縮を認める。四肢に筋萎縮と中等度の筋力低下とを認める。上下肢ともに深部腱反射は亢進し、Babinski徴候は両側で陽性である。感覚は正常である。排尿障害はない。
  • 病変部位として考えられるのはどれか。2つ選べ。

[正答]


※国試ナビ4※ 100F049]←[国試_100]→[100F051