100A043

  • 61歳の女性。3か月前から乳房緊満感を認め、1か月前から少量の性器出血が持続するため来院した。閉経51歳。膣分泌物は白色、中等量で、子宮膣部に異常を認めない。子宮はやや大きく、左付属器部に手拳大の軟らかい腫瘤を触知する。
  • 子宮頸部細胞診クラスI、子宮内膜細胞診陰性。血液所見に異常を認めない。血清生化学所見:FSH15mIU/ml(基準 閉経後30以上)、エストラジオール84pg/ml(基準閉経後20以下)。免疫学所見:CEA1.5ng/ml(基準5以下)、CA19-9 14U/ml(基準37以下)、CA125 38U/ml(基準35以下)。
  • 経膣超音波検査で左付属器腫瘤は大部分充実性で内部に大小の嚢胞を多数認める。骨盤部単純MRIのT1強調像とT2強調像とを以下に示す。
  • 最も考えられるのはどれか。




[正答]


※国試ナビ4※ 100A042]←[国試_100]→[100A044



★リンクテーブル★
国試過去問100A044」「100A042
リンク元顆粒膜細胞腫

100A044」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 100A043]←[国試_100]→[100A045

100A042」

  [★]

  • 65歳の男性。凝血塊を伴う血尿を主訴に来院した。膀胱内視鏡写真を以下に示す。
  • この疾患について正しいのはどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 100A041]←[国試_100]→[100A043

顆粒膜細胞腫」

  [★]

granulosa cell tumor
卵巣腫瘍性索間質性腫瘍


概念

  • エストロゲンを産生 → 不正性器出血

病理

  • H-E染色:コーヒー豆様の核をもつ細胞の小濾胞状配列、Call-Exner小体

検査

  • 画像検査
  • MRI
  • T1:高信号(充実性腫瘍)
  • T2:高信号(充実性腫瘍)

国試