左胃静脈下大静脈吻合術


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • A case report of early primary biliary cirrhosis with bleeding esophageal varices.
  • 吉田 隆典,御手洗 義信,板東 登志雄,衛藤 薫,金 良一,北野 正剛,小林 迪夫
  • 日本消化器病学会雑誌 90(12), 3057-3062, 1993
  • NAID 130001070100
  • P7-6 左胃静脈下大静脈吻合術後における難治例の病態とその対策(<特集>第40回日本消化器外科学会総会)
  • 吉田 隆典,御手洗 義信,板東 登志雄,小林 迪夫
  • 日本消化器外科学会雑誌 25(6), 1492, 1992-06-01
  • NAID 110001325729

★リンクテーブル★
国試過去問096C012
関連記事下大静脈」「吻合」「静脈」「左胃静脈」「大静脈

096C012」

  [★]

  • 次の文を読み、10~12の問いに答えよ。
  • 52歳の女性。黄疸を主訴に来院した。
  • 現病歴 : 15年前に健康診断で肝機能の異常を指摘された。7年前から全身の掻痒感が出現し、2年前から黄疸が出現した。1年前には吐血があり、食道静脈瘤に対して硬化療法を受けた。最近になり黄疸が増強したため、紹介され入院した。
  • 既往歴・家族歴 : 特記すべきことはない。
  • 現症 : 身長150cm、体重52kg。脈拍64/分、整。血圧108/58mmHg。皮膚と眼球結膜とに黄疸を認める。腹水と下腿前面の浮腫とを認める。
  • 検査所見 : 尿所見:.蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球369万、Hb11.8g/dl、Ht36%、白血球3,800、血小板8万、プロトロンビン時間(PT)35%(基準80~120)。血清生化学所見:総蛋白7.2g/dl、アルブミン2.8g/dl、IgA630mg/dl(基準110~410)、IgG3,178 mg/dl (基準960~1,960)、IgM 641mg/dl (基準65~350)、クレアチニン0.6mg/dl、総ビリルビン20.7mg/dl、直接ビリルビン18.5mg/dl、AST(GOT)123単位(基準40以下)、ALT(GPT)75単位(基準35以下)、アルカリホスファターゼ512単位(基準260以下)、γ-GTP112単位(基準8~50)、コリンエステラーゼ106単位(基準400~800)、Na135mEq/l、K4.1mEq/l、Cl100mEq/l。免疫学所見:HIV抗体陰性、HBs抗原・抗体陰性、HCV抗体陰性、抗ミトコンドリア抗体陽性、AFP2ng/ml(基準20以下)。
  • この患者に適切な外科的治療はどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 096C011]←[国試_096]→[096C013

下大静脈」

  [★]

inferior vena cava (Z), IVC
vena cava inferior


走行

枝 (KL.409)

  1. 腰静脈
  2. 精巣静脈・卵巣静脈
  3. 腎静脈
  4. 肝静脈
  5. 下横隔静脈

臨床関連

  • エコーによる下大静脈の拡大 → 静脈血のうっ滞
参考1
右房圧 下大静脈径 呼吸性変動
5mmHg ≦18mm あり
10mmHg ≧18mm あり
15mmHg なし

参考

  • 1.
[display]http://www.us-kensahou-seminar.net/muse4/ch2/sub5/index.html



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.

吻合」

  [★]

anastomosis
網目構造吻合部
  • 異なった管腔、臓器、あるいは神経が人為的・病的につながった状態。

静脈」

  [★]

vein (Z)
vena


  • 毛細血管から発生した静脈血を心臓に送るために使われる血管。

左胃静脈」

  [★]

left gastric vein
  • 変異多い

終末

  • 頻度順
  1. 門脈
  2. 脾静脈

走行

大静脈」

  [★]

vena cava
静脈



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.