プロスタグランディン

プロスタグランジン


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/05/19 02:36:16」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • 臨床経験 腰下肢痛に対するプロスタグランディンI2製剤のQuality of Life改善効果
  • 動脈管依存性先天性心疾患に対するプロスタグランディンE_1 αCDの使用実態調査
  • 渡辺 健,越後 茂之
  • 日本小児科学会雑誌 115(9), 1432-1439, 2011-09-01
  • NAID 10029704886

Related Links

プロスタグランジン (prostaglandin, PG) は、プロスタン酸骨格をもつ一群の生理活性 物質。アラキドン酸から生合成されるエイコサノイドの 1 つで、様々な強い生理活性を 持つ。プロスタグランジンとトロンボキサンを合わせてプロスタノイドという。
プロスタグランディンは、体の機能をいろいろな場所でコントロールしているホルモン様 物質で、分子構造上、必須脂肪酸に似ており、 ... オメガ-3から造られるプロスタ グランディンとオメガ-6から造られるものは別の系統のプロスタグランディンなので、 原料の ...


Related Pictures

プロスタグランジンについて- プロスタグランディン プロスタグランジンの生合成 - プロスタグランディン  プロスタグランディン および- プロスタグランディン



★リンクテーブル★
国試過去問100C006」「108D037」「107I054」「111I021
拡張検索プロスタグランディンF2α
関連記事タグ」「プロ

100C006」

  [★]

  • 次の文を読み、4~6の問いに答えよ。
  • 32歳の1回経産婦。妊娠30週に少量の性器出血と発熱とを主訴に来院した。
  • 月経歴 : 初経14歳。周期は28日型、整。
  • 妊娠・分娩歴 : 30歳時、妊娠32週で1,800gの男児を早産した。
  • 現病歴 : 6か月前、無月経を主訴に受診し、双胎妊娠と診断された。この時の経膣超音波写真と妊娠22週妊婦健康診査時の経膣超音波検査による子宮頸管写真とを以下に示す。 その後も定期的に妊婦健康診査を受けており、胎児の発育は両児とも順調で、母体の以上を指摘されたこともない。妊娠29週で定期健康診査を受けたが、異常を指摘されなかった。昨夜から軽い不規則な子宮収縮を感じていたが放置していた。
  • 現症:意識は清明。慎重158cm、体重60kg。体温38.1℃。呼吸数16/分。脈拍92/分、整。血圧120/80mmHg。顔貌正常。胸部に異常はない。下腿に浮腫はない。子宮低長30cm。Lepold触診で第1児は頭位、第2児は骨盤位。両児とも胎動は活発である。膣鏡診で少量の出血がみられる。内心で外子宮口は閉鎖している。この時の経膣超音波検査による子宮頸管写真を別にしめす。
  • 検査所見:尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球378万、Hb11.1g/dl、Ht33%、白血球18,000、血小板32万。CRP7.0mg/dl。


  • 投与する薬で適切なのはどれか。2つ選べ。

[正答]


※国試ナビ4※ 100C005]←[国試_100]→[100C007

108D037」

  [★]

  • 22歳の女性。皮疹と発熱とを主訴に来院した。 3日前から、感冒様症状に対して市販の総合感冒薬を内服している。総合感冒薬には非ステロイド性抗炎症薬が含まれることは判明しているが、詳細は不明である。昨日から発熱と皮疹とが出現した。意識は清明。身長 152 cm、体重 48 kg。体温 39.2℃。脈拍 84/分、整。血圧 104/66mmHg。呼吸数 28/分。顔面、四肢および体幹の広範囲の皮膚に紅斑、水疱およびびらんがみられる。水疱とびらんの範囲は体表面積の 50%以上である。眼瞼結膜は発赤、眼球結膜は充血している。口腔粘膜にもびらんがみられる。尿所見:蛋白 (±)、糖 (-)。血液所見:赤血球 360万、 Hb 11.4 g/dl、Ht 38%、白血球 9,800、血小板42万。血液生化学所見:総蛋白 5.8 g/dl、アルブミン 2.8 g/dl、AST 64 IU/l、ALT 78 IU/l、LD 440 IU/l(基準 176~353)、 ALP 250 IU/l(基準 115~359)、 γ -GTP 43 IU/l(基準 8~50)、尿素窒素 28 mg/dl、クレアチニン 0.8 mg/dl。CRP 3.8 mg/dl。両手背と腹部の写真 (別冊 No. 19)を別に示す。
  • まず投与する治療薬として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 108D036]←[国試_108]→[108D038

107I054」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 107I053]←[国試_107]→[107I055

111I021」

  [★]

  • アレルギー性鼻炎における鼻閉の発症に関与するのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 111I020]←[国試_111]→[111I022

プロスタグランディンF2α」

  [★] プロスタグランジンF2α

タグ」

  [★]

標識目印タグをつける

プロ」

  [★]

pro