Apgarスコア

出典: meddic

アプガースコア

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 産業医科大学病院新生児集中治療病棟における重症新生児仮死に対する脳低温療法の検討
  • 荒木 俊介,高橋 大二郎,松井 美優,斉藤 玲子,守田 弘美,石井 雅宏,千手 絢子,森下 高弘,高野 志保,千葉 宙門,森 治郎,久保 和泰,佐藤 弘,川上 章弘,下野 昌幸,白幡 聡,楠原 浩一
  • 産業医科大学雑誌 32(2), 205-211, 2010-06-01
  • … およぼす要因を診療録を用いて後方視的に検討した.退院時の予後は11例(52.4%)が良好,5例(23.8%)が後遺症あり,5例(23.8%)が死亡であった.死亡あるいは後遺症を残した10例は予後良好例と比較して在胎期間が短く,Apgarスコアが低い傾向にあり,血中乳酸値が有意に高値であった.特に,在胎週数34週未満(3例全例),入院時血中乳酸値200mg/dl以上(7例中6例)は予後不良因子と考えられた.また,7/10例が脳室内出血,4例が急性腎不全を合併して …
  • NAID 110007618649
  • 主介護者の年齢別にみた家族の機能の特徴 : 脳卒中発症者の在宅療養について
  • 山田 晧子,川原 礼子
  • 老年看護学 : 日本老年看護学会誌 : journal of Japan Academy of Gerontological Nursing 1(1), 55-62, 1996-11-15
  • … 成人数は,高年群が少なかった.若年群は暮らし向きがよく,発症により家族からの情緒的交流を得て子どもへの教育に反映させていた.中年群は福祉サービスの利用が少なかった.高年群は,家族の絆に関するAPGARスコアが低く,また同居家族以外からのソーシャルサポートも低く,自らの健康障害を抱えていた.以上から,若年群については家族からの情緒的交流と教育的側面への配慮を,中年群には各種福祉サービスへの配慮を …
  • NAID 110007454757

関連リンク

アプガー指数( - しすう、Apgar score)、またはアプガーテスト、アプガースコアとは、 出産直後の新生児の健康状態を表す指数、および判定方法。 1952年に、 アメリカ合衆国医学者ヴァージニア・アプガーが導入した評価方法である。日本では、 昭和30年代 ...
2011年8月21日 ... 読者のみなさんはアプガースコア (Apgar score) とは何かご存じでしょうか?今回は このアプガースコア (Apgar score) について紹介してみることにします。 アプガースコア とは、分娩直後の新生児の状態を評価する方法のひとつです。子宮外 ...

関連画像

by krawelts | 2005-11-13 14:20by krawelts | 2005-11-13 14:25頭部CT :脳溝が不明瞭で、側  APGRA スコア(生産牧場向けうっ血 のための APGAR (獣医師向け


★リンクテーブル★
国試過去問104H033」「104H034」「105I068」「106G051」「102B044」「104I042」「105E041」「106I076」「092E034」「108A044」「104G040」「104D038」「101H034」「107G044」「101H035」「103E013」「098G084」「107G069
リンク元アプガースコア
関連記事コア」「スコア

104H033」

  [★]

  • 次の文を読み、33、34の問いに答えよ。
  • 10か月の男児。体重増加不良を主訴に来院した。
  • 現病歴   1週前に受けた生後10か月の乳幼児健康診査で体重増加不良を指摘され、紹介された。
  • 出生・発育歴   在胎39週、頭位経腟分娩で出生した。出生時の身長49cm、体重2,980g、頭囲34cm。Apgarスコア 7点(1分)。追視 2か月、首のすわり 4か月、寝返り 6か月、お坐り 7か月、つかまり立ち 10か月。新聞紙をつかんで破ろうとし、名前を呼ぶと振り向く。両親以外に抱かれると泣く。1日7回母乳を1回15分ほど哺乳している。離乳食、イモなどを1日1回、こども茶碗に半分程度与えている。体重の推移(別冊No.5)を別図に示す。
  • 既往歴   生後5か月ころから顔面、頚部および腋窩に湿疹を認め、痒みが続いている。
  • 現症    身長73cm(-0.5SD)、体重7.2kg(-2SD)、頭囲 46.5cm。体温 37.2℃。脈拍 96/分、整。顔の表情は豊かで、診察しようとすると泣く。皮膚色は良好であるが、四肢伸側は乾燥し、顔面、頭部および肘膚に湿疹を認める。大泉門は1 x 1cmで平坦である。頚部には小豆大のリンパ節を左右に3個ずつ触知する。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、右肋骨弓下に肝を1 cm触知する。左鼠径部に可動性のある小指頭大、弾性硬の腫瘤を触れ、左陰嚢内は空虚である。膝蓋腱反射アキレス腱反射とに異常を認めない。
  • 検査所見  血液所見: 赤血球 420万、Hb 12.0g/dl、Ht 38%、白血球 10,600、血小板 23万。血液生化学所見: 総蛋白 6.4g/dl、アルブミン 3.4g/dl、尿素窒素 12mg/dl、クレアチニン 0.4mg/dl、総ビリルビン 1.0mg/dl、AST 18IU/l、ALT 12IU/l, ALP 520IU/l(基準780以下)。RAST:卵白 +2、牛乳 +1。


  • この児の体重増加不良の原因として最も考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 104H032]←[国試_104]→[104H034

104H034」

  [★]

  • 次の文を読み、33、34の問いに答えよ。
  • 10か月の男児。体重増加不良を主訴に来院した。
  • 現病歴   1週前に受けた生後10か月の乳幼児健康診査で体重増加不良を指摘され、紹介された。
  • 出生・発育歴   在胎39週、頭位経腟分娩で出生した。出生時の身長49cm、体重2,980g、頭囲34cm。Apgarスコア 7点(1分)。追視 2か月、首のすわり 4か月、寝返り 6か月、お坐り 7か月、つかまり立ち 10か月。新聞紙をつかんで破ろうとし、名前を呼ぶと振り向く。両親以外に抱かれると泣く。1日7回母乳を1回15分ほど哺乳している。離乳食、イモなどを1日1回、こども茶碗に半分程度与えている。体重の推移(別冊No.5)を別図に示す。
  • 既往歴   生後5か月ころから顔面、頚部および腋窩に湿疹を認め、痒みが続いている。
  • 現症    身長73cm(-0.5SD)、体重7.2kg(-2SD)、頭囲 46.5cm。体温 37.2℃。脈拍 96/分、整。顔の表情は豊かで、診察しようとすると泣く。皮膚色は良好であるが、四肢伸側は乾燥し、顔面、頭部および肘膚に湿疹を認める。大泉門は1 x 1cmで平坦である。頚部には小豆大のリンパ節を左右に3個ずつ触知する。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、右肋骨弓下に肝を1 cm触知する。左鼠径部に可動性のある小指頭大、弾性硬の腫瘤を触れ、左陰嚢内は空虚である。膝蓋腱反射アキレス腱反射とに異常を認めない。
  • 検査所見  血液所見: 赤血球 420万、Hb 12.0g/dl、Ht 38%、白血球 10,600、血小板 23万。血液生化学所見: 総蛋白 6.4g/dl、アルブミン 3.4g/dl、尿素窒素 12mg/dl、クレアチニン 0.4mg/dl、総ビリルビン 1.0mg/dl、AST 18IU/l、ALT 12IU/l, ALP 520IU/l(基準780以下)。RAST:卵白 +2、牛乳 +1。


  • この児に合併していると考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 104H033]←[国試_104]→[104H035

105I068」

  [★]

  • 出生直後の新生児。呼吸不全のためNICUに入院となった。母親が妊婦健康診査を受けていなかったため、妊娠経過は不明である。3,026gで出生した。Apgarスコアは3点(1分)、4点(5分)。呼吸数72/分で非常に浅い。心拍数88/分、整。全身にチアノーゼを認める。筋緊張は低下し、自発運動に乏しく、泣き声はほとんど聞き取れない。心音と呼吸音とを右胸部でわずかに聴取する。腹部は陥凹し、肝・脾を触知しない。マスクによる酸素投与が行われたが経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)50%のため、直ちに気管挿菅し、100%酸素で人工換気を行った。気管挿管後、SpOsは70%まで上昇したが、それ以上の改善は認められなかった。気管挿菅後の胸部エックス線写真(別冊No.22)を別に示す。
  • この新生児の呼吸不全の原因はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 105I067]←[国試_105]→[105I069

106G051」

  [★]

  • 7歳の男児。背が低いことを心配した母親に伴われて来院した。幼稚園では他の児に比べて少し背が低い程度であったが、最近、小学校の同級生との身長差が徐々に拡大してきているという。在胎38週、体重2,780g、骨盤位で出生した。母子健康手帳によると、出生時身長49.0cm、 Apgarスコア5点(1分)であった。小学校の成績は普通で、家族歴に特記すべきことはない。意識は清明。活気はある。身長106.3cm(-2.6SD)、体重21.0kg(-0.5SD)。外表奇形や四肢短縮を認めない。血液生化学所見: TSH1.1μU/mL(基準0.44-4.1)、 FT3 3.0pg/mL(基準2.5-4.5)、 FT4 1.2ng/dL(基準0.8-2.2)。手エックス線写真(別冊No. 4)を別に蝣j;->"
  • 現時点の対応で適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 106G050]←[国試_106]→[106G052

102B044」

  [★]

  • 10か月の男児。健康診査のため来院した。在胎39週2日、頭位正常分娩で出生した。身長47.5cm、体重2,800g、Apgarスコア8点(1分)であった。つかまり立ちはするが、這い這いはしない。離乳食は2回で、お粥を子ども茶碗1杯と副食とを食べる。他に母乳を4回飲んでいる。2か月前から人見知りが始まり、両親以外の人が近づくと激しく泣く。毎日夜泣きをする。身長68.2cm、体重8.0kg。顔色は良好。胸部と腹部とに異常を認めない。医師の顔を見て泣く。成長曲線を以下に示す。
  • 親への説明で正しいのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 102B043]←[国試_102]→[102B045

104I042」

  [★]

  • 37歳の5回経産婦。分娩後の大量出血のため搬入された。妊娠37週時に自然破水後陣痛が発来し、自宅近くの診療所で1時間後に体重3,200gの男児を娩出した Apgarスコア 8点(1分)、9点(5分)であった。児娩出直後から中等量の性器出血が始まり、胎盤娩出後プロスタグランディンF2αオキシトシンとが投与されたが出血が持続し外出血の総量が1,500gとなったため、救急車が要請された。脈拍112/分、整。血圧90/46mmHg。血液所見: 赤血球 180万、Hb 5.6g/dl、Ht 17%、白血球 6,000、血小板 6.2万。経腟超音波検査で子宮の形状は正常で内腔に異常を認めないが、Douglas窩に大量の液体貯留像を認める。
  • 対応として適切なのはどれか。3つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 104I041]←[国試_104]→[104I043

105E041」

  [★]

  • 生後2日の新生児。在胎31週、1,650gで出生した。Apgarスコア8点(1分)、9点(5分)。20-25秒間の無呼吸発作が数回みられ、発作時の心拍数は92-100/分であり、チアノーゼを認める。非発作時に明らかな異常を認めない。脳波に異常を認めない。血糖52mg/dl、血清電解質に異常を認めない。
  • 発作の病態として考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105E040]←[国試_105]→[105E042

106I076」

  [★]

  • 生後0日の新生児。在胎32週3日、 2,060gで出生した。 Apgarスコアは7点(1分)、 8点(5分)であった。出生後4時間で無呼吸が出現した。心拍数136/分。呼吸数20/分。 SpO2 97%(roomair)。体動は弱い。看護師によると、間欠的に手足を突っ張るような発作があるという。
  • まず行うべき検査はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106I075]←[国試_106]→[106I077

092E034」

  [★]

  • 出生直後の新生児。41週5日、3,200gで出生した。分娩時間第I期14時間、第II期1時間40分。羊水混濁があり、胎盤は黄染していた。臍帯動脈血pH 7.25。Apgarスコア5点(1分)、7点(5分)。鳴き声が弱く、軽度のチアノーゼを認めた。口腔内を吸引し、酸素を再び投与たところ、チアノーゼは改善し泣き声も強くなった。約10分後、再びチアノーゼと多呼吸とが出現した。、聴診上、心雑音はないが、呼吸音は両側とも減弱している。
  • まず行うべき処置はどれか。

108A044」

  [★]

  • 出生直後の男児。在胎 39週、 2,850 gで出生した。 Apgarスコアは 8点 ( 1分 )、10点 ( 5分 )。出生前の胎児超音波検査で異常を指摘されたことはない。顔貌は正常。尿中に胎便が認められた。会陰部の写真 (別冊 No. 18)を別に示す。
  • まず行うべき治療として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 108A043]←[国試_108]→[108A045

104G040」

  [★]

  • 8か月の乳児。首がすわらないことを主訴に来院した。在胎30週、体重1,200g、Apgarスコア3点(1分)、5点(5分)で出生した。新生児期に無呼吸と哺乳障害とがあった。両下肢は硬く、伸展し内転している。両下肢の腱反射は亢進している。
  • まず行う治療はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 104G039]←[国試_104]→[104G041

104D038」

  [★]

  • 生後7日の新生児。妊娠中羊水過多がみられた。在胎38週、体重3,250gで出生した。Apgarスコア1点(1分)、3点(5分)。出生直後から人工換気を必要としている。筋緊張は著明に低下し、腱反射は軽度減弱している。
  • 考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 104D037]←[国試_104]→[104D039

101H034」

  [★]

  • 生後5日の新生児。在胎39週、体重3,300gで出生した。Apgarスコアは1分8点、5分10点であった。母乳栄養で哺乳は1日7、8回。溢乳がみられるが哺乳力は良好である。排便は黄色泥状便を1日に3、4回認める。体動は活発で啼泣時に口唇のチアノーゼを認める。
  • この児に認められないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 101H033]←[国試_101]→[101H035

107G044」

  [★]

  • 生後1日の新生児。在胎39週、3,010gで出生した。生後5分のApgarスコアは8点であった。糖水を与えた後で少量の嘔吐が2回認められた。生後20時間で排泄された便の写真(別冊No.5)を別に示す。
  • この便から考えられるのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 107G043]←[国試_107]→[107G045

101H035」

  [★]

  • 出生直後の新生児。胎児心拍数陣痛図胎児心拍数90/分となり、在胎35週、緊急帝王切開で出生した。
  • 出生時体重2,100g、1分後の心拍数80/分、啼泣は弱く、浅い呼吸である。
  • 四肢は少し曲げているが、刺激に対して反応せず、全身蒼白である。
  • この児のApgarスコアは何点か。
  • a. 9
  • b. 7
  • c. 5
  • d. 3
  • e. 1
[正答]


※国試ナビ4※ 101H034]←[国試_101]→[101H036

103E013」

  [★]

  • 正しいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103E012]←[国試_103]→[103E014

098G084」

  [★]

  • 体重3,200g、Apgarスコア9点(1分)で出生した生後3日の正常新生児にみられないのはどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 098G083]←[国試_098]→[098G085

107G069」

  [★]

  • Apgarスコアの項目に含まれないのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107G068]←[国試_107]→[107H001

アプガースコア」

  [★]

Apgar score
Apgarスコアアプガール・スコアアプガールスコアアプガーの採点法アプガール評点


項目 評点
0点 1点 2点
appearance 皮膚の色 蒼白(チアノーゼ) 四肢のみチアノーゼ チアノーゼなし
pulse 心拍数 なし 100/分以下 100/分以上
grimace 刺激に反応 なし 顔をしかめる 啼泣する
activity 筋緊張(手足の動き) 四肢まったく弛緩 四肢やや屈曲 運動活発/屈曲
respiration 呼吸 なし 不規則で遅い
弱い啼泣/換気低下
強い啼泣/換気正常

評価

出典不明
  • 7-10点:正常
  • 4-6点:中等度-軽度仮死
  • 0-3点:重症仮死 
G10M.334/参考1
  • 7-10点(4):正常
  • 4-6点(3):軽度新生児仮死/第1度仮死
  • 0-3点(4):重症新生児仮死/第2度仮死
  • 1分値:蘇生方法の目安。臍帯血pHとほぼ相関する。生命予後。
  • 5分値:神経学的予後の目安。しかし個々の事例では予測は難しい。。中枢神経予後。
「4-7点を軽度仮死とする」という文献もあったが・・・

参考

  • 1. C.産科疾患の診断・治療・管理 14.新生児の管理と治療 - 日産婦誌54巻11号
[display]http://www.jsog.or.jp/PDF/54/5411-517.pdf


コア」

  [★]

core
核心母核ヌクレオカプシド

スコア」

  [★]

score
スコア化点数化




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1PVC波形板 82
2多毛 54
3content 37
4日常生活自立度 32
5日本多毛 23
6開散麻痺 17
7cepharexin antibiotic 17
8中隔子宮 17
9てんかん(パーソナリティ変化) 17
10ずり足 16
11ジセチアミン フルスルチアミン 16
12左室流失路狭窄症 16
13中心脳性てんかん 症状 15
140 HTTP/1.1 14
15大腿骨骨折 12
16津守式発達検査 内容 12
17難病 一覧 10
18深部脳波 9
19日本多毛视频 9
20スクシニル 9

昨日の人気記事
 タイトル表示
1多毛 16
2ジフェニルピラリン塩酸塩 8
3S. Ahmed,M. Dhar G. Mittal, N. K. Bhat N. Shirazi V. Kalra H. C. Sati V. Gupta A comparative hospital-based observational study of mono- and co-infections of malaria, dengue virus and scrub typhus causing acute undifferentiated fever European Journal of Clinical Microbiology & Infectious DiseasesApril 2016, Volume 35, Issue 4, pp 705–71 6
4肺血管抵抗 単位 6
5ゴーシェ細胞 6
6content 6
7アシュネル試験 6
8セルロースアセテート ニプロ 5
9日本多毛 5
10日常生活自立度 4
11腎杯拡張とは 4
12ソルメルコート 4
13多形癌とは 4
14段階別看護ケア 4
15無核卵子 4
16spike状の発熱 4
17牙龈图片 4
18菌体抗原 4
19じょうしょうのうどうみゃく 3
20陳旧性肺結核とは 3