100F002

  • 在胎28週の胎児。1絨毛膜2羊膜性双胎と診断されている。妊娠初期には2児の大きさにほとんど差を認めなかったが、次第に差を認めるようになり、大きい方の児に羊水過多胎児水腫とを認めるようになった。
  • 異常があると考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 100F001]←[国試_100]→[100F003



★リンクテーブル★
国試過去問100F001」「100F003

100F001」

  [★]

  • 28歳の女性。妊娠30週から切迫早産で入院し安静臥床を続けていた。5日前に妊娠36週で胎児に遷延一過性徐脈が出現し、緊急帝王切開術を受けた。早朝から左下肢に浮腫が出現し、痛みと灼熱感とを訴えている。悪露は正常、内診で子宮は超手拳大である。腹壁切開創に異常はない。適切なのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 100E050]←[国試_100]→[100F002

100F003」

  [★]

  • 出生直後の新生児。体重2,700g。Apgarスコアは1分後6点。呼吸数40/分。心拍数132/分、整。全身にチアノーゼを認める。外表奇形を認めない。直ちに100%酸素の投与を開始したが全身のチアノーゼは改善しない。胸部エックス線写真で肺野に異常を認めない。次に行う検査はどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 100F002]←[国試_100]→[100F004