098F007

  • 56歳の女性。「天罰を受けたので死ぬこともできない。」と訴えるために夫に連れられて来院した。婚家は裕福であったが、姑と長年の確執があり苦労した。半年前にその姑が急死し、その後始末が一段落した3か月前から昼も夜も落ち着かず、体のさまざまな不調を訴えるようになった。治療を勧めても貧乏だからできないと拒否する。体重は3か月で4kg減少した。身体所見に異常を認めない。
  • この思者でみられない症候はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 098F006]←[国試_098]→[098F008



★リンクテーブル★
国試過去問098F006」「098F008

098F006」

  [★]

  • 73歳の男性。咳嗽血痰とを主訴に来院した。
  • この2か月で症状は次第に増強した。
  • 来院時:呼吸数19/分。脈拍108/分、整。血圧112/76 mmHg。喀痰検査で肺癌の診断が得られた。
  • この患者の胸部造影CTを以下に示す。
  • この患者にみられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 098F005]←[国試_098]→[098F007

098F008」

  [★]

  • 60歳の男性。全身の掻痒感を主訴に来院した。手掌と腹部との写真を以下に示す。
  • まず検査すべき臓器はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 098F007]←[国試_098]→[098F009