098D031

  • 68歳の女性。腹部膨満と軽度の腹痛とを主訴に来院した。
  • 2日前から排便がなく、排ガスもほとんどない。20歳代に胃切除を受けているが、詳細は不明である。
  • 腹部造影CTを以下に示す。
  • 最も考えられるのはどれか。




[正答]


※国試ナビ4※ 098D030]←[国試_098]→[098D032



★リンクテーブル★
国試過去問098D032」「098D030

098D032」

  [★]

  • 52歳の女性。労作時息切れのため来院した。
  • 1か月前から息切れを自覚し、最近では駅の階段を昇るのが困難になった。48歳から糖尿病でインスリン治療を受けている。
  • 意識は清明。体温36.2℃。脈拍104/分、整。眼瞼結膜は蒼白で眼球結膜に黄染は認めない。下腿に浮腫を認める。血液所見:赤血球230万、Hb7.1g/dl、Ht22%、網赤血球1‰、白血球4,000、血小板17万。
  • 血清生化学所見:総ビリルビン0.8mg/dl、LDH350単位(基準176~353)、Fe180μg/dl(基準80~160)、フェリチン220 ng/ml(基準20~120)。
  • 骨髄血塗抹May-Giemsa染色標本を以下に示す。
  • この患者の治療として最も適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 098D031]←[国試_098]→[098D033

098D030」

  [★]

  • 74歳の女性。胸やけを主訴に来院した。
  • 10年前から前屈あるいは高脂防食摂取で増悪する胸やけの症状があり、制酸薬と酸分泌抑制薬との処方を受けていた。服薬による改善と中断による再燃とを繰り返してきた。
  • 食道造影写真を以下に示す。
  • 考えられるのはどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 098D029]←[国試_098]→[098D031