095F036

  • 次の文を読み、35、36の問いに答えよ。
  • 60歳の女性。発熱と腹痛とを主訴に午前1時に救急車で来院した。
  • 現病歴 : 50歳ころから血圧が高いと言われたが、多忙のためにきちんとした管理をしてこなかった。また数年前から脂っこい食事を食べた後、心窩部から右季肋部にかけての重苦しさを自覚し、市販薬を時々服用していた。数日来右季肋部にいつもより強い間欠的な痛み、背部痛および嘔気を自覚するようになった。昨夕からしぼられるような痛みとなり、ガクガク震えた後40℃まで発熱した。
  • 既往歴 : 特記すべきことはない。
  • 家族歴 : 特記すべきことはない。
  • 現 症 : 小柄で肥満の傾向。意識は清明。体温39.6℃。脈拍104/分、整。血圧116/88mmHg


  • 誤っている対応はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 095F035]←[国試_095]→[095F037



★リンクテーブル★
国試過去問095F037」「095F035

095F037」

  [★]

  • 次の文を読み、37、38の問に答えよ。
  • 45歳の男性。今朝起床時に右上腹部の激痛が突然出現したため救急車で来院した。
  • 現病歴 :約1か月前から空腹時に右上腹部痛を時々自覚するようになったが放置していた。
  • 既往歴 :1年前に十二指腸潰瘍で薬物療法を受けた。
  • 嗜好 :喫煙歴は20本/日を20年間。飲酒歴はビール1本/日を20年間。
  • 現症 :身長170cm、体重60kg。体温38.5℃。脈拍180/分、整。血圧120/80mmHg
  • 検査所見 : 血液所見:赤血球380万、Hb 11.0 g/dl、白血球11,000、血小板38万。血清生化学所見:総蛋白6.8 g/dl、アルブミン3.8 g/dl、尿素窒素38mg/dl、クレアチニン1.3mg/dl、GOT40単位(基準40以下)、GPT45単位(基準35以下)、アミラーゼ150単位(基準37~160)。CRP 3.0mg/dl(基準0.3以下)。来院時の胸部エックス線写真を以下に示す。


  • この患者の腹部身体所見でみられないのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 095F036]←[国試_095]→[095F038

095F035」

  [★]

  • 次の文を読み、35、36の問いに答えよ。
  • 60歳の女性。発熱と腹痛とを主訴に午前1時に救急車で来院した。
  • 現病歴 : 50歳ころから血圧が高いと言われたが、多忙のためにきちんとした管理をしてこなかった。また数年前から脂っこい食事を食べた後、心窩部から右季肋部にかけての重苦しさを自覚し、市販薬を時々服用していた。数日来右季肋部にいつもより強い間欠的な痛み、背部痛および嘔気を自覚するようになった。昨夕からしぼられるような痛みとなり、ガクガク震えた後40℃まで発熱した。
  • 既往歴 : 特記すべきことはない。
  • 家族歴 : 特記すべきことはない。
  • 現 症 : 小柄で肥満の傾向。意識は清明。体温39.6℃。脈拍104/分、整。血圧116/88mmHg
  • この患者で予測される身体所見はどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 095F034]←[国試_095]→[095F036