095C038

  • 40歳の男性。健康診断で緑内障を疑われて来院した。眼精疲労以外の自覚症状はない。視力は右1.2(矯正不能)、左1.5(矯正不能)。検査法の写真①~⑤を以下に示す。この患者に必要な検査はどれか。


  • (1) ①
  • (2) ②
  • (3) ③
  • (4) ④
  • (5) ⑤


  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)


[正答]


※国試ナビ4※ 095C037]←[国試_095]→[095C039



★リンクテーブル★
国試過去問095C039」「095C037

095C039」

  [★]

  • 50歳の男性。1か月前から特に誘因なく食思不振腹部膨満感とが出現し、次第に増強するため来院した。 20歳のときに交通事故で受傷し輸血を受けた。7年前から慢性肝疾患で不定期に通院していた。意識は清明。腹壁静脈怒張し、腹部に波動を認める。両側下腿に浮腫を認める。血液所見:赤血球380万、Hb 11.5g/dl、Ht38%、白血球4,200、血小板6万。血清生化学所見:総蛋白5.9 g/dl、アルブミン2.3 g/dl、総ビリルビン2.0mg/dl、GOT72単位(基準40以下)、GPT48単位(基準35以下)、アンモニア40μg/dl(基準18~48)。ICG試験(15分値)45%(基準10以下)。試験穿刺で得た腹水は淡黄色で、Rivalta反応陰性であった。適切な処置はどれか。
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)

[正答]


※国試ナビ4※ 095C038]←[国試_095]→[095C040

095C037」

  [★]

  • 34歳の女性。右殿部から股関節にかけての疼痛を主訴に来院した。4年前に全身性エリテマトーデスを発症し、現在も副腎皮質ステロイド薬による治療を受けている。両股関節の単純エックス線写真では異常を認めない。股関節病変の診断に最も有用な検査はどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 095C036]←[国試_095]→[095C038