心窩部不快感

epigastric discomfort
上腹部不快感悪心


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • 胸やけ・心窩部不快感 (日常診療でよくみる症状・病態--診断の指針・治療の指針) -- (消化器系の異常)
  • Russell body gastritis の1例
  • 田畑 信輔,田口 誠一,法木 左近
  • 日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy 52(10), 2927-2932, 2010-10-20
  • … 症例は72歳男性.心窩部不快感にて受診.上部消化管内視鏡検査で胃体部小彎に多発性潰瘍を認め5カ所生検したところ,病理組織,免疫組織化学所見よりRussell body gastritisと診断された.Russell body gastritisは,1998年本邦にて第1例目の報告がなされた慢性胃炎の亜型で,日本を含め世界でも12例の報告しかない稀な胃炎である.今回このRussell body gastritisを経験したので内視鏡像,病理組織像を中心に文献的考察を加え報告 …
  • NAID 10027493246

Related Links

心窩部不快感: 原因49項目, 原因と診断,誤診,症状チェッカー. ... アレルギー、毒物、化学薬品: 心窩部不快感 アレルギー、化学薬品、または毒に関連する症状の原因がものがあります:
腹痛, 心窩部不快感: 原因28項目, 原因と診断,誤診,症状チェッカー. ... その他の症状に関する情報 痛み...痛みには様々なタイプがあり、また多くの部位で生じます。 身体は、どこか異常があると、痛みを使って脳に伝えます。


Related Pictures



★リンクテーブル★
国試過去問108G067」「107A044
リンク元悪心」「上腹部不快感」「epigastric discomfort
関連記事不快」「心窩部」「不快感

108G067」

  [★]

  • 次の文を読み、 67~ 69の問いに答えよ。
  • 62歳の男性。心窩部痛を主訴に来院した。
  • 現病歴: 3か月前から時々心窩部不快感を自覚するようになった。最近、会社の同僚が同じような症状で胃癌の診断を受け手術を行ったため、自分も胃癌ではないかと心配になっていた。食欲低下も出現したため、市販の胃薬を内服したところ心窩部不快感食欲不振とは改善した。その後仕事が忙しく、時々心窩部不快感はあったがそのままにしていた。 1週前に腰部を打撲し、自宅近くの診療所で治療を受け 2日後には軽快した。 3日前から心窩部痛が持続するようになり、夜間就寝中にも痛みで覚醒するようになった。テレビで胃癌の原因が Helicobacterpyloriの感染であることを聞いて心配になり、上部消化管内視鏡検査を希望し受診した。
  • 既往歴:特記すべきことはない。
  • 生活歴:喫煙歴はない。飲酒は機会飲酒。
  • 現症:意識は清明。体温 36.7℃。脈拍 76/分、整。血圧 128/70 mmHg。呼吸数 16/分。腹部は平坦で、肝・脾を触知しない。心窩部に軽度の圧痛を認めるが、腫瘤は触知しない。直腸指診で異常を認めない。
  • 検査所見:尿所見:蛋白 (-)、糖 (-)、潜血 (-)。血液所見:赤血球 330万、 Hb11.8 g/dl、Ht 32%、白血球 7,200、血小板 24万。心電図と胸部エックス線写真とに異常を認めない。上部消化管内視鏡像 (別冊 No. 9)を別に示す
  • 追加すべき質問はどれか。
  • a 「生魚は食べていませんか」
  • b 「痛み止めは飲んでいませんか」
  • c 「最近海外に行きませんでしたか」
  • d 「最近井戸水を飲んでいませんか」
  • e 「血のつながった家族に大腸癌の方はいませんか」



[正答]


※国試ナビ4※ 108G066]←[国試_108]→[108G068

107A044」

  [★]

  • 24歳の女性。腹痛を主訴に来院した。昨日朝から心窩部不快感悪心とを自覚した。本日朝から右下腹部に痛みが出現し、一度嘔吐した。午後になって歩行時に腹部に響く痛みがあり、前かがみで歩行するようになったため受診した。昨日は排便があったが、本日はない。既往歴と家族歴とに特記すべきことはない。喫煙歴と飲酒歴とはない。最終月経は2週前。体温37.9℃。脈拍84/分。血圧120/80mmHg。身体所見で腹部はやや膨満し、腸雑音は聴取しない。触診で右下腹部は硬く、圧痛と反跳痛とを認める。血液所見:赤血球430万、Hb 12.9g/dl、Ht38%、白血球16,300(桿状核好中球10%、分葉核好中球72%、好酸球1%、単球3%、リンパ球14%)、血小板23万。血液生化学所見:AST 25IU/l、ALT 10IU/l、ALP 250IU/l(基準115~359)、アミラーゼ49IU/l(基準37~160)。CRP 8.9mg/dl。妊娠反応は陰性。腹部超音波検査では、下腹部は消化管ガスのため観察が困難である。腹部単純CT(別冊No.17)を別に示す。
  • 最も考えられる疾患はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 107A043]←[国試_107]→[107A045

悪心」

  [★]

nausea
はきけむかつき レッチング retching吐き気 嘔気 vomiturition心窩部不快感 epigastric discomfort
嘔吐悪心・嘔吐 nausea and vomiting


  • 嘔吐に先立って現れる不快な感じ。

上腹部不快感」

  [★]

epigastric discomfort
心窩部不快感腹部不快感

epigastric discomfort」

  [★] 上腹部不快感心窩部不快感

不快」

  [★]

malaisediscomfortdiscomfortdysphoriaailmentuncomfortableunpleasant
不安不快感病気不快気分精神不安感異常感

心窩部」

  [★]

epigastric
上腹部みぞおち

不快感」

  [★]

unplesantness, discomfort