突発性発疹

出典: meddic

exanthema subitum, ES
突発性発疹症小児バラ疹 roseola infantum [[]]、第六病 sixth disease
ヒトヘルペスウイルス6, ヒトヘルペスウイルス7


病原体

潜伏期間

  • 約2週間(NDE.440)。約10日

疫学

  • 1-2歳まででほとんどが感染
  • 症例の90%が1歳以下で発症

感染経路

  • 唾液
  • 成人咽頭由来のウイルス

症状

  • 発熱(38-39℃)
  • 発疹:麻疹様の全身性発疹で癒合せずに色素沈着を残さず2-3日で消退(NDE.440) ← むしろ風疹ぽくない?
  • 軟便~下痢
  • 軽度の咳
  • 少数例で発熱時に熱性痙攣

合併症

  • まれに脳炎、肝障害

経過

  • 全経過は4-6日
  • 発熱(38-39℃)→3-4日持続
  • 解熱後、顔面と体幹に麻疹様発疹を呈する → 2-3日で消退

治療

  • 対症療法

予後

  • 良好


参考

  • 1. [charged] Roseola infantum (exanthem subitum) - uptodate [1]
  • 2. 症状 - 写真
[display]http://www.nct9.ne.jp/kodomo-c/newpage48.htm


国試


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/11/20 13:53:12」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 抗カルジオリピンIgG 抗体の誘導はヒトヘルペスウイルス6 型の初感染に関連する
  • TOYOSHIMA Mitsuo,OKUNO Toshiomi,MAEGAKI Yoshihiro,YONEE Chihiro,MARUYAMA Shinsuke,NEROME Yasuhito,TAKEI Syuji,KAWANO Yoshifumi,豊島 光雄,奥野 壽臣,前垣 義弘,米衛 ちひろ,丸山 慎介,根路銘 安仁,武井 修治,河野 嘉文
  • 鹿児島大学医学雑誌=Medical journal of Kagoshima University 66(1), 5-13, 2014-12-01
  • … 対象は第一の研究とは別の乳幼児であり、発熱やHV-6の初感染(突発性発疹)が疑われた62人(生後7~23か月)とした。 …
  • NAID 120005549924
  • 心身相関の源流にある「疲労」を科学する(2013年,第54回日本心身医学会総会ならびに学術講演会(横浜))
  • 近藤 一博
  • 心身医学 54(9), 828-833, 2014-09-01
  • … 定して予防することが必要となる.われわれはこの目的のために,人の意思では変化しない疲労のバイオマーカーを検索し,唾液中に放出されるヒトヘルペスウイルス(HHV-)6による疲労測定法を開発した.HHV-6は突発性発疹の原因ウイルスで,ほとんどの人の体内でマクロファージと脳内アストロサイトに潜伏感染している.マクロファージで潜伏感染しているHHV-6は,1週間程度の疲労の蓄積に反応して再活性化し,唾液中に放出さ …
  • NAID 110009841116
  • 突発性発疹の減少と高年齢化
  • 鳥越 貞義,渡辺 正博,山田 雅夫
  • 小児感染免疫 25(1), 3-8, 2013-04-01
  • NAID 10031163650
  • プライマリケア・マスターコース 日常診療ケーススタディ その場の1分、その日の5分(CASE 19)突発性発疹で発疹が出てくるのはいつごろか?

関連リンク

gooベビー「突発性発疹 [赤ちゃんの病気対策]」についてのページです。赤ちゃんの月齢 別の情報、子育て・育児の悩み、病気、予防接種、離乳食レシピ等を詳細にご紹介し ています。特集コラムや掲示板も充実しています。
突発性発疹(とっぱつせいほっしん)は、ヒトヘルペスウイルス6型(HHV-6)初感染による 感染症。一部、ヒトヘルペスウイルス7型(HHV-7)によるものも存在する。 「突発疹」「 突発性発疹症」とも。俗に「知恵熱」と呼ばれる。

関連画像

突発性発疹潜伏期間・二次感染 突発性発疹-写真3そして発疹が出てからの方が 突発性発疹-写真5突発性発疹-写真4突発性発疹-写真1 からだの 突発性発疹-写真2突発性発疹-写真6


★リンクテーブル★
先読みヒトヘルペスウイルス7
国試過去問105B055」「105B054」「105B053」「105D043」「105I054」「106B040」「100F058」「100D013」「095G011」「100I037」「098H070」「100G083」「104A008」「106A004」「111D010」「104I033」「109B007」「109F013」「101B098」「085A038
リンク元麻疹」「ヘルペスウイルス科」「ヒトヘルペスウイルス」「発疹性疾患」「ES
関連記事発疹」「突発」「突発性

ヒトヘルペスウイルス7」

  [★]

human herpesvirus 7, HHV-7
7型ヒトヘルペスウイルスヒトヘルペスウイルス7型
ウイルス



105B055」

  [★]

  • 次の文を読み、53-55の問いに答えよ。
  • 1歳6か月の男児。1歳6か月児健康診査のため来院した。
  • 出生・発育歴   在胎38週、頭位分娩にて出生した。出生時の身長48.0cm、体重2,750g、頭囲33cm。 Apgarスコア8点(1分)。頚定4か月、お坐り8か月、つたい歩き1歳、歩行1歳2か月。喃語は発するが、有意語はない。軟飯90gと歯茎で噛める固さの副菜とを1日3回、卵は全卵を1日1個、牛乳を1日1,000ml与えている。調理用油脂類と砂糖をそれぞれ1日12g使用している。
  • 既往歴   8か月時に突発性発疹。 1歳2か月時に熱性けいれん
  • 家族歴   特記すべきことはない。
  • 現 症  意識は清明。身長80.0cm、体重14.0kg、頭囲53cm、胸囲47cm、Kaup指数21.8。大泉門は閉鎖している。眼瞼結膜に貧血を認めない。眼球結膜に黄染を認めない。頭部に小豆大のリンパ節を右に4個触知する。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、右肋骨弓下に肝を1.5cm触知する。筋緊張は正常で、腱反射の亢進を認めない。
  • この児に対する栄養指導として適切なのはどれか。
  • a 軟飯をにする。
  • b 牛乳の量を減らす。
  • c 卵は卵黄のみとする。
  • d 調理用油脂類の量を増やす。
  • e 副菜は舌でつぶせる固さにする。


[正答]


※国試ナビ4※ 105B054]←[国試_105]→[105B056

105B054」

  [★]

  • 次の文を読み、53-55の問いに答えよ。
  • 1歳6か月の男児。1歳6か月児健康診査のため来院した。
  • 出生・発育歴   在胎38週、頭位分娩にて出生した。出生時の身長48.0cm、体重2,750g、頭囲33cm。 Apgarスコア8点(1分)。頚定4か月、お坐り8か月、つたい歩き1歳、歩行1歳2か月。喃語は発するが、有意語はない。軟飯90gと歯茎で噛める固さの副菜とを1日3回、卵は全卵を1日1個、牛乳を1日1,000ml与えている。調理用油脂類と砂糖をそれぞれ1日12g使用している。
  • 既往歴   8か月時に突発性発疹。 1歳2か月時に熱性けいれん
  • 家族歴   特記すべきことはない。
  • 現 症  意識は清明。身長80.0cm、体重14.0kg、頭囲53cm、胸囲47cm、Kaup指数21.8。大泉門は閉鎖している。眼瞼結膜に貧血を認めない。眼球結膜に黄染を認めない。頭部に小豆大のリンパ節を右に4個触知する。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、右肋骨弓下に肝を1.5cm触知する。筋緊張は正常で、腱反射の亢進を認めない。
  • この児の発達を評価するのに適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105B053]←[国試_105]→[105B055

105B053」

  [★]

  • 次の文を読み、53-55の問いに答えよ。
  • 1歳6か月の男児。1歳6か月児健康診査のため来院した。
  • 出生・発育歴   在胎38週、頭位分娩にて出生した。出生時の身長48.0cm、体重2,750g、頭囲33cm。 Apgarスコア8点(1分)。頚定4か月、お坐り8か月、つたい歩き1歳、歩行1歳2か月。喃語は発するが、有意語はない。軟飯90gと歯茎で噛める固さの副菜とを1日3回、卵は全卵を1日1個、牛乳を1日1,000ml与えている。調理用油脂類と砂糖をそれぞれ1日12g使用している。
  • 既往歴   8か月時に突発性発疹。 1歳2か月時に熱性けいれん
  • 家族歴   特記すべきことはない。
  • 現 症  意識は清明。身長80.0cm、体重14.0kg、頭囲53cm、胸囲47cm、Kaup指数21.8。大泉門は閉鎖している。眼瞼結膜に貧血を認めない。眼球結膜に黄染を認めない。頭部に小豆大のリンパ節を右に4個触知する。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、右肋骨弓下に肝を1.5cm触知する。筋緊張は正常で、腱反射の亢進を認めない。
  • この児で異常な所見はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105B052]←[国試_105]→[105B054

105D043」

  [★]

  • 1歳7か月の女児。脾腫の精査を目的に来院した。 1歳6か月児健康診査で脾腫を指摘された。出生後の発育と発達とは正常である。眼球結膜に軽度の黄染を認める。腹部で肝を1cm、脾を4cm触知する。血液所見:赤血球 347万、Hb 8.7g/dl、Ht 27%、白血球 12,100、血小板 36万。血液生化学所見:総蛋白 6.4g/dl、アルブミン 4.2g/dl、総ビリルビン 2.0mg/dl、AST 41IU/l、ALT 23IU/l、ALP 558IU/l(基準361-958)、ハプトグロビン 10mg/dl(基準19-170)。末梢血塗抹May-Giemsa染色標本(別冊No.17)を別に示す。
  • 合併によって原疾患が急激に増悪する可能性があるのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 105D042]←[国試_105]→[105D044

105I054」

  [★]

  • 8か月の乳児高熱を主訴に来院した。2日前から39℃台の発熱鼻汁および軟便を認めている。両親と3歳の兄との4人暮らし。機嫌は比較的良く、食欲は良好である。意識は清明。身長70cm、体重8.2kg。体温38.9℃。呼吸数24/分。心拍数120/分、整。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。咽頭は軽度発赤し、永山斑を認める。
  • この児の家族への説明で適切なのはどれか。


  • a 「熱が下がったときに全身に発疹が出る可能性があります」
  • b 「妊娠している人にお子さんを接触させないでください」
  • c 「お兄ちゃんに感染する可能性が高いです」
  • d 「抗ウイルス薬を服用させてください」
  • e 「入院が必要です」


[正答]


※国試ナビ4※ 105I053]←[国試_105]→[105I055

106B040」

  [★]

  • 1歳の女児。発熱を主訴に来院した。 2日前から咳と鼻汁とがみられ、昨日の夜から発熱を伴ったため受診した。 10か月時に突発性発疹罹患した際、けいれんがみられ、単純型熱性けいれんと診断された。
  • 体温39.0℃。脈拍116/分、整。呼吸数24/分。咽頭著明な発赤を認める。口蓋扁桃は両側とも腫大しており、白苔が付着している。項部硬直を認めない。診察後、ベッドに仰臥していた患児が、突然けいれんし始めた。
  • 対応として誤っているのはどれか。
  • a 患児の四肢の動きを観察する。
  • b けいれんの持続時間を確認する。
  • c 患児の周囲にある物を取り除く。
  • d 患児の口の中に舌圧子を挿入する。
  • e 患児の顔が上を向いた状態を避ける。


[正答]


※国試ナビ4※ 106B039]←[国試_106]→[106B041

100F058」

  [★]

  • 23歳の女性。上口唇の小水疱と痛みとを主訴に来院した。2日前から上口唇部がぴりぴりしていた。今朝起きると小さい水疱が出ていた。3年前から年に1, 2回、上口唇に同様の水疱ができて、7~10日くらいで軽快するエピソードを繰り返していた。上口唇の写真を以下に示す。
  • この病変を起こす病原体の初感染によって生じるのはどれか。2つ選べ。


[正答]
※国試ナビ4※ 100F057]←[国試_100]→[100F059

100D013」

  [★]

  • 5歳の男児。発熱を主訴に来院した。3日前から38.5℃の発熱、咳、鼻汁、結膜充血および眼脂が出現した。初診時に口腔粘膜発疹がみられた。受診後いったん解熱傾向がみられたが、翌日から高熱が再び出現し、さらに全身に皮疹が出現した。口腔粘膜の写真と体幹の写真とを以下に示す。
  • 最も考えられるのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 100D012]←[国試_100]→[100D014

095G011」

  [★]

  • 1歳の男児。不機嫌と食欲不振とを主訴に来院した。昨夜から突然39℃台の発熱をきたしている。突発性発疹は罹患済みである。軟口蓋に紅彙を伴った小水疱を認めるが、口腔前方部と歯肉部とには認めない。
  • この疾患について正しいのはどれか。
  • a. 夏季に多い。
  • b. 潜伏期は10~14日である。
  • c. 四肢末端に発疹を伴う。
  • d. 症状は10~14日続く。
  • e. 抗ウイルス薬を投与する。
[正答]


※国試ナビ4※ 095G010]←[国試_095]→[095G012

100I037」

  [★]

  • 6歳の女児。昨日から微熱、咳嗽および鼻汁がみられ、ほぼ同時に全身に発疹が出現したため来院した。体温37.8℃。脈拍84/分。結膜はやや充血し、咽頭は軽度発赤している。発疹は粟粒大点状丘疹で顔面、頸部および胸腹部にみられる。耳後部に圧痛のあるリンパ節腫脹を認める。
  • 考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100I036]←[国試_100]→[100I038

098H070」

  [★]

  • 疾患と病原体の組合せで正しいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098H069]←[国試_098]→[098H071

100G083」

  [★]

  • 紅斑について正しいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100G082]←[国試_100]→[100G084

104A008」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 104A007]←[国試_104]→[104A009

106A004」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 106A003]←[国試_106]→[106A005

111D010」

  [★]

  • 感染症法に基づき、すべての医師がすべての患者の発生について届出を行うのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 111D009]←[国試_111]→[111D011

104I033」

  [★]

  • 中耳炎を起こすのはどれか。3つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 104I032]←[国試_104]→[104I034

109B007」

  [★]

  • 我が国の感染症対策において発生数の全数把握を行っているのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 109B006]←[国試_109]→[109B008

109F013」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 109F012]←[国試_109]→[109F014

101B098」

  [★]

  • 抗菌薬が有効なのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 101B097]←[国試_101]→[101B099

085A038」

  [★]

  • 1歳6ヶ月の幼児。顔面と躯幹とを中心に紅斑状丘疹が多数みられ、健康皮膚面も残されている。考えられる疾患はどれか。
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)

麻疹」

  [★]

ましん
measles, rubeola
はしか麻しん
麻疹ウイルス感染症法ワクチン学校伝染病

特徴

病原体

疫学

  • 1-5歳に好発
  • 6ヶ月までは母体からの移行抗体により発症しない

感染経路

  • 空気感染
  • 上気道粘膜に進入・増殖 → 所属リンパ節で増殖 → ウイルス血症 → 全身諸臓器で増殖
  • リンパ節腫脹は伴わない

潜伏期

  • 10-12日

経過、症状

NDE.437
  • 1. カタル期:1-5病日:発熱、くしゃみ、鼻水、目脂。コプリック斑
  • 白血球が劇的に低下し、2000-3000まで落ち込むことがある。
  • カタル期終わりの1-2病日に解熱してコプリック斑が発生
  • カタル期の鼻汁、唾液、涙液、気道分泌液は感染性有り
  • 2. 発疹期:6-10病日:発熱。発疹は耳後部、頚部から始まり体幹から四肢へ。色素沈着を残す ⇔風疹
  • 発疹は斑状紅色丘疹。融合する (⇔風疹)

細胞性免疫の低下

リンパ球への感染→細胞性免疫が低下
結核に罹患している場合、粟粒結核に進展することがある

合併症

晩期合併症

  • M蛋白の欠損した麻疹ウイルスによる、らしい
  • 麻疹に感染し、小児期に知能低下ミオクローヌスなどを、初発症状として発症し、意識障害をきたし致命的となる。

妊娠

  • 胎児への影響は報告されていない

検査

  • 画像検査
  • 胸部単純X線写真:間質性肺炎像

鑑別疾患

治療

  • 対症療法
  • 合併症の治療:肺炎、中耳炎などの細菌性二次感染が多く、予防のために抗菌薬投与が行われる

学校伝染病

  • 学校保健安全法では、解熱後3日経過するまで出席停止(NDE.438)
  • 出席停止の解除は、主要症状が消退したあと7日?

予防

  • 麻疹生ワクチン
  • 免疫不全患者にはγグロブリン製剤
  • 免疫があれば重症化しない

予後

  • 2大死因は肺炎と脳炎

参考

uptodate

  • 1. [charged] 麻疹の臨床症状および診断 - uptodate [2]
  • 2. [charged] 麻疹の予防および治療 - uptodate [3]
  • 3. [charged] 麻疹の疫学および伝染 - uptodate [4]





ヘルペスウイルス科」

  [★]

Herpesviridae
疱疹ウイルス
ヘルペスウイルス亜科ウイルス

ヘルペス科に属するウイルスによる感染症 (SMB.526)

ヘルペスウイルス亜科
ヘルペスウイルス亜科
ヘルペスウイルス亜科
ヘルペスウイルス 潜伏部位 初感染における
顕性感染率
主な疾患
α 単純ヘルペスウイルス1型 HSV-1 知覚神経節 口唇ヘルペス口内炎角膜ヘルペスヘルペス脳炎性器ヘルペス新生児ヘルペス
単純ヘルペスウイルス2型 HSV-2 性器ヘルペス新生児ヘルペス、ヘルペス?疽、殿部ヘルペス
水痘・帯状疱疹ウイルス VZV 水痘帯状疱疹ラムゼイ・ハント症候群
β サイトメガロウイルス CMV 顆粒球/マクロファージ前駆細胞 先天性巨細胞封入体症、輸血後CMV単球症、臓器移植後間質性肺炎肝炎
ヒトヘルペスウイルス6型 HHV-6 マクロファージ 突発性発疹脳炎
ヒトヘルペスウイルス7型 HHV-7 唾液腺? 突発性発疹
γ エプスタイン-バーウイルス EBV 骨髄Bリンパ球 伝染性単核症バーキットリンパ腫上咽頭癌日和見リンパ腫
ヒトヘルペスウイルス8型 HHV-8 Bリンパ球 カポジ肉腫キャッスルマン病



ヒトヘルペスウイルス」

  [★]

human herpes virus, HHV
ウイルス



発疹性疾患」

  [★]

発疹

SPE.63

  • 有熱
  • 無熱

 


ES」

  [★]



発疹」

  [★]

eruption, skin rash, lesion
exanthema
皮疹
皮疹
  • 出現時期、消長、同様のエピソードの有無、周囲での流行、接触、旅行歴、遺伝性疾患の有無、基礎疾患、予防接種状況



突発」

  [★]

burstrashburstbreak out
群発破裂バースト発疹起こる突発波気早い


突発性」

  [★]

suddenepisodiccataplecticsubitum
間欠的偶発性急激突然挿話的




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1CATTLE BLEEDING LINE mail9
2OVINE LEG B IN mail5
3BEEF / SILVERSIDE BONELESS mail4
4MONOSODIUM GLUTAMAT mail4
5Norpseudoephedrine mail4
6グリコフォームとは4
7Squilla mantis a species of mantis shrimp mail4
8CATTLE SKIN DEHIDER mail4
9ソーセージ様手指とは4
10SI 血清鉄 3
11+371 copper sulphate .lv mail3
12+多発性単純性腎嚢胞+皮質3
13パリスターキリアン3
14急性出血性白質脳炎3
15疑核3
16トレッドミル運動負荷試験+禁忌3
17Anthranilic acid its esters and its salts (Methaqualone and analogues) mail3
18CATTLE BLEEDING PAN mail3
19CATTLE BLEEDING HOOK mail3
20子宮底高3

昨日の人気記事
 タイトル表示
1トレッドミル運動負荷試験+禁忌3
2apache2スコア+評価表2
3ICG+代謝2
4todd麻痺2
5ハンター舌炎+画像2
6末梢静脈圧 mmHg2
7NYHA2
8パラメトリックマップ2
9子宮内感染症2
10BPRS2
11gottron疹2
12Llyn Aquaculture Ltd mail2
13Banquet Foods mail2
14ガフキー号数2
15びらん性胃炎2
16男性の場合GnRHの役割2
17大顆粒リンパ球2
18アブミ骨反射検査1
19心臓 Brock1
20カントゥ症候群1