強迫性障害

出典: meddic

obsessive compulsive
obsessive-compulsive disorder, OCD
強迫神経症 obsessive-compulsive neurosis
ICD-10
F42
神経症性障害 neurotic disorder
制縛神経症(anankastic neurosis強迫神経症(obsessional neurosis)、強迫性神経症(obsessive-compulsive neurosis)



ICD-10

F42.0

強迫思考あるいは反復思考を主とするもの Predominantly obsessional thoughts or ruminations

F42.1

強迫行為(強迫儀式)を主とするもの Predominantly compulsive acts [obsessional rituals]

F42.2

強迫思考および強迫行為が混合するもの Mixed obsessional thoughts and acts

F42.8

他の強迫性障害 Other obsessive-compulsive disorders

F42.9

強迫性障害,特定不能のもの Obsessive-compulsive disorder, unspecified

疫学

  • 生涯有病率:2-3%
  • 性差:成人- 性差無し。思春期では男性の方が多い。
  • 発症年齢:20歳前後(男性の方が幾分長い)

症状

診断

  • 1. 無意味あるいは不合理な観念が
  • 2. 自分の意志によってではなくひとりでに、あるいは自分の意志に反して出現し
  • 3. その観念を払いのけようとしても払いのけることができず
  • 4. 無理に押さえようとすると強い不快や不安の感情が起こる

治療

国試


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/01/06 17:59:33」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 強迫性障害患者に対する標準化された薬物と認知行動療法の併用療法の有効性について一年後の前方視的検討
  • 15.緊張状態で生じる嚥下困難を捉えられるようになった強迫性障害の一例(一般演題,第47回日本心身医学会近畿地方会演題抄録)
  • 強迫性障害を背景に有する患者における開口障害を伴う咀嚼筋腱・腱膜過形成症の1例
  • 越沼 伸也,西川 正典,山元 貴弘,猪田 浩理,山本 学
  • TMJ : journal of Japanese Society for Temporomandibular Joint = 日本顎関節学会雑誌 23(1), 14-18, 2011-04-20
  • NAID 10028171839

関連リンク

強迫性障害(きょうはくせいしょうがい、英: Obsessive-Compulsive Disorder, OCD)は 、精神疾患のひとつ。従来、強迫神経症と呼ばれていたもの。 アメリカの精神医学会 によって策定されたDSM-IV(『精神失調の診断と統計の手引き』第4版)における精神の ...
イラスト 多くの患者さんが人に言えずに一人で悩み続けることが多い強迫性障害。 実は 、この病気は少しでも早く発見して適切な治療を受けることによって症状の改善が期待 できるのです。 まずは、この教室であなたが自分の中にずっと閉じ込めてきた強迫症状 ...

関連画像

 のが止められない―強迫性障害5.強迫性障害の発症 4.強迫性障害とは?強迫性障害の方、集まれー強迫性障害強迫性障害(強迫神経症)神経細胞内に取り込む 強迫性障害(強迫神経症)解説


★リンクテーブル★
先読みcompulsive」「obsessive
国試過去問105G064」「105G063」「105G062」「101G004」「104E059」「105D022」「102A029」「105I052」「101G003」「100F005」「102A006」「097H068」「074B027
リンク元神経症性障害」「統合失調症様症状」「選択的セロトニン再取り込み阻害薬」「obsessive-compulsive」「森田療法
関連記事障害」「」「強迫」「強迫性」「性障害

compulsive」

  [★]

  • adj.
  • 強制的な。(心理的に)やむにやまれぬ。(心理)衝動強迫の
  • (小節などが)人を引き込む、とりこみする、目が離せない
  • n.
  • (心理)強迫神経症者。きまじめな人
compulsivelyobsessive-compulsivepsychogenic

WordNet   license wordnet

「caused by or suggestive of psychological compulsion; "compulsive drinking"」

WordNet   license wordnet

「a person with a compulsive disposition; someone who feels compelled to do certain things」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「強制的な,無理じいの」

WordNet   license wordnet

「strongly motivated to succeed」
determined, driven


obsessive」

  [★]

  • adj.
  • 度を超した
  • (~に)とりつかれている(about)。(病的に)執拗な、強迫的な
  • n.
  • 妄想狂、強迫観念にとりつかれている人
obsess, delusion, delusional

WordNet   license wordnet

「a person who has obsessions」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「妄想がとりついて;強迫観念を引き起こす / =obsessional」


105G064」

  [★]

  • 次の文を読み、62-64の同いに答えよ。
  • 15歳の女子。いらいらして暴力を振るうことを心配した母親に伴われて来院。
  • 現病歴   中学2年になり、友人関係でトラブルが起こったころから食欲がなくなり、学校を休みがちになった。自分の部屋でいやな友人の顔が浮かぶと、そのときしていた行為を最初からやり直すようになった。不潔になったことを気にして頻回に手を洗うようになった。その後も学校では普通の生括を送っていたが、家では自分だけでなく母親に同じ言葉や行動を繰り返させ、母親が正確にやり直せないとパニックを起こしたり、暴力を振るったりするようになった。
  • 生育歴   3歳時に両親が離婚し、母親と弟との3人暮らし。小学校では成績も優秀で友人も多く、何事にも積極的な性格であった。中学で進学校に入学し、学業とスポーツに打ち込んでいた。
  • 現症   意識は清明。身長156cm、体重49kg。体温36.2℃。呼吸数16/分。脈拍72/分、整。血圧98/60mmHg。皮膚は冷たく乾燥している。手が荒れている。
  • 検査所見  尿、血液検査所見に異常を認めない。
  • 治療的アプローチとして最も適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105G063]←[国試_105]→[105G065

105G063」

  [★]

  • 次の文を読み、62-64の同いに答えよ。
  • 15歳の女子。いらいらして暴力を振るうことを心配した母親に伴われて来院。
  • 現病歴   中学2年になり、友人関係でトラブルが起こったころから食欲がなくなり、学校を休みがちになった。自分の部屋でいやな友人の顔が浮かぶと、そのときしていた行為を最初からやり直すようになった。不潔になったことを気にして頻回に手を洗うようになった。その後も学校では普通の生括を送っていたが、家では自分だけでなく母親に同じ言葉や行動を繰り返させ、母親が正確にやり直せないとパニックを起こしたり、暴力を振るったりするようになった。
  • 生育歴   3歳時に両親が離婚し、母親と弟との3人暮らし。小学校では成績も優秀で友人も多く、何事にも積極的な性格であった。中学で進学校に入学し、学業とスポーツに打ち込んでいた。
  • 現症   意識は清明。身長156cm、体重49kg。体温36.2℃。呼吸数16/分。脈拍72/分、整。血圧98/60mmHg。皮膚は冷たく乾燥している。手が荒れている。
  • 検査所見  尿、血液検査所見に異常を認めない。
  • 薬物治療として第一選択になるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105G062]←[国試_105]→[105G064

105G062」

  [★]

  • 次の文を読み、62-64の同いに答えよ。
  • 15歳の女子。いらいらして暴力を振るうことを心配した母親に伴われて来院。
  • 現病歴   中学2年になり、友人関係でトラブルが起こったころから食欲がなくなり、学校を休みがちになった。自分の部屋でいやな友人の顔が浮かぶと、そのときしていた行為を最初からやり直すようになった。不潔になったことを気にして頻回に手を洗うようになった。その後も学校では普通の生括を送っていたが、家では自分だけでなく母親に同じ言葉や行動を繰り返させ、母親が正確にやり直せないとパニックを起こしたり、暴力を振るったりするようになった。
  • 生育歴   3歳時に両親が離婚し、母親と弟との3人暮らし。小学校では成績も優秀で友人も多く、何事にも積極的な性格であった。中学で進学校に入学し、学業とスポーツに打ち込んでいた。
  • 現症   意識は清明。身長156cm、体重49kg。体温36.2℃。呼吸数16/分。脈拍72/分、整。血圧98/60mmHg。皮膚は冷たく乾燥している。手が荒れている。
  • 検査所見  尿、血液検査所見に異常を認めない。
  • この患者の心の発達において問題となるのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 105G061]←[国試_105]→[105G063

101G004」

  [★]

  • 51歳の女性。不眠と緊張感とを主訴に来院した。2か目前、自転車で横断歩道の中ほどまで来たとき車にはねられた。同時にはねられた人が意識を失い頭から血を流しているのを見た。1週間入院したが、打撲だけで幸運だったと言われた。退院後3週ほどして、横断歩道を渡りかけたとき、急に恐怖感がよみがえった。それ以来、物音にビクッとし、何かの拍子に事故の場面が思い浮かぶようになった。
  • なかなか寝付けず、事故の夢で目が覚めることがある。日中も緊張感が続き、時々動悸がしたり、体が汗ばんだりする。体調がすぐれない。なんとなくやる気がない。横断歩道が怖くて渡れなくなり困っている。
  • 考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 101G003]←[国試_101]→[101G005

104E059」

  [★]

  • 72歳の女性。言動の変化を心配した家族に伴われて来院した。3年前に夫を亡くしてから、一人暮らしを続けている。これまでに精神症状を呈したことはなかった。3か月前から自宅に閉じこもりがちになったため、心配した長女が様子を見に行ったところ「外に出ると皆が自分の悪口を言っている」、「隣の人がいつも自分を監視している」といった話をし続けたという。診察時には表情が明るく、抑うつ気分は認めない。疎通性も良好である。幻覚は認めず、改訂長谷川式簡易知的機能評価スケールは30点(満点30)であった。
  • 最も考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 104E058]←[国試_104]→[104E060

105D022」

  [★]

  • 60歳の男性。従来は周囲に対する配慮ができていたが、最近は著しく自己中心的な言動が目立つようになったことを心配した家族に伴われて来院した。 1年前から気力がなくなり、ぽーつとたたずんでいることが多くなった。自室内には、数か月前から収集し続けているペットボトルが山積みになっているという。
  • 最も考えられる疾患はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105D021]←[国試_105]→[105D023

102A029」

  [★]

  • 27歳の女性。一点を見つめ何事にも無関心なのを心配した夫に伴われて来院した。5週前に、帰宅途中に性的暴行を受けた。それ以後家から出ることができず会社を休んでいる。夜も全く眠れず、食欲もなく、急激に体重が減少した。夫が心配して話しかけるが返事をせず、ぼおっと一点を見つめるのみである。
  • 考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 102A028]←[国試_102]→[102A030

105I052」

  [★]

  • 28歳の男性。人前に出るのが怖くなったため 自ら治療を希望して精神科外来を受辞した。3か月前から誰かと会って話をするときに、その相手を殴ってしまうのではないかと繰り返し考えるようになった。自分でもばかばかしいことと感じているが、最近では閉じこもりがちの生活に陥っている。
  • 最も考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105I051]←[国試_105]→[105I053

101G003」

  [★]

  • 18歳の女子。会社を休みがちで、心配した家族に伴われて来院した。高校卒業後デパートに就職したが、大勢の客の前で商品の説明をすることや販売することに苦痛を感じ、休みがちとなった。自宅では特に変わった様子はない。
  • 考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 101G002]←[国試_101]→[101G004

100F005」

  [★]

  • 30歳の女性。昨年第一子出産後、赤ん坊に汚れが付いてはいけないと過剰に考えるようになった。外出から帰ってくるとすぐ衣類を着替え洗濯し、家の中の全てを毎朝消毒しないと気がすまないようになってきた。最も考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100F004]←[国試_100]→[100F006

102A006」

  [★]

  • 強迫性障害について正しいのはどれか。 
[正答]


※国試ナビ4※ 102A005]←[国試_102]→[102A007

097H068」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 097H067]←[国試_097]→[097H069

074B027」

  [★]

  • 適切な組み合わせは?いくつでもえらべ。

神経症性障害」

  [★]

neurotic disorder, neurotic disorders

分類

ICD-10

  • F40 - F48 Neurotic, stress-related and somatoform disorders

比較

PSY.197
古典的分類 ICD-10 DSM-IV
恐怖症 恐怖症性不安障害   不安障害 広場恐怖症
パニック障害
社会恐怖
不安神経症 他の不安障害 パニック障害
全般性不安障害
不安障害 パニック発作
全般性不安障害
強迫神経症 強迫性障害   不安障害 強迫性障害
ヒステリー神経症 解離性障害, 転換性障害   解離性障害  
身体表現性障害 転換性障害
身体表現性障害 身体化障害 身体表現性障害 身体化障害
心気神経症 身体表現性障害 心気障害
身体表現性自律神経機能不全
持続性身体表現性疼痛障害
身体表現性障害 転換性障害
心気症
疼痛性障害
離人神経症 他の神経症性障害 離人・現実感喪失症候群 解離性障害 離人症性障害

教科書的分類


統合失調症様症状」

  [★]

schizophrenia like symptoms
  • 内科的および神経学的疾患(KPS.540)


選択的セロトニン再取り込み阻害薬」

  [★]

selective serotonin reuptake inhibitor, SSRI
薬理学向精神薬


特徴

  • TCAと違いcaridiotoxicityがない。また、ムスカリン受容体、ヒスタミン受容体、アドレナリン受容体、ドパミン受容体に結合しない。

適応

副作用

  • some degree of sexual dysfunction
  • GI distress
sertraline:diarrhea
paroxetine:comstipation
  • serotonin syndrome: rare but dangeraous elevation of 5HT: can occur when both an SSRI and a monoamine oxidase inhibitor are administered simultaneously.
  • hyperthermia, muscle rigidity, myoclonus, and rapid fluctuations in mental status and vital signs.


obsessive-compulsive」

  [★]

  • n.
  • 強迫神経症の人、強迫神経症患者
  • adj.
  • 強迫
強迫性障害 obsessive-compulsive disorder強迫性人格障害 obsessive-compulsive personality disorder

WordNet   license wordnet

「characterized by obsessions and compulsions; "obsessive-compulsive neurosis"」

WordNet   license wordnet

「a person with obsessive-compulsive characteristics」


森田療法」

  [★]

Morita therapy
精神療法体験的精神療法
  • 自己内証的で理知的である森田神経質などの神経症性障害の患者に適応となる。(PSY.150)
  • 心気障害パニック障害全般性不安障害強迫性障害などの神経症性障害が適応となる。
  • 治療は症状のあるがままの受け入れることが治療の基本である。



障害」

  [★]

disorderimpairmentdysfunctiondamagedifficulty、(妨げ)barrierimpedimentobstacledisturbancefoe、(化学)hindrancedisorderimpairlesion
妨げ撹乱関門機能障害機能不全困難傷害障壁損なう損傷ダメージ破壊破損バリヤー病変不安妨害乱れ無秩序機能異常症疾患バリアバリアー機能異常機能不全症



害」

  [★] harmhazardinjure

危険損傷ハザード傷害を与える害する


強迫」

  [★]

compulsion, obsession
強迫行為強迫症状群



強迫性」

  [★]

compulsiveobsessive-compulsive
強迫的心因性


性障害」

  [★]

sexual disorder, sexual and gender disorder




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡