子宮内膜組織診

出典: meddic

endometrial biopsy, endometrial histological diagnosis, endometrial histological examination, histological examination of the endometrium
子宮内膜


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 子宮内膜組織診における内膜採取器具による痛みと組織採取量に及ぼす影響
  • 岡田 園子,岡田 英孝,下井 華代,宮城 博恵,小野 淑子,松原 高史,安田 勝彦,神崎 秀陽
  • 日本受精着床学会雑誌 27(1), 349-352, 2010-03-20
  • NAID 10027212015
  • Clinical Research 機能性子宮出血に対する[キュウ]帰膠艾湯の止血効果--10年間にわたる774例の検討結果

関連リンク

2)子宮内膜組織診. 1.適応. 子宮体がん検診の細胞診で疑陽性または陽性が認め られた症例が,子宮内膜組織診の適. 応となる.しかし,子宮体がん検診対象者で細胞 診が陰性であっても,不正性器出血が持. 続する患者や子宮体癌のハイリスク患者( ...
8)子宮内膜日付診. 子宮内膜は月経周期変動をしており,卵巣より分泌される エストロゲンおよびプロゲス. テロンの作用を受けて,月経周期を通じて機能的,形態的 にダイナミックな変化をきたす. 卵巣ステロイドの標的組織として間脳―下垂体を含めた 卵巣 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。
子宮体がん細胞診結果&組織診日目)に子宮内膜を採取し組織  (子宮内膜組織採取器具この図はヘキスト社(東京大学 また、組織診でも腫瘍の核異型 子宮内膜擦過細胞診、摘出組織


★リンクテーブル★
国試過去問100C022」「106A047」「099A001」「105D028」「095C026」「106D046」「096D039」「111A047」「111G041」「097A042」「100I016」「107G050」「096G069
リンク元子宮外妊娠」「子宮内膜肥厚
関連記事子宮」「子宮内膜」「内膜」「組織診」「組織

100C022」

  [★]

  • 次の文を読み、22~24の問いに答えよ。
  • 65歳の女性。閉経後の性器出血を主訴に来院した。
  • 現病歴 : 3か月前から少量の性器出血が持続し、2週前から増量している。3回経妊、3回経産。閉経52歳。
  • 既往歴 : 60歳から高血圧症で降圧薬を服用している。
  • 現症 : 身長157cm、体重68kg。体温36.4℃。脈拍72/分、整。血圧148/88mmHg。表在リンパ節に腫大を認めない。心音と呼吸音とは正常である。腹部は平坦で、腫瘤を触れない。下肢に浮腫を認めない。内診で膣分泌物は暗赤色、中等量。子宮膣部に異常を認めない。双合診で子宮体部は鵞卵大に腫大しているが、付属器は触れない。直腸診で子宮傍組織は軟らかい。
  • 検査所見 : 尿所見:蛋白(-)、糖(-)、潜血(-)。血液所見:赤血球316万、Hb10.2g/dl、Ht31%、白血球6,400、血小板28万。血清生化学所見:総蛋白7.2g/dl、アルブミン4.8g/dl、尿素窒素18mg/dl、クレアチニン1.3mg/dl、AST18単位、ALT14単位、LDH248単位(基準176~353)。免疫学所見:CEA3.7ng/ml(基準5以下)、CA19-9 33U/ml(基準37以下)、CA125 248U/ml(基準35以下)。子宮頸部細胞診クラスⅠ。胸部エックス線撮影で異常を認めない。経膣超音波写真を以下に示す。
  • 診断に有用な検査はどれか。2つ選べ。
  • a. プロゲステロン負荷テスト
  • b. 子宮内膜組織診
  • c. 子宮卵管造影
  • d. コルポスコピィ
  • e. ヒステロスコピィ


[正答]


※国試ナビ4※ 100C021]←[国試_100]→[100C023

106A047」

  [★]

  • 63歳の女性。未経妊。血性帯下の増量を主訴に来院した。 6か月前から少量の褐色帯下に気付いていたという。 50歳で閉経した。
  • 身長152cm、体重68kg。
  • 血液所見:赤血球430万、 Hb13.1g/dl、 Ht39%、白血球8,800、血小板24万。免疫学所見: CA19-9 68U/ml(基準37以下)、 CA125 54U/ml(基準35以下)。子宮内膜組織診で高分化型類内膜腺癌が検出された。骨盤部MRIのT2強調矢状断像(別冊No. 21)を別に示す。
  • 治療として最も適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 106A046]←[国試_106]→[106A048

099A001」

  [★]

  • 19歳の女性。月経が3週遅れ、市販の試薬による妊娠診断検査が陽性となったため受診した。子宮は前傾前屈、ほぼ正常大、軟。両側付臓器は触知しない。経膣超音波検査で子宮内膜厚14mm、子宮腔内にエコーフリースペースを認めない。子宮の左外側に径25mmの嚢胞様病変を認め、内部に規則的拍動を認める。Douglas窩には異常を認めない。対応として適切なのはどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 098I050]←[国試_099]→[099A002

105D028」

  [★]

  • 32歳の女性。未経妊。不正性器出血を主訴に来院した。挙児希望があるため、子宮に癌がないかと心配している。 1年前から月経周期は40-45日型で不整、月経痛も自覚している。子宮頚がん検診は26歳から毎年受けているが、異常は指摘されていない。身長152cm、体重66kg。血圧144/92mmHg。内診で子宮は正常大で可動性良好。経腟超音波検査で子宮内膜厚は12mmでやや肥厚している。
  • 現時点で最も適切な対応はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105D027]←[国試_105]→[105D029

095C026」

  [★]

  • 35歳の女性。5年間の不妊を主訴として来院した。月経周期は28日型、整。基礎体温は2相性で、高温期持続日数は14日前後である。子宮は正常大で、両側付属器は触知しない。夫の精液所見は正常。性交後試験で子宮腔内に運動精子を認めた。子宮卵管造影写真と24時間後の骨盤エックス線単純写真とを以下に示す。この患者で最も有用な検査はどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 095C025]←[国試_095]→[095C027

106D046」

  [★]

  • 26歳の女性。未経妊。 3か月前からの性交時出血を主訴に来院した。月経周期は28日型、整。内診で、帯下は白色、子宮は鶏卵大で可動性は良好である。経腟超音波検査で子宮と卵巣とに異常を認めない。子宮頸部の細胞診Papanicolaou染色標本(別冊No. 17)を別に示す。
  • 対応として適切なのはどれか。
  • a 子宮内膜組織診
  • b コルポスコピィ
  • c 腟分泌物培養検査
  • d 低用量経口避妊薬の投与
  • e 子宮頸部レーザー蒸散術



[正答]


※国試ナビ4※ 106D045]←[国試_106]→[106D047

096D039」

  [★]

  • 22歳の女性。月経痛を主訴に来院した。
  • 月経は30日型、整。3年前から月経痛をきたすようになった。次第に増強し、最近鎮痛薬を服用している。内診では子宮は正常大で、Douglas窩に圧痛がある。
  • 左卵巣の経膣超音波写真を以下に示す。
  • 診断に有用なのはどれか。
  • (1) CA125測定
  • (2) 骨盤部単純MRI
  • (3) 子宮内膜組織診
  • (4) 選択的腹腔動脈造影
  • (5) 腹腔鏡
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)


[正答]
※国試ナビ4※ 096D038]←[国試_096]→[096D040

111A047」

  [★]

  • 55歳の女性。O回経妊O回経産婦。閉経48歳。不正性器出血を主訴に来院した。2か月前から断続的な性器出血がある。身長 148cm、体重 60kg。体温 36.5℃。脈拍 76/分、整。内診で子宮は10cmに腫大、可動性は良好。付属器に異常を認めない。腟鏡診で外子宮口からの出血を認める。
  • 行うべき検査として適切でないのはどれか。
  • a 骨盤部MRI
  • b 子宮頸部細胞診
  • c 子宮内膜組織診
  • d 経腟超音波検査
  • e ヒトパピローマウイルス検査(HPV検査)


[正答]


※国試ナビ4※ 111A046]←[国試_111]→[111A048

111G041」

  [★]

  • 38歳の女性。子宮頸部の細胞診で異常を指摘されたため来院した。初経12歳。月経周期28日、整。内診で子宮は前傾前屈で正常大である。両側付属器は触知しない。腟鏡診で分泌物は褐色少量である。コルポスコピィの写真(別冊No. 6)を別に示す。
  • 次に行う検査はどれか。
  • a 骨盤部MRI
  • b 子宮内膜組織診
  • c 血中SCC値測定
  • d 子宮頸部狙い組織診
  • e 腟分泌物の細菌培養



[正答]


※国試ナビ4※ 111G040]←[国試_111]→[111G042

097A042」

  [★]

  • 34歳の1回経産婦。顔のほてりと無月経とを主訴に来院した。30歳ころから月経が不整となり、1年前から無月経となった。子宮は正常大で、両側付属器は触知しない。基礎体温は低温1相性で、エストロゲン・プロゲステロン試験で消退出血を認めた。この患者で最も有用な検査はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097A041]←[国試_097]→[097A043

100I016」

  [★]

  • 38歳の女性。未経妊。5日前から続く性器出血を主訴に来院した。最終月経は7週前、月経周期は28~35日型である。2か月前に行った子宮頸部細胞診はクラスIIIaであり、精密検査で軽度異形成と診断された。妊娠反応は陽性であり、妊娠の継続を希望している。
  • まず行う検査はどれか。
  • a. 経膣超音波検査
  • b. 血中SCC測定
  • c. 血中hCG測定
  • d. 子宮頸部細胞診
  • e. 子宮内膜組織診
[正答]


※国試ナビ4※ 100I015]←[国試_100]→[100I017

107G050」

  [★]

  • 30歳の既婚女性。下腹部痛を主訴に来院した。昨夜から下腹部に軽度の痛みを感じていた。少量の性器出血を伴っているという。最終月経は約7週前。月経周期は30~60日、不整。経腟超音波検査で子宮と卵巣とに異常を認めない。
  • 対応として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107G049]←[国試_107]→[107G051

096G069」

  [★]

  • 子宮体癌の診断に有用でないのはどれか。
  • a. 経膣超音波検査
  • b. 骨盤部単純MRI
  • c. コルポスコピィ
  • d. ヒステロスコピィ
  • e. 子宮内膜組織診
[正答]


※国試ナビ4※ 096G068]←[国試_096]→[096G070

子宮外妊娠」

  [★]

ectopic pregnancy
異所性妊娠
妊娠

定義

  • 受精卵が正常の着床部位である子宮内膜以外の場所に着床すること

分類

  • 1. 卵管妊娠(98%)
  • 1) 卵管膨大部妊娠(78%)
  • 2) 卵管峡部妊娠(29%)
  • 3) 卵管間質部妊娠(2%)

卵管妊娠

  • 狭い卵管腔内での妊卵の増殖、増大は困難であり、また卵管内膜は子宮内腔に比して薄いため絨毛組織は容易に筋層内に侵入してこれを破壊するので、卵管妊娠が後半期まで持続することはまれであり、ほとんどすべて妊娠12週頃までに中絶する。

経過

卵管流産

卵管破裂

原因

  • 器質的因子:卵管炎、卵管周囲の癒着、卵管の発育異常や奇形、子宮外妊娠の既往、卵管手術の既往、流産手術の既往など
  • 機能的因子:妊卵の外遊走、月経血の逆流、妊卵の輸送障害、たばこなど
  • その他:体外受精(IVF-ET,GIFT)による妊娠、IUDの装着、不妊症の既往

症状

少量の性器出血に引き続き突然下腹部痛が出現し、失血やその疼痛によりショック症状を呈する。後腟円蓋はダグラス窩の出血により膨隆

検査

補助検査

  • 1000 U/L以上で滞納が見られないときは子宮外妊娠を疑う(http://www.jsog.or.jp/PDF/59/5911-672.pdf)
  • 妊娠5週以降でhCG2000U/L以上の時は破裂の可能性があるために入院管理および手術の準備が必要である
  • ダグラス窩穿刺:暗赤色、流動性流動性。顕微鏡で変性赤血球を認める。
  • 子宮内膜組織診:子宮外妊娠の時、脱落膜(+)、Arias-Stella反応(+)、絨毛(-)
  • 経膣超音波:子宮内に胎嚢が存在しないこと、腹腔内出血の有無、付属器の腫瘤・胎嚢・胎児心拍の確認
  • 腹腔鏡検査:確定診断

治療 (NGY.406)

  • 1. 全身状態の改善:
  • 2. 妊孕性の温存を考慮する
  • 1. 根治的手術:卵管切除術
  • 2. 保存的手術:卵管切開術
  • 3. 内科的療法:メトトレキサートの全身・局所投与
  • 4. 腹腔鏡下手術:1-3を組み合わせて行う。

資料


子宮内膜肥厚」

  [★]

endometrial thickening
子宮内膜

子宮内膜

  • 正常では7-14mm程度

鑑別疾患

検査


子宮」

  [★]

uterus (Z), womb, metra
内性器

発生学的由来

解剖

支持構造

組織

子宮

子宮の大きさ

  • 鶏卵大。(非妊娠時)逆位の前後にやや扁平な西洋梨状で長さ約7cm、幅約4cm、厚さ約2.5cm、重さ30~40g。

妊娠と子宮の大きさ、子宮底の高さ、恥骨結合上縁から子宮底までの長さ

妊娠月数 子宮の大きさ 子宮底の高さ 恥骨結合上縁から子宮底までの長さ
第1月末 鶏卵大      
第2月末 鵞卵大      
第3月末 手拳大      
第4月末 小児頭大 恥骨結合上2-3横指 12cm (妊娠月数x3)
第5月末 成人頭大 恥骨結合と臍との中央 15cm
第6月末   臍高 21cm (妊娠月数x3+3)
第7月末   臍上2-3横指 24cm
第8月末   剣状突起と臍との中央 27cm
第9月末   剣状突起下2-3横指 30cm
第10月末   剣状突起と臍との中央 33cm
 
産褥0日分娩直後   臍下3横指 11cm  
産褥0日12時間後   臍高(右に傾く) 15cm  
産褥1-2日   臍下1-2横指 12cm  
産褥3日   臍下3横指 10cm  
産褥5日   臍高と恥骨結合上縁との中間 9cm  
産褥7日(産褥1週) 手拳大 恥骨結合上縁    
産褥10日   腹壁から触れない    
(産褥6週) 鶏卵大      

臨床関連

  • 炎症疾患
  • 腫瘍、類腫瘍



子宮内膜」

  [★]

endometrium (Z,HIS)
tunica mucosa uteri
子宮粘膜
子宮子宮内膜肥厚


  • 子宮の内面を覆う粘膜の別名。厚さや性状は月経周期の時期により大差がある。
  • 子宮腺を有する

組織

  • 単層円柱上皮
  • 上皮は無線毛分泌細胞と線毛細胞からなる
  • 上皮が粘膜固有層に落ち込み単一管状腺の形態を取る子宮腺を形成
  • 機能層:月経が起こるとはげ落ちる。ラセン動脈を有する
  • 基底層:深層にある層であり、月経が起こっても残る


厚さ

  • 閉経後の患者において内膜細胞診を行うcut-off値は4-6mm。これ以下であれば、子宮内膜癌は除外診断できる。肥厚が認められた場合、子宮内膜癌、子宮内膜増殖症、子宮内膜ポリープ、粘膜下筋腫を鑑別する(エコーでは区別しづらい)。ただし、辺縁が明瞭な結節があれば、子宮内膜ポリープ、粘膜下筋腫が疑われる。subendometrial haloの中断があれば、子宮内膜癌の筋膜浸潤が示唆される。(SRA.573)

超音波エコー所見

QB.Q-15 SRA.573 G9M.17(写真)
  • 増殖期:早期では薄く高輝度。中期では中央に線状エコーを伴う低輝度「木の葉状」、後期では厚さを増し7-14mmとなる。排卵が近くなると壁側が幾分高輝度。筋層よりも低輝度である。排卵直前には厚さは10mm程度となる。
  • 排卵 :内腔エコー消失
  • 分泌期:(子宮内膜の輪郭は楕円形となり、)子宮内膜全体が均一な高輝度

MRI所見

水と同じようなかんじ。みずみずしい?
  • T1:等信号~低信号
  • T2:高信号

臨床関連


内膜」

  [★]

intima, intimal (adj.), inner membrane, internal tunic
tunica intima (Z)
中膜血管


組織

病理

血管の損傷

  • 内膜の内皮下結合組織が肥厚

粥状硬化症

  • 内皮下結合組織に粥腫ができる。
  • necroticcenterはfibrous capにかこまれる
fibrous cap
平滑筋マクロファージ泡沫細胞リンパ球コラーゲンエラスチンプロテオグリカン血管新生
necrotic center
壊死組織コレステロールの血漿、泡沫細胞カルシウム

梗塞

  • 肥厚する



組織診」

  [★]

histodiagnosis, histological diagnosis
組織学的検査 histological examination組織検査病理組織検査
生検組織細胞診

生検組織による診断基準の分類

SSUR.160
  • group I: 異型なし
  • group II:軽度異型
  • group III:異型がかなり強い
  • group IV:異型が高度。癌疑い
  • group V:明らかな癌



組織」

  [★]

tissue
textus
  • 何種類かの決まった細胞が一定のパターンで集合した構造の単位のこと。
  • 全体としてひとつのまとまった役割をもつ。

分類

  • 上皮組織
  • 支持組織
  • 筋組織
  • 神経組織






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1交叉感作性+薬剤20
2ダーゼン+添付文書14
3坊功婁カテーテルキット14
4篩状 面皰状 低乳頭 類臓器型13
5アイソボログラム13
6嘔吐 噴水12
7小刻み歩行+原因11
8股関節外転装具+装着方法10
9下壁梗塞8
10メタロプロテイナーゼ8
11グレー症候群+小児8
12Frequency of Manual Blowdown mail8
13エストロゲン インスリン グリコーゲン7
14鶏卵大+大きさ7
15+白衣を着る理由 看護師 原著6
16プロステーシス+整形外科6
17brom+tech+心臓6
18セリンプロテイナーゼ6
19体幹ギプス固定 画像6
20視床手5

昨日の人気記事
 タイトル表示
1交叉感作性+薬剤20
2坊功婁カテーテルキット14
3ダーゼン+添付文書14
4アイソボログラム13
5篩状 面皰状 低乳頭 類臓器型13
6嘔吐 噴水12
7小刻み歩行+原因11
8股関節外転装具+装着方法10
9グレー症候群+小児8
10メタロプロテイナーゼ8
11下壁梗塞8
12エストロゲン インスリン グリコーゲン7
13鶏卵大+大きさ7
14プロステーシス+整形外科6
15+白衣を着る理由 看護師 原著6
16体幹ギプス固定 画像6
17セリンプロテイナーゼ6
18brom+tech+心臓6
19肺動脈圧5
20ウィルヒョウの3徴候5