動脈塞栓術

出典: meddic

transcatheter arterial embolization, TAE
塞栓術

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例報告 過小グラフト症候群様の経過をたどり近位脾動脈塞栓術が有効であった小児生体部分肝移植後の1例
  • 高橋 信博,星野 健,石濱 秀雄 [他]
  • 日本小児外科学会雑誌 51(5), 905-909, 2015-08
  • NAID 40020564109
  • 症例報告 ホルモン補充療法後に部分的に下垂体機能が回復した産褥早期発症のSheehan症候群の1例
  • 松本 有紀,小山 瑠梨子,大竹 紀子 [他]
  • 産婦人科の進歩 67(3), 285-290, 2015-08
  • NAID 40020555035
  • 臨床経験 肺動脈カテーテル損傷による開心術後仮性肺動脈瘤
  • 牧田 哲,丸山 俊之
  • 胸部外科 = The Japanese journal of thoracic surgery 68(9), 752-755, 2015-08
  • NAID 40020551941

関連リンク

父が肝臓がんにかかり、動脈塞栓術で治療すると言われました。どんな治療法でしょ うか? Q:どんな肝臓がんでも動脈塞栓術を行いますか? Q:どうやって肝臓のがんを 治療するのでしょうか? Q:どうやって肝臓がんを栄養する動脈を塞ぐのですか? Q: 動脈 ...
Q:どのような子宮筋腫に対して子宮動脈塞栓術を行うのですか? Q:どれくらいの期間 入院するのですか? Q:具体的な治療法について教えて下さい. Q:治療後にはどのよう に症状がよくなるのですか?また子宮筋腫は小さくなるのでしょうか? Q:子宮動脈 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。
肝動脈塞栓術(TAE)とは肝動脈塞栓術(TACE)気管支動脈塞栓術 動脈塞栓術・集束超音波治療UAE(子宮動脈塞栓術)について子宮動脈塞栓術の実際


★リンクテーブル★
先読みTAE
国試過去問108E062」「112D068」「110G051」「105I047」「111I068」「100D045」「107A047」「107G057」「105A038」「101H044」「108E058」「101A031」「102D039」「109B027」「104E032」「108G038」「106B019」「111D006」「101F035」「101B112
拡張検索部分脾動脈塞栓術」「気管支動脈塞栓術」「経皮的動脈塞栓術
関連記事塞栓術」「」「動脈塞栓」「動脈」「塞栓

TAE」

  [★]


108E062」

  [★]

  • 次の文を読み、 60~ 62の問いに答えよ。
  • 19歳の男性。交通外傷のため搬入された。
  • 現病歴:河川沿いの堤防道路でオートバイを運転中に対向車と接触し転倒、崖下に転落した。
  • 既往歴:特記すべきことはない。
  • 現症:意識はほぼ清明だが会話は困難。脈拍 124/分。血圧 92/70 mmHg。呼吸数 28/分。 SpO2 100% (リザーバー付マスク 10 l/分酸素投与下 )。顔面に挫創があり、口腔から出血と凝血塊の喀出を認める。胸部は右前胸部に圧痛があり、右呼吸音が減弱している。右下肢は外旋位で、右下腿の変形と開放創を認める。腹部超音波検査で腹腔内に液体貯留を認める。マスクによる酸素投与を継続している。
  • 輸液開始 20分後、バイタルサインは脈拍 112/分、血圧 110/60 mmHgとなった。頭部 CTでは頭蓋内に異常はなく、腹腔内出血および右脛骨と腓骨の開放骨折に対して治療が必要と判断した。しかし、自施設の外科医と整形外科医に連絡したところ、整形外科医からは「 30分以内に対応可能」という返事が得られたが、外科医からは「現在、別の緊急手術を行っているため 3時間は対応が難しい」との返事があった。
  • この時点での対応で適切でないのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 108E061]←[国試_108]→[108E063

112D068」

  [★]

  • 74歳の男性。腹痛のために救急車で搬入された。本日、突然、強い腹痛が生じた。横になって休んでいたが症状が持続し、冷汗も出現してきたため救急車を要請した。意識は清明。体温 36.4℃。心拍数 110/分、整。血圧 84/48mmHg。呼吸数 18/分。SpO2 99%(マスク10L/分酸素投与下)。冷汗を認め皮膚は湿潤している。眼瞼結膜は貧血様であるが、眼球結膜に黄染を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は軽度膨隆しており、拍動を触れ、bruitを聴取する。血液所見:赤血球 315万、Hb 10.0g/dL、Ht 30%、白血球 13,800、血小板 15万。血液生化学所見:総蛋白 4.8g/dL、アルブミン 3.3g/dL、総ビリルビン 1.8mg/dL、直接ビリルビン 0.2mg/dL、AST 92U/L、ALT 54U/L、LD 379U/L(基準 176~353)、ALP 129U/L(基準 115~359)、γ-GTP 17U/L(基準 8~50)、CK 138U/L (基準 30~140)、尿素窒素 18mg/dL、クレアチニン 1.1mg/dL、血糖 122mg/dL、Na 135mEq/L、K 5.0mEq/L、Cl 104mEq/L。CRP 0.7mg/dL。動脈血ガス分析(マスク10L/分酸素投与下):pH 7.45、PaCO2 34Torr、PaO2 166Torr、HCO3- 23mEq/L。腹部造影CT(別冊No. 37)を別に示す。
  • 治療として適切なのはどれか。2つ選べ。



[正答]


※国試ナビ4※ 112D067]←[国試_112]→[112D069

110G051」

  [★]

  • 55歳の男性。脱力発作を主訴に来院した。半年前から右手に持っている箸を落としたり、数分間ろれつが回りにくくなるなどの症状に気付いていた。前日に同じ症状が生じ5分で消失したが、繰り返すことが心配になり受診した。糖尿病、高血圧症および脂質異常症に対して内服治療中である。意識は清明。身長 172cm、体重 76kg。体温 36.6℃。脈拍 76/分、整。血圧 146/86mmHg。呼吸数 16/分。左頸部に血管雑音を聴取する。神経学的所見に異常を認めない。血液所見:赤血球 524万、Hb 15.8g/dL、Ht 45%、白血球 8,700、血小板 26万。血液生化学所見:総蛋白 7.0g/dL、アルブミン 3.8g/dL、総ビリルビン 0.7mg/dL、AST 37IU/L、ALT 45IU/L、尿素窒素 16mg/dL、クレアチニン 1.0mg/dL、空腹時血糖 120mg/dL、総コレステロール 210mg/dL、Na 142mEq/L、K 4.4mEq/L、Cl 104mEq/L。CRP 0.2mg/dL。胸部エックス線写真で異常を認めない。頭部単純CTと頭部MRIとで異常を認めない。入院の上、治療を行った。治療前後の左総頸動脈造影像(別冊No. 8A、B)を別に示す。
  • 施行したのはどれか。




[正答]


※国試ナビ4※ 110G050]←[国試_110]→[110G052

105I047」

  [★]

  • 62歳の女性。貧血を主訴に来院した。高血圧症の治療中、血液検査で貧血を指摘され、消化管の精査のために紹介された。意識は清明。身長168cm、体重57・kg。体温36.4℃。脈拍72/分、整。血圧136/86mmHg。甲状腺と頭部リンパ節とを触知しない。心音と呼吸音とに異常を認めない。肝・脾を触知しない。尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球 302万、Hb 7.9g/dl、Ht 26%、白血球 8,100、血小板 15万。血液生化学所見:総蛋白 6.6g/dl、アルブミン 3.4g/dl、尿素窒素 19mg/dl、クレアチニン 0.5mg/dl、総ビリルビン 1.8mg/dl、AST 26IU/l、ALT 34IU/l、LD 540IU/l(基準176-353)、ALP 286IU/l(基準115-359)、Na 138mEq/l、K 4.0 mEq/l、Cl 102mEq/l。免疫学所見: CRP 0.8mg/dl、CEA 2.8ng/ml(基準5以下)、CA19-9 26U/ml(基準37以下)。上部消化管内視鏡検査で胃内に病変を認める。胸腹部CTでは胃の病変以外に異常を諦めない。上部消化管内視鏡写真(別冊No.10)を別に示す。
  • 治療として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 105I046]←[国試_105]→[105I048

111I068」

  [★]

  • 12歳の男児。脱力発作を主訴に母親に連れられて来院した。2年前からハーモニカを吹いたときや熱いラーメンを食べたときに右または左手足の脱力が出現し、数分で改善するという発作が出現していた。最近は発作の頻度が増加しており月に2回程度みられるという。本日も体育の授業中に右手足の脱力と構音障害とが出現し、数分後に回復したが、心配した母親に連れられて受診した。意識は清明。体温 36.2℃。脈拍 88/分、整。血圧 118/72mmHg。呼吸数 18/分。神経学的所見、血液生化学所見、心電図および胸部エックス線写真に異常を認めない。頭部MRIのT1強調像(別冊No. 21A)と左右の内頸動脈造影正面像(別冊No. 21B)とを別に示す。
  • 治療方針として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 111I067]←[国試_111]→[111I069

100D045」

  [★]

  • 次の文を読み、45、46の問いに答えよ。
  • 53歳の男性。右のどの痛みを主訴に来院した。
  • 現病歴 :1か月前から食物を飲み込むときに右咽頭部の鈍い痛みを自覚するようになった。
  • 既往歴 :10年前から糖尿病と高血圧とで通院している。
  • 生活歴:喫煙40本/日を33年間。
  • 現症 : 意識は清明。身長165cm、体重65kg。体温36.3℃。脈拍72/分、整。血圧140/90mmHg。右頸部に圧痛を認めるが、リンパ節は触知しない。
  • 血液所見:赤沈15mm/1時間、赤血球500万、Hb14.5g/dl、Ht40%、白血球6,000、血小板23万。CRP0.3mg/dl。下咽頭の内視鏡写真を以下に示す。頸部造影CTではリンパ節の腫大は認めない。生検で扁平上皮癌と診断された。


  • 対応として適切なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100D044]←[国試_100]→[100D046

107A047」

  [★]

  • 20歳の男性。オートバイを運転中に事故で受傷し2時間後に搬入された。搬入時、意識障害腹部症状とを認めない。胸部、腹部および骨盤部エックス線写真で右大腿骨骨折と骨盤骨折とを認めるが、血胸、気胸および肋骨骨折を認めない。搬入時血圧は120/70mmHgであった。20分後に顔面蒼白となり、脈拍120/分、血圧70/40mmHgとなった。SpO2 100%(リザーバー付マスク10l/分酸素投与下)。血液所見:赤血球255万、Hb 7.0g/dl、Ht 25%、白血球12,200、血小板19万、フィブリノゲン200mg/dl(基準200~400)、FDP8μg/ml(基準10以下)。緊急に行われた造影CTで後腹膜出血を認める。
  • 輸血と骨盤創外固定に加えて直ちに行うべきなのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107A046]←[国試_107]→[107A048

107G057」

  [★]

  • 65歳の男性。左上下肢の脱力を主訴に来院した。1週前から左上下肢の脱力が時々出現し、5分ほどで改善していた。受診時、神経学的な診察で異常所見を認めない。体温36.5℃。脈拍60/分、整。血圧140/72mmHg。心電図で異常を認めない。頭部単純MRIで異常を指摘され検査目的で入院となった。脳血管造影の右総頸動脈側面像(別冊No.10)を別に示す。
  • この患者に血管内治療を行う場合に適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 107G056]←[国試_107]→[107G058

105A038」

  [★]

  • 10歳の男児。自転車で走行中に自動車にはねられたため搬入された。意識レベルはJCS II-20。脈拍120/分、整。血圧86/42mmHg。血液所見:赤血球 290万、Hb 7.2g/dl、Ht 27%、白血球 11,200、血小板 15万。酸素吸入と輸液とを開始後、腹部超音波検査を行い肝腎境界部に液体貯留を乾めた。血圧が108/64mmHgに上昇した後に施行した腹腔動脈造影写真(別冊No.10)を別に示す。
  • 対応として最も適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 105A037]←[国試_105]→[105A039

101H044」

  [★]

  • 64歳の男性。昨晩から持続する腹痛を主訴に来院した。10年前に肝疾患を指摘された。意識は清明。顔色は不良である。脈拍112/分、整。血圧84/60mmHg。血液所見:赤血球189万、Hb5.8g/dl、白血球9,600。腹部単純CTと造影CTとを以下に示す。
  • 輸血を開始した後に行うのはどれか。
  • a. 動脈塞栓術
  • b. バルーン閉塞下経静脈的静脈癌瘤閉塞(BRTO)
  • c. ステントグラフト術
  • d. 抗腫瘍薬動注療法
  • e. 経皮的ラジオ波焼灼


[正答]
※国試ナビ4※ 101H043]←[国試_101]→[101H045

108E058」

  [★]

  • 72歳の男性。繰り返す右上下肢の脱力発作を主訴に来院した。糖尿病高血圧症および脂質異常症に対して内服治療中である。神系学的診察で異常を認めない。左頸部で血管雑音を聴取する。頭部 MRIで明らかな脳梗塞を認めない。左総頸動脈造影像 (別冊 No. 13)を別に示す。
  • 治療法で適切なのはどれか。2つ選べ。



[正答]


※国試ナビ4※ 108E057]←[国試_108]→[108E059

101A031」

  [★]

  • 10歳の男児。自転車走行中に自動車にはねられ搬入された。意識は混濁。血圧86/42mmHg。血液所見:赤血球290万、Hb7.2g/dl、Ht32%、白血球11,200、血小板15万。酸素吸入と輸液とを開始した後、緊急に行った腹腔動脈造影写真を以下に示す。
  • 対応として最も適切なのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 101A030]←[国試_101]→[101A032

102D039」

  [★]

  • 57歳の女性。背部痛を主訴に来院した。3か月前からの背部痛が徐々に増強している。臍上部に径約5cmの硬い腫瘤を触知する。腹部造影CTを以下に示す。治療として適切なのはどれか。2つ選べ。


[正答]
※国試ナビ4※ 102D038]←[国試_102]→[102D040

109B027」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 109B026]←[国試_109]→[109B028

104E032」

  [★]

  • 疾患と治療の組合せで誤っているのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 104E031]←[国試_104]→[104E033

108G038」

  [★]

  • 動脈塞栓術の適応となるのはどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 108G037]←[国試_108]→[108G039

106B019」

  [★]

  • 肝細胞癌に対する動脈塞栓術の適応となるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106B018]←[国試_106]→[106B020

111D006」

  [★]

  • 腹部造影CT(別冊No. 2)を別に示す。
  • 対応として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 111D005]←[国試_111]→[111D007

101F035」

  [★]

  • 肝細胞癌に対する動脈塞栓術が適応とならないのはどれか。
  • a. 破裂した腫瘍
  • b. 径8cm大の腫瘍
  • c. 両葉に存在する腫瘍
  • d. 肝表面に突出する腫瘍
  • e. 門脈本幹が腫瘍塞栓で閉塞した腫瘍
[正答]


※国試ナビ4※ 101F034]←[国試_101]→[101F036

101B112」

  [★]

  • 血管に富む髄膜腫の摘出手術前に行われるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 101B111]←[国試_101]→[101B113

部分脾動脈塞栓術」

  [★]

partial splenic artery embolization, PSE
partial splenic embolization
[show details]


気管支動脈塞栓術」

  [★]

bronchial artery embolization BAE
気管支動脈



経皮的動脈塞栓術」

  [★]

transcatheter arterial embolization, TAE, percutaneous transarterial embolization


塞栓術」

  [★]

embolization
塞栓塞栓形成塞栓症塞栓療法塞栓化
  • 脳神経外科:脳大動脈瘤、脳動静脈奇形
  • 上部消化管:気道出血
  • 下部消化管:腸管出血


術」

  [★]

surgery
外科外科学手術外科術外科手術


動脈塞栓」

  [★]

arterial embolism, arterial embolus
動脈塞栓症



動脈」

  [★]

artery (Z)
arteria
静脈



塞栓」

  [★]

embolus, (pl.)emboli
塞栓症




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1CATTLE BLEEDING LINE mail25
2CATTLE SKIN DEHIDER mail14
3SHEEP BLEEDING PULLEY mail11
4SHEEP BLEEDING LINE mail10
5SHEEP BLEEDING PAN mail9
6CATTLE BLEEDING PAN mail9
7MONOSODIUM GLUTAMAT mail9
8+spian calcium fluoride manufactures Co. ltd mail6
9右室梗塞4
10ソーセージ様手指とは4
11+Angola mesh white herbal body talcum powder manufactures Co. ltd mail4
12裂脳症close4
13クモ膜嚢胞4
14Squilla mantis a species of mantis shrimp mail4
15右PICA後閉塞 s/o4
16虫垂いんかんさいぼうがん4
17chilaicliti+s症候群4
18Medusozoa mail3
19CATTLE BLEEDING HOOK mail3
20レンズ核線条体動脈3

昨日の人気記事
 タイトル表示
1疑核3
2Anthranilic acid its esters and its salts (Methaqualone and analogues) mail3
3急性出血性白質脳炎3
4Dry Cell and Storage Battery JSC (PINACO) mail2
5Shellfish mail2
6BEEF / SILVERSIDE BONELESS mail2
7上顎結節2
8サブプロピュレーション2
9マーフィー徴候2
10心臓+繊維三角2
113 4-Methylenedioxyphenyl-2-propanone (MDMA MDA MDEA MDOH) mail2
12不橈性2
13レンズ核線条体動脈2
14OVINE 6 WAYS CUT mail2
15き山特ロミー2
162
17Medusozoa mail1
18不整形陰影とは1
19身体障害者福祉司+配置義務1
20びっくり眼+脊髄小脳変性症1