保健所

出典: meddic

health care center, public health center
地域保健法

設置場所

  • 都道府県、政令都市、特別区 ex. 佐賀県には県が設置した5つの保健所があるが、長崎県には県が設置した8つ、中核都市である長崎市に1つ、政令都市である佐世保市に1つ、それぞれ保健所が設置されている。
  • 保険・医療・福祉との連携を図るため、二次医療圏などを元に設置されている。

事業

地域保健法#第6条に事業内容が定められている。
1 地域保健に関する思想の普及及び向上に関する事項
2 人口動態統計その他地域保健に係る統計に関する事項
3 栄養の改善及び食品衛生に関する事項
4 住宅、水道、下水道、廃棄物の処理、清掃その他の環境の衛生に関する事項
5 医事及び薬事に関する事項
6 保健師に関する事項
7 公共医療事業の向上及び増進に関する事項
8 母性及び乳幼児並びに老人の保健に関する事項
9 歯科保健に関する事項
10 精神保健に関する事項
11 治療方法が確立していない疾病その他の特殊の疾病により長期に療養を必要とする者の保健に関する事項
12 エイズ、結核、性病、伝染病その他の疾病の予防に関する事項
13 衛生上の試験及び検査に関する事項
14 その他地域住民の健康の保持及び増進に関する事項

参考

  • 1. 全国保健所長会
[display]http://www.phcd.jp/index.html
  • 設置場所
[display]http://www.phcd.jp/HClist/HClist-top.html
  • 2. wiki ja
  • [display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%9D%E5%81%A5%E6%89%80



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/10/10 15:47:26」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 列島ランナー(26)市町村・保健所の協働による保健師の育ち合いを目指して--北海道市町村新人保健師等現任教育ガイドラインについて
  • 保健所のお仕事--健康危機管理事件簿(14)腸管出血性大腸菌感染症の対応(平成8年度)(その2)

関連リンク

全国保健所一覧、保健所住所、電話、ファクシミリ、保健所長を掲載しています。全国の 自治体、保健所WEBサイトにリンクしています。

関連画像

姫路市保健所の外観です。行くあてのない動物を保健所へ 北海道江差保健所)保健所 から 送られて きた 保健所イラスト保健所に保護された犬や猫たち保健所に保護された犬や猫たち保健所に保護された犬や猫たち


★リンクテーブル★
国試過去問108G066」「096C022」「097F050」「108G050」「106B046」「107I051」「101D027」「103I049」「103E044」「102E041」「106G020」「107H022」「105G030」「107G008」「097G018」「103G041」「102B022」「100G018」「095A004」「099D017
リンク元精神保健福祉法」「認知症」「地域保健法」「医師が関与する法律」「二次医療圏
関連記事保健

108G066」

  [★]

  • 次の文を読み、 64~ 66の問いに答えよ。
  • 65歳の男性。頭部挫創を主訴に来院した。
  • 現病歴:飲酒後、家の階段の下で倒れているところを帰宅した家族に発見された。頭部に挫創を認めたため家族に付き添われて受診した。
  • 既往歴:心房細動のためワルファリン内服中。
  • 生活歴:定年退職後無職。
  • 家族歴:特記すべきことはない。
  • 現症:アルコール臭があるが意識は清明。ただし、本人は受傷時のことは覚えていない。脈拍 80/分、不整。血圧 150/90 mmHg。呼吸数 24/分。頭頂部やや後方に 3 cmの挫創があり出血を認めた。身体の他の部位に創傷は認められなかった。検査所見:頭部 CTでは頭蓋骨骨折は認められず、後頭蓋窩にごくわずかな硬膜下血腫が認められた。
  • この患者における頭蓋内病変の重症化を予測する上で、最も注意すべきなのはどれか。
  • 蘇生しつつ撮影した頭部 CTでは、硬膜下血腫の増大と小脳内の遅発性外傷性脳内血腫が認められ、脳幹を圧迫する所見が認められた。患者はその 1週後に死亡した。
  • 死亡確認後の主治医の対応として適切でないのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 108G065]←[国試_108]→[108G067

096C022」

  [★]

  • 次の文を読み、22~24の問いに答えよ。
  • 78歳の女性。発熱のため、家族が電話で訪問診療を受けているかかりつけ医に連絡をしてきた。
  • 現病歴 : 3年前に脳梗塞を起こし左片麻痺となった。1年前から痴呆症状が目だつようになり、膀胱カテーテルを留置している。週2回の訪問看護と、月1回の医師による訪問診察を受けている。家族によると、2日前から食事量が少なくなった。左片麻痺の進行や新たな麻痺症状の出現はないが、一日中横になっており仙骨部の皮膚が赤くなってきた。今朝の体温は37.8℃で咳や痰はなく呼吸も荒くない。尿量が減っているとのことである。
  • 既往歴 : 54歳で子宮頚癌のため広汎性子宮全摘術と放射線治療とを受けた。60歳ころから高血圧症の治療を受げている。
  • 家族構成 : 息子夫婦、孫1人が同居している。本人は在宅での生活を強く希望しており、息子も入院させたくないと考えている。主な介護者は息子の妻であり、やや疲労気味である。
  • 電話連絡に対し、まずとるべき適切な対応はどれか。
  • a. 保健所へ連絡する。
  • b. そのまま自宅で様子をみるように言う。
  • c. 胸部エックス線撮影の手配をする。
  • d. ケアマネージャーヘ連絡する。
  • e. 往診し身体診察をする。
[正答]


※国試ナビ4※ 096C021]←[国試_096]→[096C023

097F050」

  [★]

  • 次の文を読み、49、50の問いに答えよ。
  • 51歳の男性。手指のふるえを主訴に来院した。
  • 現病歴 : 3年前に肝機能異常を指摘され、1か月間の禁酒でAST、ALT、γ-GTPが著明に改善した。その2か月後から再度常用飲酒が始まり、最近、手のふるえ、食欲不振および不眠を認めるようになった。アルコールによる肝障害を自分で理解しつつも、周囲から指摘されるのを拒み、飲酒問題を語ろうとしない。
  • 既往歴 : 特記すべきことはない。
  • 現症 : 身長170cm、体重68kg。脈拍72/分、整。血圧120/70mmHg。安静時に両手指の細かなふるえがみられる。腹部はやや膨隆し、肝を右肋骨弓下に4cm触知する。
  • 検査所見 : 尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球450万、Hb14.7g/dl、Ht44%、白血球7,200、血小板12万。血清生化学所見:空腹時血糖110mg/dl、AST130単位(基準40以下)、ALT75単位(基準35以下)、ALP280単位(基準8~50)、コリンエステラーゼ410単位(基準400~800)。
  • この患者の治療に関連のないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097F049]←[国試_097]→[097G001

108G050」

  [★]

  • 28歳の男性。発熱皮疹とを主訴に来院した。体温 36.7℃。耳の後ろから顔、上半身にかけて丘疹性紅斑を認める。左頸部に圧痛を伴う径 2 cmのリンパ節を触知する。風疹と診断して頓服の解熱薬を処方し、自宅での安静を指示した。午後電話があり、明日どうしてもはずせない仕事があるので会社に行ってもよいかと相談を受けた。
  • 本人であることを確認した後の回答として適切なのはどれか。
  • a 「保健所と相談してみます」
  • b 「ご自身で判断してください」
  • c 「出勤しないで自宅で療養してください」
  • d 「会社の産業医の許可をとってから出勤してください」
  • e 「男性ばかりの職場であれば出勤してもらって結構です」


[正答]


※国試ナビ4※ 108G049]←[国試_108]→[108G051

106B046」

  [★]

  • 83歳の男性。 3日前に転院してきた。 1か月前にオートバイと接触し、左大腿骨骨折と左橈骨骨折とを受傷したが、順調に回復し、リハビリテーション目的で転院となった。転院直後から、夜間せん妄が出現していた。本日、看護師が階段の踊り場で心肺停止状態となっている患者を発見した。医師が死亡確認し検案したところ、頭部に出血を伴う皮膚損傷を認めた。
  • 対応として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106B045]←[国試_106]→[106B047

107I051」

  [★]

  • 75歳の女性。咳嗽を主訴に来院した。3週前から咳、痰、全身倦怠感、食思不振および37℃台の微熱が出現し、市販の総合感冒薬で改善しないため受診した。胸部エックス線写真で右上肺野に空洞を伴う浸潤影と周囲の結節影とを認めた。喀痰の抗酸菌塗抹検査が陽性であったため患者を個室に入院させた。
  • まず行うのはどれか。
  • a 保健所に届け出る。
  • b 抗結核薬を投与する。
  • c 結核菌のPCR検査を行う。
  • d 患者にN95マスクを着用させる。
  • e 結核菌特異的全血インターフェロンγ遊離測定法(IGRA)を行う。


[正答]


※国試ナビ4※ 107I050]←[国試_107]→[107I052

101D027」

  [★]

  • 40歳の男性。飲酒量増加のため妻に説得されて来院した。建築会社で現場監督の仕事に従事している。以前から酒好きであったが、3、4年前から、休日の午前中も飲酒するようになった。最近は平日でも朝から飲酒し、仕事に支障をきたすようになった。
  • 対応として適切でないのはどれか。
  • a. 午前中の禁酒を勧める。
  • b. 保健所への相談を勧める。
  • c. 専門医療機関の受診を勧める。
  • d. 本人の飲酒についての考えを聞く。
  • e. 多量飲酒の健康影響について説明する。
[正答]


※国試ナビ4※ 101D026]←[国試_101]→[101D028

103I049」

  [★]

  • 69歳の女性。肺炎の疑いで紹介され来院した。3週前から咳と痰、全身倦怠感、食思不振および37℃台の微熱が出現し、市販薬で改善しないため他院を受診した。胸部エックス線写真で右下肺野に陰影を認め、肺炎が疑われた。喀痰の抗酸菌塗抹検査が陽性であったため患者を個室に入院させた。
  • まず行うのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103I048]←[国試_103]→[103I050

103E044」

  [★]

  • 65歳の女性。自宅のトイレ内で便器に座ったまま、意識不明の状態で家族に発見され搬入された。到着時、すでに心肺停止状態であった。既往症と通院歴とに特記すべきことはない。画像診断および諸検査によって大動脈解離による心タンポナーデと診断し、搬入1時間後に死亡を確認した。
  • 担当医として取るべき行動はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103E043]←[国試_103]→[103E045

102E041」

  [★]

  • 身元不明の中年男性。公園のベンチで意識がもうろうとしていたため搬入された。体温37.5℃。脈拍52/分、整。血圧170/110mmHg。外傷はなく、画像診断および各種検査の結果、脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血と診断され、治療が施されたが、来院3時間後に死亡が確認された。
  • 対応として適切なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 102E040]←[国試_102]→[102E042

106G020」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 106G019]←[国試_106]→[106G021

107H022」

  [★]

  • 70歳の女性。脳梗塞を発症し、病院での急性期治療とリハビリテーションを終えて退院した。動作は緩慢であるが日常生活に支障はない。月1回、外来で降圧薬抗凝固薬とを処方されている。介護保険の申請をしたが非該当と判定された。
  • 介護予防について主治医が勧める相談先として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107H021]←[国試_107]→[107H023

105G030」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 105G029]←[国試_105]→[105G031

107G008」

  [★]

  • 海外で未知の感染症が発生し、人から人への感染が疑われる症例が初めて報告された。この感染症は発熱を主な症状とし、致命率が高いとの情報がある。症例報告があった地域から帰国し、自宅に帰った者に対し健康監視を行う場合の機関はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107G007]←[国試_107]→[107G009

097G018」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 097G017]←[国試_097]→[097G019

103G041」

  [★]

  • 10歳の女児。右肩から右腕にかけてのやけどを主訴に母親に伴われて来院した。
  • 台所で熱湯を浴びたという。発育は標準以下である。体や衣服は薄汚れており、
  • 表情は凍り付いたようで無反応であった。連絡先として適切なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103G040]←[国試_103]→[103G042

102B022」

  [★]

  • 我が国の現在の結核対策で正しいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 102B021]←[国試_102]→[102B023

100G018」

  [★]

  • a. 保健所に発症24時間以内に届け出る。
  • b. 院内肺炎肺炎球菌によるものが多い。
  • c. 使用済み注射針はキャップをしてから廃棄する。
  • d. 接触予防策(contact precaution)は結核患者に実施する。
  • e. 標準予防策(standard precaution)は患者全員に実施する。
[正答]


※国試ナビ4※ 100G017]←[国試_100]→[100G019

095A004」

  [★]

  • 老人の介護について誤っているのはどれか。
[正答]
※国試ナビ4※ 095A003]←[国試_095]→[095A005

099D017」

  [★]

  • a. 妊娠の届出には医師の証明が必要である。
  • b. 出生の届出は出生後1週以内に行わなければならない。
  • c. 我が国の乳児死亡率は約3(出生千対)である。
  • d. 育成医療未熟児に対して行われる事業である。
  • e. 3歳児の健康診査は保健所で行われる。
[正答]


※国試ナビ4※ 099D016]←[国試_099]→[099D018

精神保健福祉法」

  [★]

Mental Health and Welfare Law
精神保健及び精神障害者福祉に関する法律
法令障害者自立支援法

歴史

入院制度の比較

PSY.163改変
名称 強制/非強制 退院制限 患者条件 診察医 入院の命令者 保護者の同意 入院期間 知事への届出
任意入院 非強制 なし。ただし72時間に限り
精神保健指定医による制限可能
特になし 非指定医でも可 なし 不要 制限なし 不要
措置入院 強制 医師の判断で可能 自傷、他傷の事実、
あるいは恐れ
精神保健指定医2名の合意 都道府県知事、政令指定都市市長 必要
緊急措置入院 精神保健指定医1名 72時間
医療保護入院 医療と保護の必要性 病院管理者 必要 制限なし
応急入院 緊急の入院が必要 不要 72時間


第一章 総則

(この法律の目的)

第1条

  •  この法律は、精神障害者の医療及び保護を行い、障害者自立支援法 (平成十七年法律第百二十三号)と相まつてその社会復帰の促進及びその自立と社会経済活動への参加の促進のために必要な援助を行い、並びにその発生の予防その他国民の精神的健康の保持及び増進に努めることによつて、精神障害者の福祉の増進及び国民の精神保健の向上を図ることを目的とする。

第二章 精神保健福祉センター

精神保健福祉センター

第6条

  •  都道府県は、精神保健の向上及び精神障害者の福祉の増進を図るための機関(以下「精神保健福祉センター」という。)を置くものとする。
  • 2 精神保健福祉センターは、次に掲げる業務を行うものとする。
  • 一 精神保健及び精神障害者の福祉に関する知識の普及を図り、及び調査研究を行うこと。
  • 二 精神保健及び精神障害者の福祉に関する相談及び指導のうち複雑又は困難なものを行うこと。
  • 三 精神医療審査会の事務を行うこと。
  • 四 第四十五条第一項の申請に対する決定及び障害者自立支援法第五十二条第一項に規定する支給認定(精神障害者に係るものに限る。)に関する事務のうち専門的な知識及び技術を必要とするものを行うこと。
  • 五 障害者自立支援法第二十二条第二項の規定により、市町村が同条第一項に規定する支給要否決定を行うに当たり意見を述べること。
  • 六 障害者自立支援法第二十六条第一項の規定により、市町村に対し技術的事項についての協力その他必要な援助を行うこと。

 第四章 精神保健指定医、登録研修機関及び精神科病院

  第一節 精神保健指定医

精神保健指定医

第18条

  •  厚生労働大臣は、その申請に基づき、次に該当する医師のうち第十九条の四に規定する職務を行うのに必要な知識及び技能を有すると認められる者を、精神保健指定医(以下「指定医」という。)に指定する。
  • 一 五年以上診断又は治療に従事した経験を有すること。
  • 二 三年以上精神障害の診断又は治療に従事した経験を有すること。
  • 三 厚生労働大臣が定める精神障害につき厚生労働大臣が定める程度の診断又は治療に従事した経験を有すること。
  • 四 厚生労働大臣の登録を受けた者が厚生労働省令で定めるところにより行う研修(申請前一年以内に行われたものに限る。)の課程を修了していること。
  • 2 厚生労働大臣は、前項の規定にかかわらず、第十九条の二第一項又は第二項の規定により指定医の指定を取り消された後五年を経過していない者その他指定医として著しく不適当と認められる者については、前項の指定をしないことができる。
  • 3 厚生労働大臣は、第一項第三号に規定する精神障害及びその診断又は治療に従事した経験の程度を定めようとするとき、同項の規定により指定医の指定をしようとするとき又は前項の規定により指定医の指定をしないものとするときは、あらかじめ、医道審議会の意見を聴かなければならない。

(措置入院に関して規定している)

第29条

  • 都道府県知事は、第二十七条の規定による診察の結果、その診察を受けた者が精神障害者であり、かつ、医療及び保護のために入院させなければその精神障害のために自身を傷つけ又は他人に害を及ぼすおそれがあると認めたときは、その者を国等の設置した精神科病院又は指定病院に入院させることができる。
  • 2 前項の場合において都道府県知事がその者を入院させるには、その指定する二人以上の指定医の診察を経て、その者が精神障害者であり、かつ、医療及び保護のために入院させなければその精神障害のために自身を傷つけ又は他人に害を及ぼすおそれがあると認めることについて、各指定医の診察の結果が一致した場合でなければならない。

(費用の負担)  → 措置入院の入院に要する費用は都道府県(間接的に国が)負担する。

第30条

  •  第二十九条第一項及び第二十九条の二第一項の規定により都道府県知事が入院させた精神障害者の入院に要する費用は、都道府県が負担する。
  • 2 国は、都道府県が前項の規定により負担する費用を支弁したときは、政令の定めるところにより、その四分の三を負担する。

第五節 精神科病院における処遇等

(処遇)

第36条

  • 精神科病院の管理者は、入院中の者につき、その医療又は保護に欠くことのできない限度において、その行動について必要な制限を行うことができる。  → 精神科病院に限り行動制限可能
  • 2 精神科病院の管理者は、前項の規定にかかわらず、信書の発受の制限、都道府県その他の行政機関の職員との面会の制限その他の行動の制限であつて、厚生労働大臣があらかじめ社会保障審議会の意見を聴いて定める行動の制限については、これを行うことができない。

(身体拘束)

  • 3 第一項の規定による行動の制限のうち、厚生労働大臣があらかじめ社会保障審議会の意見を聴いて定める患者の隔離その他の行動の制限は、指定医が必要と認める場合でなければ行うことができない。

精神保健福祉相談員

第48条

  •  都道府県及び市町村は、精神保健福祉センター及び保健所その他これらに準ずる施設に、精神保健及び精神障害者の福祉に関する相談に応じ、並びに精神障害者及びその家族等を訪問して必要な指導を行うための職員(次項において「精神保健福祉相談員」という。)を置くことができる。
  • 2 精神保健福祉相談員は、精神保健福祉士その他政令で定める資格を有する者のうちから、都道府県知事又は市町村長が任命する。


精神障害者社会適応訓練事業

第50条

  •  都道府県は、精神障害者の社会復帰の促進及び社会経済活動への参加の促進を図るため、精神障害者社会適応訓練事業(通常の事業所に雇用されることが困難な精神障害者を精神障害者の社会経済活動への参加の促進に熱意のある者に委託して、職業を与えるとともに、社会生活への適応のために必要な訓練を行う事業をいう。以下同じ。)を行うことができる。

 第七章 精神障害者社会復帰促進センター

(指定等)

第51条の二

  •  厚生労働大臣は、精神障害者の社会復帰の促進を図るための訓練及び指導等に関する研究開発を行うこと等により精神障害者の社会復帰を促進することを目的とする一般社団法人又は一般財団法人であつて、次条に規定する業務を適正かつ確実に行うことができると認められるものを、その申請により、全国を通じて一個に限り、精神障害者社会復帰促進センター(以下「センター」という。)として指定することができる。
  • 2 厚生労働大臣は、前項の規定による指定をしたときは、センターの名称、住所及び事務所の所在地を公示しなければならない。
  • 3 センターは、その名称、住所又は事務所の所在地を変更しようとするときは、あらかじめ、その旨を厚生労働大臣に届け出なければならない。
  • 4 厚生労働大臣は、前項の規定による届出があつたときは、当該届出に係る事項を公示しなければならない。

法令

[display]http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S25/S25HO123.html
  • 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律施行令(昭和二十五年五月二十三日政令第百五十五号)
[display]http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S25/S25SE155.html
  • 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律施行規則(昭和二十五年六月二十四日厚生省令第三十一号)
[display]http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S25/S25F03601000031.html


認知症」

  [★]

dementia
痴呆痴呆症器質痴呆 organic dementia
amyotrophic lateral sclerosisハチンスキー虚血スコア

定義

  • 1. 知的機能が脳の器質性障害によって低下
  • 2. 認知機能が選択的に障害された状態(PSY.312)
  • 3. 記憶と判断力の障害を基本とする症候群(PSY.312)

認知症の概念

認知症の分類

  • 変性認知症
  • ピック病:行動の障害、人格変化。Pick球やPick細胞が存在

原因疾患

  • 一次性
  • 二次性

認知症症状

1. 中核症状

  • 認知機能障害:思考・推理・判断・適応・問題解決
  • 記憶障害:初期には記銘力、短期記憶から障害される。早期:エピソード記憶 → 重症:意味記憶
  • 判断力低下
  • 見当識障害
  • 言語障害(失語)
  • 失行
  • 失認

2. 周辺症状

  • 不安
  • 抑うつ
  • 徘徊
  • 不眠
  • 妄想

認知症と老化現象との違い

  • 老化現象
  • 体験の一部を忘れる ← ヒントを与えられると思い出せる
  • 名前や日付などをとっさに思い出せる
  • 日常生活に支障はない
  • 物忘れに対して自覚がある
  • 認知症
  • 体験した全てを忘れる。最近の記憶がない ← ヒントを与えられてても思い出せない
  • 時間や自分のいる場所が分からない
  • 日常生活を営むことが困難
  • 物忘れに対して自覚がない

検査

診断

  アルツハイマー病 脳血管性認知症 ピック病
認知症 全般的認知症 まだら認知症 アルツハイマー病に類似。
早期には人格、注意力が障害され、
次第に記憶力も障害される。
人格 晩期に人格障害 保たれる 早期に人格障害
病識 なし(初期にはあり) あり なし
経過 進行性 動揺性、階段状に進行性 進行性
基礎疾患 特になし 高血圧、糖尿病、心疾患 特になし
画像検査 対称性の脳溝開大 脳実質内に脳梗塞巣 側頭葉と前頭葉の萎縮
機能画像検査 側頭葉、頭頂葉での代謝低下 前頭葉を中心とした多発性の脳代謝低下 前頭葉、側頭葉での代謝低下

認知症高齢者を対象とした事業・施設

相談体制 保健所 地域保健法が定める事業内容「母性及び乳幼児並びに老人の保健に関する事項」による老人精神衛生相談事業
高齢者総合相談センター 厚労省が都道府県レベルに設置している高齢者に関する相談窓口
在宅介護支援センター 老人福祉法により市町村が実施の主体となっている施設であり、在宅の要介護高齢者やその介護者の要望に対応した適切なサービスが円滑に提供されるように市町村や関連機関との連絡・調節などを行っている。
認知症疾患医療センター  
在宅対策 介護 訪問介護 ホームヘルプサービス
通所介護 デイサービス
短期入所生活介護 ショートステイ
認知症老人向け毎日通所型デイサービスセンター  
認知症対応型老人共同生活介護 グループホーム
老人認知症疾患デイ・ケア施設  
福祉 訪問指導
施設対策 介護 介護療養型医療施設
介護老人保健施設
介護老人福祉施設
医療 老人性認知症疾患治療病棟
福祉 養護老人ホーム
特別養護老人ホーム

国試





地域保健法」

  [★]

法令


 第一章 総則

(目的)

第1条

  •  この法律は、地域保健対策の推進に関する基本指針、保健所の設置その他地域保健対策の推進に関し基本となる事項を定めることにより、母子保健法(昭和四十年法律第百四十一号)その他の地域保健対策に関する法律による対策が地域において総合的に推進されることを確保し、もつて地域住民の健康の保持及び増進に寄与することを目的とする。

 第三章 保健所

第5条

  •  保健所は、都道府県、地方自治法(昭和二十二年法律第六十七号)第二百五十二条の十九第一項の指定都市、同法第二百五十二条の二十二第一項の中核市その他の政令で定める市又は特別区が、これを設置する。
  • 2 都道府県は、前項の規定により保健所を設置する場合においては、保健医療に係る施策と社会福祉に係る施策との有機的な連携を図るため、医療法(昭和二十三年法律第二百五号)第三十条の四第二項第九号に規定する区域及び介護保険法(平成九年法律第百二十三号)第百十八条第二項第一号に規定する区域を参酌して、保健所の所管区域を設定しなければならない。

第6条

  •  保健所は、次に掲げる事項につき、企画、調整、指導及びこれらに必要な事業を行う。
  • 一 地域保健に関する思想の普及及び向上に関する事項
  • 二 人口動態統計その他地域保健に係る統計に関する事項
  • 三 栄養の改善及び食品衛生に関する事項
  • 四 住宅、水道、下水道、廃棄物の処理、清掃その他の環境の衛生に関する事項
  • 五 医事及び薬事に関する事項
  • 六 保健師に関する事項
  • 七 公共医療事業の向上及び増進に関する事項
  • 八 母性及び乳幼児並びに老人の保健に関する事項
  • 九 歯科保健に関する事項
  • 十 精神保健に関する事項
  • 十一 治療方法が確立していない疾病その他の特殊の疾病により長期に療養を必要とする者の保健に関する事項
  • 十二 エイズ、結核、性病、伝染病その他の疾病の予防に関する事項
  • 十三 衛生上の試験及び検査に関する事項
  • 十四 その他地域住民の健康の保持及び増進に関する事項

第7条

  •  保健所は、前条に定めるもののほか、地域住民の健康の保持及び増進を図るため必要があるときは、次に掲げる事業を行うことができる。
  • 一 所管区域に係る地域保健に関する情報を収集し、整理し、及び活用すること。
  • 二 所管区域に係る地域保健に関する調査及び研究を行うこと。
  • 三 歯科疾患その他厚生労働大臣の指定する疾病の治療を行うこと。
  • 四 試験及び検査を行い、並びに医師、歯科医師、薬剤師その他の者に試験及び検査に関する施設を利用させること。

(市町村保健センター)

第18条

  •  市町村は、市町村保健センターを設置することができる。
  • 2 市町村保健センターは、住民に対し、健康相談、保健指導及び健康診査その他地域保健に関し必要な事業を行うことを目的とする施設とする。

第19条

  •  国は、予算の範囲内において、市町村に対し、市町村保健センターの設置に要する費用の一部を補助することができる。

第20条

  •  国は、次条第一項の町村が市町村保健センターを整備しようとするときは、その整備が円滑に実施されるように適切な配慮をするものとする。

法令

  • 1. 地域保健法(昭和二十二年九月五日法律第百一号)
[display]http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S22/S22HO101.html


医師が関与する法律」

  [★]

法令

医師が関与する法律

医師が間接的に関与する法律

コメディカルが関する法律

医師の届出義務

参考

  • 法令データ提供システム


二次医療圏」

  [★]

医療圏市町村都道府県

概念

参考1より引用
  • 医療法第30条の4第2項第10号で規定。特殊な医療を除く一般的な医療サービスを提供する医療圏で、「地理的条件等の自然的条件及び日常生活の需要の充足状況、交通事情等の社会的条件を考慮して、一体の区域として病院における入院に係る医療(前条に規定する特殊な医療並びに療養病床及び一般病床以外の病床に係る医療を除く。)を提供する体制の確保を図ることが相当であると認められるものを単位として設定すること」(医療法施行規則第30条の29第1項)と規定されている。複数の市町村を一つの単位として認定される。

二次医療圏に設置される施設

注意

参考

  • 1. wiki ja
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%BB%E7%99%82%E5%9C%8F
  • 2. 医療機関の医療情報センター | ウェルネス > 運営サイト/コンテンツ > 2次医療圏データベースシステム ダウンロード 国際医療福祉大学大学院 教授 高橋泰 株式会社ウェルネス
[display]http://www.wellness.co.jp/siteoperation/msd

保健」

  [★]

health, health supervision
衛生健康




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡