サイアザイド系利尿薬

出典: meddic

チアジド系利尿薬

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/08/02 23:38:21」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 糖尿病を合併した高血圧患者における降圧薬の選択-当施設における過去13年間の降圧薬処方の推移からみた考察
  • 石井 晶子,馬場園 哲也,麦島 通乃,吉田 直史,東谷 紀和子,入村 泉,林 俊秀,坊内 良太郎,花井 豪,田中 伸枝,岩本 安彦
  • 東京女子医科大学雑誌 81(E2), E105-E110, 2011-03-31
  • … 対する降圧薬の選択に関し、アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬およびアンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB)を第一選択とし、降圧が不十分な場合の第二選択薬として、カルシウム(Ca)拮抗薬と少量のサイアザイド系利尿薬を併用することとされている.,1997年から2009年までの13年間の、当科外来通院中の糖尿病患者における降圧薬処方数の推移について検討した.従来Ca拮抗薬が処方降圧薬のなかで第1位を占めていたが、 …
  • NAID 110008441453
  • 利尿薬 (特集 エキスパートが教える研修医のための薬の使いかた)

関連リンク

遠位尿細管においてNaとClの再吸収を阻害する。降圧剤としても使用される。大規模 臨床試験では他剤と遜色ない結果を得ており、現在も高血圧治療薬の代表的なもの。 ヒドロクロロサイアザイド(HCTZ,ダイクロトライド®) ...
利尿薬. チアジド系利尿薬(サイアザイド系利尿薬). 遠位尿細管において、Na( ナトリウム)、Clの再吸収を抑制して利尿効果を示す; 利尿効果は弱い; 降圧利用薬 として高血圧症に使われる. トリクロルメチアジド(フルイトラン); ヒドロクロロチアジド( ダイクロトライ ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。
サイアザイド系利尿薬サイアザイド系利尿薬,圧 3. サイアザイド系利尿薬 サイアザイド 系 腎臓 の 尿1)サイアザイド系利尿薬2)ループ利尿薬


★リンクテーブル★
国試過去問108A054」「109D046」「108G055」「104D034」「095G036」「107D013」「103B011」「108I037」「102G024」「104C013」「100B060」「112A003」「093A060」「094A046
リンク元高カルシウム血症」「チアジド系利尿薬」「インスリン製剤」「HDLコレステロール」「高中性脂肪血症
関連記事利尿薬」「サイアザイド」「」「利尿」「イド

108A054」

  [★]

  • 62歳の男性。今年の健康診断で高血糖を指摘され来院した。 10年前から健康診断で毎年、高血糖と高血圧とを指摘されていたが受診しなかった。喫煙は 15本/日を40年間。身長 168 cm、体重 70 kg、腹囲 88 cm。脈拍 80/分、整。血圧 188/96 mmHg。心音と呼吸音とに異常を認めない。下腿に浮腫を認めない。アキレス腱反射は両側で消失している。尿所見:蛋白 2+、糖 4+、ケトン体 (-)。血液生化学所見:アルブミン 3.8 g/dl、AST 36 IU/l、ALT 45 IU/l、尿素窒素 16 mg/dl、クレアチニン 0.8 mg/dl、尿酸 8.3 mg/dl、空腹時血糖 212 mg/dl、HbA1c(NGSP)9.8% (基準 4.6~6.2)、トリグリセリド 170 mg/dl、LDLコレステロール 139 mg/dl、Na 139 mEq/l、K 4.8mEq/l、Cl 104 mEq/l。眼底検査で単純網膜症を認める。摂取エネルギーと塩分とを制限する食事療法と運動療法とを開始した。
  • 治療薬として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 108A053]←[国試_108]→[108A055

109D046」

  [★]

  • 34歳の男性。糖尿病の精査目的に来院した。18歳時の健康診断で尿糖陽性を指摘されたがそのままにしていた。視力低下のため昨日、眼科を受診し増殖前糖尿病網膜症と診断され、紹介されて受診した。父親が糖尿病である。身長 167cm、体重 86kg。脈拍 88/分、整。血圧 182/96mmHg。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、血管雑音を聴取しない。下腿に軽度の浮腫を認める。尿所見:蛋白1+、糖2+、潜血(-)、アルブミン排泄量 350mg/gCr(基準 30未満)。血液生化学所見:アルブミン 3.9g/dL、クレアチニン 1.2mg/dL、空腹時血糖 165mg/dL、HbA1c 8.9%(基準 4.6~6.2)、HDLコレステロール 35mg/dL、LDLコレステロール 145mg/dL、トリグリセリド 230mg/dL、Na 145mEq/L、K 4.3mEq/L、Cl 109mEq/L。
  • 食事療法とともに開始すべき内科的治療として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 109D045]←[国試_109]→[109D047

108G055」

  [★]

  • 78歳の男性。 3週前からの頭重感を主訴に来院した。生活は自立している。最近5年は健康診断を受けていない。既往歴に特記すべきことはない。喫煙歴はない。飲酒は日本酒 1合/日を 55年間。身長 165 cm、体重 60 kg。脈拍 72/分、整。血圧184/112 mmHg、左右差なし。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部と背部とに血管雑音を聴取しない。下腿に浮腫を認めない。尿所見と血液生化学所見とに異常を認めない。心電図で左室肥大所見を認める。胸部エックス線写真で心胸郭比は 62%である。
  • 正しいのはどれか。
  • a 降圧薬は低用量から開始する。
  • b 降圧薬は短時間作用型を選択する。
  • c 3か月間は減塩などの食事制限のみを行う。
  • d サイアザイド系利尿薬は第一選択とはしない。
  • e 降圧目標は診察室血圧で 120/80 mmHg未満とする。


[正答]


※国試ナビ4※ 108G054]←[国試_108]→[108G056

104D034」

  [★]

  • 42歳の女性。多尿易疲労感とを主訴に来院した。1年前の離婚を契機に、頻回に飲水を行うようになった。夜間の排尿は1回軽度、日中は30分から1時間ごとである。意識は清明。身長165cm、体重46kg。脈拍64/分、整。血圧96/62mmHg。胸部と腹部とに異常を認めない。下腿に浮腫を認めない。尿所見:蛋白(-)、糖(-)。尿浸透圧検査:来院時 120mOsm/kgH20、水制限試験後 650mOsm/kgH20、バソプレシン5単位皮下注射後 680mOsm/kgH20。
  • 治療として適切なのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 104D033]←[国試_104]→[104D035

095G036」

  [★]

  • 70歳の男性。全身倦怠感食欲不振とのため入院した。6か月前から肺癌のために化学療法を受けていた。意識は清明で、身体所見に異常はない。尿所見:比重1.014、浸透圧600 mOsmll(基準50~1,300)、蛋白(-)、糖(-)。血清生化学所見:尿素窒素10mg/dl、クレアチニン0.6 mg/dl、尿酸1.1 mg/dl、Na 120mEq/l、K 4.0mEq/l、Cl 87mEq/l、浸透圧249 mosmll(基準275~288)。この患者で行うべき処置はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 095G035]←[国試_095]→[095G037

107D013」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 107D012]←[国試_107]→[107D014

103B011」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 103B010]←[国試_103]→[103B012

108I037」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 108I036]←[国試_108]→[108I038

102G024」

  [★]

  • 高カリウム血症の原因となるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 102G023]←[国試_102]→[102G025

104C013」

  [★]

  • 高齢男性で尿閉をきたす可能性があるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 104C012]←[国試_104]→[104C014

100B060」

  [★]

  • 低カリウム血症をきたさないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100B059]←[国試_100]→[100B061

112A003」

  [★]

  • 高尿酸血症をきたさないのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 112A002]←[国試_112]→[112A004

093A060」

  [★]

094A046」

  [★]

高カルシウム血症」

  [★]

hypercalcemia
高Ca血症
カルシウム低カルシウム血症
研修医当直御法度 症例帳 p.32
  • 組織へのカルシウム蓄積を引き起こしうる (BPT.27)

病因

  • 肉芽の構成成分であるマクロファージがビタミンD3を産生?
  • 4. サイアザイド系利尿薬や骨粗しょう症の薬として1,25(OH)2D3製剤。
  • 4-1. サイアザイド系利尿薬
  • チアジド系利尿薬の慢性使用により体液量が減少し、近位尿細管での再吸収が亢進するため (GOO.755) ??
  • チアジド系利尿薬自体のDCTでの作用による;NCCTを阻害すると細胞内のNa濃度低下、これにより側底膜でのNa+-Ca2+交換系が亢進することでCa2+の再吸収↑ (GOO.755)  → ループ利尿薬と違ってチアジド系利尿薬ははCaを排泄しない!! see.利尿薬
  • 5. 家族性低Ca尿性高Ca血症
  • 6. その他(リチウム???? (ICU.558))
ECGP.223

USMLEより

  • Calcium ingestion
  • Hyperparathyroid/Hyperthyroid
  • Iatrogenic
  • Multiplemyeloma
  • Paget's disease
  • Addison's disease
  • Neoplasms
  • Zollinger-Ellison syndrome: ZES単独ではなく、MEN Iによるparathyroid tumorに続発した病態
  • Excessive vitamin D
  • Excessive vitamin A
  • Sarcoidosis

定義

  • 血清カルシウムが正常上限を超える場合。
  • 疑い:常に≧10.3 mg/dl
  • 確実:≧10.5 mg/dl

基準値

  • 血清総Ca 8.6-10.1 mg/dl(臨床検査法提要第32版)
  • 血清Caイオン 1.15-1.30 mmmol/l(臨床検査法提要第32版), 4.6-5.1 mg/dl

症候

軽度(11-11.5 mg/dL):通常は無症状。(HIM.285)
重度(>12-13 mg/dL):傾眠、昏迷、昏睡、消化器症状が出現。(HIM.285)
  • 精神・神経症状:錯乱、昏迷、昏睡。イライラ感、うつ傾向(QB.D-339)
  • 消化器:食欲不振、悪心・嘔吐、便秘膵炎消化性潰瘍腹部膨満(腸管運動抑制による(QB.D-339))
  • 消化性潰瘍:高カルシウム血症は胃酸分泌を促進する
  • 急性膵炎:高カルシウム血症は膵液の分泌を亢進する。(YN.B-78) ← 過剰に出ちゃうと炎症が起こってしまうらしい
  • 泌尿器:多尿、腎結石(血清Ca 12mg/dLでできやすくなるらしい) ← 多尿は浸透圧利尿による(ICU.558)
  • 急性腎不全
  • 腎不全は一般的に低カルシウム血症となるが、高カルシウム血症に起因する腎不全は例外。
高カルシウム血症性腎症 hypercalcemic nephropathy
  • 腎の石灰化→髄質に蓄積→尿細管圧迫→尿濃縮力障害 ← 続発性尿崩症の原因???
  • 高カルシウム血症は腎の濃縮力を低下させる(HIM.286) ← 腎集合管におけるADHの作用を阻害(QB.D-339)
  • 心血管:血管収縮による高血圧(出典不明!!)。徐脈、房室ブロック、QT短縮(HIM.284)。 ← YN.D-147には血圧上昇、ICU.558には低血圧とある。
  • 筋 :筋力低下、筋痛
  • 全身:易疲労感
  • 異所性石灰化 red eye 強膜にカルシウムが沈着
  • 多尿による脱水、高血圧、徐脈

心電図

EAB.114 SP.94,524
  • QT短縮、ST短縮 ← 活動電位持続時間が短縮したことを示す。QRS幅については延長する場合もある(EAB.114)
  • ↑細胞外カルシウム濃度→↑内向きカルシウム電流(↑流入速度)→さらに脱分極するように思えるが↑外向きカリウム電流により打ち消される→正味、カルシウムの移動が無くなるまでの時間が早まる→↓活動電位持続時間
  • PR間隔延長??
高カルシウム血症→QT短縮: ←高カリウム血症
低カルシウム血症→QT延長: ←低カリウム血症 低マグネシウム血症

治療

  • 症状が出たときか、症状無く血清Ca 14mg/dL以上の場合(ICU.558)

生理食塩水

  • 1. 細胞外液の補充
  • 2. ナトリウム利尿によるカルシウム排泄の促進

ループ利尿薬

カルシトニン

ビスホスホン酸

血液透析

高カルシウム血症の鑑別

		尿中のCa排泄	PTH	PTHrP	1,25(OH)2D3
原発性甲状腺機能亢進症	↑	↑	↓	→ or ↑
腫瘍のPTH関連蛋白分泌	↑	↓	↑	↓
	 腫瘍の骨破壊	↑	↓	↓	↓
	 肉芽腫症		↓	↓	↓	→ or ↑

参考

  • [display]http://akimichi.homeunix.net/~emile/aki/html/medical/endocrine/node52.html

国試



チアジド系利尿薬」

  [★]

thiazide diuretic, benzothiazide diuretic
サイアザイド系利尿薬
利尿薬利尿薬の作用部位sodium-chloride symporter inhibitorギテルマン症候群

特徴

  • 安価である
  • 有効率が高い
  • 遠位尿細管前半部に作用するらしい
  • Na+とCl-の共輸送体(NCCT)を阻害→Na+,Cl- の再吸収を阻害する

排泄される電解質の変化

  • Na↑、K↑、H↑、Ca↓、Mg↑、Cl↑、HCO3↑、H2PO4
チアジド系利尿薬の慢性使用により体液量が減少し、近位尿細管での再吸収が亢進するため (GOO.755) ??
チアジド系利尿薬自体のDCTでの作用による;NCCTを阻害すると細胞内のNa濃度低下、これにより側底膜でのNa+-Ca2+交換系が亢進することでCa2+の再吸収↑ (GOO.755) → つまり管腔側から受動的に引き込まれるということ。
  • ループ利尿薬と同様の機序による (GOO.755)

チアジド系利尿薬

効能・効果

  • 高血圧症、心性浮腫、腎性浮腫、肝性浮腫

禁忌

  • 無尿(効果なし)
  • 急性腎不全(腎機能悪化):緻密斑より下流にチアジド系利尿薬の作用部位があるため、GFRを増加させたい場合にフィードバックがかかりにくいため?(緻密斑は適正量のNaが排泄されていると検出し、GFRを低下させても、下流では想定より多くのNaを喪失し、hypovolemicになる?)
  • 電解質異常

副作用

  • 長期間の使用における副作用:低カリウム血症、高尿酸血症高脂血症耐糖能低下、光線過敏症、脂質代謝障害。高カルシウム血症(YN.C-62) → (利尿薬参照。ループ利尿薬との違いはカルシウムを排泄するかどうか)

低カリウム血症

GOO.756
  • カリウムは抗高血圧作用があるので、チアジド系利尿薬の利尿作用を打ち消してしまう。

耐糖能の低下

GOO.756
  • 低カリウム血症の関与が示唆されている。K+をチアジド系利尿薬と共に投与すると高血糖が改善されるから。


-サイアザイド系利尿薬
-サイアザイド系利尿薬


インスリン製剤」

  [★]

insulin preparation
インスリン糖尿病薬理学


  • ヒトインスリン製剤
  • 超速効型インスリン:Lys(B28)Pro(B29)インスリン
  • 水溶性保持型インスリン

適応

  • 食事療法・運動療法や経口血糖降下薬でコントロール不良の場合
  • 経口血糖降下薬の使用禁忌
重症ケトーシス、糖尿病性昏睡・前昏睡、重篤な肝障害・腎障害、重症感染症、手術前後、重篤な外傷、下痢・嘔吐などの胃腸障害、薬物過敏、妊婦または妊娠の可能性
  • そのた:血管障害、慢性膵炎の合併。ステロイド使用例

注意

副作用

経口摂取可能かつ意識があれば、砂糖15g-20g or グルコース10g摂取。 ← 20gのブドウ糖相当の食品を摂取せよという記載もあり
無意識の場合は、グルコースの静注50%(20-50ml)。
注射部位の発赤・蕁麻疹
  • 3. lypodystrophy
インスリン注射部位の脂肪組織の萎縮→注射部位・インスリン製剤の変更
  • 4. 抗インスリン抗体産生
動物インスリンを使った場合に特に見られる。
  • 5. 浮腫
インスリンの腎尿細管への作用。Na+-K+ ATPase活性化。
塩分制限をする

薬物相互作用

  • インスリンの作用を増強
  • インスリンの作用を減弱
  • 増強or減弱する薬物
*タンパク同化ステロイド

参考

  • 製剤情報
[display]http://www.nichiyaku.or.jp/anzen/wp-content/uploads/2011/05/insulin_h23_s3.pdf
  • 分類
[display]http://byoukigard.water-ice.info/article/51941745.html



HDLコレステロール」

  [★]

high density lipoprotein cholesterol, HDL cholesterol, HDL-C, high density lipoprotein-cholesterol
高密度リポ蛋白質コレステロール, 高比重リポタンパクコレステロール
コレステロール


増減させるファクター

  • 増加:運動、減量、禁煙
  • 減少:運動不足、肥満、禁煙

OLM.193

低下

  • 二次性疾患
  • 虚血性心疾患(心筋梗塞、狭心症)
  • メタボリックシンドローム
  • 糖尿病
  • 肝障害(急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、脂肪肝など)
  • 甲状腺機能亢進症
  • 肥満
  • 薬剤性(サイアザイド系利尿薬、アンドロゲン、抗脂血症薬)
  • 先天性疾患
  • Tangier病
  • アポA-I欠損症
  • アポA-I異常症
  • 魚眼病
  • 家族性低HDL血漿
  • 家族性LCAT欠損症
  • 家族性LPL欠損症

上昇


上昇

基準値

  • M:37-67 mg/dl (LAB)
  • F:40-71 mg/dl (LAB)



高中性脂肪血症」

  [★]

hypertriglyceridemia
高トリグリセリド血症高トリグリセライド血症脂質異常症


[show details]

重症度

  • 正常   :150mg/dl以下
  • 境界型  :150-199mg/dl
  • 高値   :200-499mg/dl
  • 非常に高値:500mg/dl

原因

臨床的意義

  • 500md/dl以下の場合は非薬物療法(食事療法、接酒、減量、有酸素運動)
  • 500mg/dl以上の場合、フィブラート系薬剤の治療適応
  • 1000mg/dlを超えると膵炎のリスクがある。

治療薬


利尿薬」

  [★]

diuretic, diuretics
尿細管

適応

利尿薬の種類 (GOO.744)

  CATIONS ANIONS 尿酸 腎血液動態
Na+ K+ H+ Ca2+ Mg2+ Cl- HCO3- H2PO4- 急性 慢性 RBF GFR FF TGF
炭酸脱水酵素阻害薬 炭酸脱水酵素阻害 近位尿細管
 
++ NC V (+) ++ ++ I NC
浸透圧利尿薬 浸透圧 ヘンレループ
 
++ I ++ I NC I
ループ利尿薬 Na+-K+-2Cl- symport阻害 太い上行脚
 
++ ++ ++ ++ ++ (1) (1) V(+) NC V(-)
チアジド系利尿薬 Na+-Cl-symport阻害 遠位尿細管
 
++ V(-) V(+) (1) (1) NC V(-) V(-) NC
カリウム保持性利尿薬 上皮性ナトリウムチャネル阻害 遠位尿細管後部と集合管
 
(+) NC I NC NC NC NC
アルドステロン受容体拮抗 遠位尿細管後部と集合管
 
I (+) I I NC NC NC NC

利尿薬の例

  • 上皮性ナトリウムチャネル阻害薬
  • アルドステロン受容体阻害薬

利尿薬の作用部位

  • ホルモンと利尿薬の作用部位についての簡単なまとめは→尿細管

参照

http://hobab.fc2web.com/sub4-Diuretics.htm



サイアザイド」

  [★]

thiazide
サイアザイド系、サイアザイド系化合物、チアジドチアジド系、チアジド系化合物、チアジド系利尿薬サイアザイド系利尿薬、サイアザイド系利尿降圧剤、チアジド系薬剤、チアジド系利尿降圧剤、チアジド系利尿剤



薬」

  [★]

drug, agent
薬物
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品



利尿」

  [★]

diuresis
多尿利尿剤利尿薬


イド」

  [★]

id
エス





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1交叉感作性+薬剤20
2坊功婁カテーテルキット14
3ダーゼン+添付文書14
4篩状 面皰状 低乳頭 類臓器型13
5アイソボログラム13
6嘔吐 噴水12
7SHEEP BLEEDING PULLEY mail12
8小刻み歩行+原因11
9股関節外転装具+装着方法10
10グレー症候群+小児8
11白脾髄8
12下壁梗塞8
13メタロプロテイナーゼ8
14鶏卵大+大きさ7
15エストロゲン インスリン グリコーゲン7
16プロステーシス+整形外科6
17+白衣を着る理由 看護師 原著6
18セリンプロテイナーゼ6
19体幹ギプス固定 画像6
20brom+tech+心臓6

昨日の人気記事
 タイトル表示
1白脾髄6
2SHEEP BLEEDING PULLEY mail6
3Cod Eel Flatfish Flounder Herring Mackerel Salmon Sardine Shark Sturgeon mail5
4Swordfish Tilapia Trout Tuna Whitebait mail4
5Knee+arthrosis+膝4
6エルレンマイヤーフラスコ変形3
7+351 copper sulphate .pt mail3
8腹腔動脈3
9user/password3
10Barium Sulphate Barium Hydroxide mail3
11妊娠時胆汁うっ滞3
12gray+platelet症候群3
13CATTLE SKIN DEHIDER mail3
14クラフォラン+世代2
15@HE Sultan Ahmed bin Sulayem.ae mail2
16甲状腺中毒性+ミオパシー2
17ヨウ素+過敏症2
18atraumatic+needle2
19ローザーネラトン線とは2
20胎盤娩出+自然+シュルツェ式2