100F042

  • 32歳の女性。未経妊。月経痛と3年間の不妊とを主訴に来院した。基礎体温は2相性で、卵管の通過性と性交後試験とに異常を認めない。夫の精液所見は正常。内診で右卵巣が鵞卵大に腫大し、可動性不良である。直腸診でDouglas窩に硬結と圧痛とを認める。超音波検査で右付属器部に径8cm、内容が高輝度の嚢胞を認める。血中プロラクチン12ng/ml(基準30以下)。血清CA125 128U/ml(基準35以下)。骨盤部単純MRIのT1強調像と脂肪抑制T1強調像とを以下に示す。
  • 治療として最も適切なのはどれか。




[正答]


※国試ナビ4※ 100F041]←[国試_100]→[100F043



★リンクテーブル★
国試過去問100F041」「100F043

100F041」

  [★]

  • 48歳の女性。2か月前から両手のしびれが持続するため来院した。尿所見:
  • pH7.6。血清生化学所見:Na145mEq/l、K2.7mEq/l、Cl115mEq/l。動脈血
  • ガス分析(自発呼吸、room air):pH7.35、PaO2 98Torr、PaCO2 33Torr、HCO3- 18mEq/l。
  • 基礎にある酸塩基平衡障害はどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 100F040]←[国試_100]→[100F042

100F043」

  [★]

  • 28歳の女性。帯下の増加を主訴に来院した。内診細胞診とを行った後、コルポスコピィを施行した。酢酸加工後のコルポスコピィ写真を以下に示す。
  • 最も考えられるのはどれか。
  • a. トリコモナス膣炎
  • b. クラミジア頸管炎
  • c. 上皮内癌
  • d. 浸潤扁平上皮癌
  • e. 浸潤腺癌


[正答]


※国試ナビ4※ 100F042]←[国試_100]→[100F044