098F043



★リンクテーブル★
国試過去問098F042」「098F044

098F042」

  [★]

  • 次の文を読み、41、42の問いに答えよ。
  • 45歳の男性。右上腕と腰背部との激痛のため救急車で搬入された。
  • 現病歴 : 自転車を運転中バイクと衝突転倒し、路上に投げ出された。右上腕と腰背部とを路面に強打して立ち上がれなくなった。
  • 既往歴 : 特記すべきことはない。
  • 現症 : 意識は清明。身長165 cm、体重60kg。脈拍84/分、整。血圧126/80mmHg。右上腕は腫脹し激痛を伴っている。腰背部にも激痛がある。脳神経系は正常である。右手関節の背屈と右手指筋の伸展とがいずれも麻痺のためできないが、右手関節の掌屈と右手指筋の屈曲との筋力は正常である。表在感覚は右前腕、右手背で低下している。左上肢には神経学的異常を認めず、膀胱直腸障害はない。
  • 検査所見 : 尿所見:蛋白(-)、糖(-)、潜血(-)。血液所見:赤沈6mm/1時間、赤血球500万、Hb14.8g/dl、白血球8,000、血小板25万。骨エックス線単純写真で、右上腕骨骨幹部骨折のほか、第3、4腰椎の椎体と椎弓との骨折を認める。
  • 下肢の神経学的所見として考えにくいのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 098F041]←[国試_098]→[098F043

098F044」

  [★]

  • 次の文を読み、43、44の問いに答えよ。
  • 75歳の女性。胸痛を主訴に来院した。
  • 現病歴 : 5時間前から胸部圧迫感を自覚し、次第に増悪するため受診した。
  • 既往歴 : 50歳代から高血圧と高コレステロール血症とで加療中である。72歳時に脳出血の既往があり、左半身に軽い麻痺が残っている。
  • 現症 : 意識清明だが苦悶様。身長158cm、体重62kg。脈拍76/分、整。血圧110/72mmHg。胸部聴診で心雑音はなく、呼吸音の異常は認めない。腹部は平坦、軟。四肢は冷たい。
  • 検査所見 :血液所見:赤血球380万、Hb12.5g/dl、白血球9,800、血小板16万。
  • 血清生化学所見:尿素窒素20mg/dl、クレアチニン0.9mg/dl、AST34単位(基準40以下)、ALT36単位(基準35以下)、LDH320単位(基準176~353)、CK122単位(基準10~40)。来院時の12誘導心電図を以下に示す。


  • 検査中に、モニター心電図上の変化とともに意識低下を認めた。この時の心電図を以下に示す。
  • とるべき処置はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 098F043]←[国試_098]→[098F045