098D008

  • 55歳の女性。数日前からの右眼痛を訴えて来院した。
  • 5年前から関節リウマチで治療を受けている。数か月前から口腔乾燥感と両眼の異物感とを自覚している。視力は右0.6(矯正不能)、左0.7(1.0×-1.0D)。眼圧は両眼ともに15mmHg。前房、水晶体および眼底に異常は認めない。フルオレセイン染色後の前眼部写真を以下に示す。
  • みられる所見はどれか。2つ選べ。




[正答]


※国試ナビ4※ 098D007]←[国試_098]→[098D009



★リンクテーブル★
国試過去問098D007」「098D009

098D007」

  [★]

  • 2歳の男児。38℃の発熱とともに全身に紅斑を認め来院した。
  • 入院後、紅斑は全身に広がり、続いて薄紙を貼ったような水疱を形成した。経口摂取不良、不機嫌および発熱は持続している。口唇周囲の写真を以下に示す。
  • この患児にまず投与するのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 098D006]←[国試_098]→[098D008

098D009」

  [★]

  • 5歳の男児。難聴と言語発達の遅れとを主訴に来院した。
  • 出生後の精神・身体発育は順調であった。2歳時に髄膜炎と中耳炎とに罹患した。オージオグラムを以下に示す。
  • 難聴の原因はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 098D008]←[国試_098]→[098D010