095G023

  • 46歳の女性。上腹部の膨満態と嘔吐とを主訴に来院した。上腹部に腫瘤を触知し、少量の腹水を認めるが、肝腫大はみられない。血清生化学所見:総ビリルビン0.8mg/dl、GOT34単位(基準40以下)、GPT30単位(基準35以下)、アルカリホスファターゼ225単位(基準260以下)。上部消化管内視鏡による胃病変の生検組織H-E染色標本を以下に示す。
  • 病変の進展の判定に有用でないのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 095G022]←[国試_095]→[095G024



★リンクテーブル★
国試過去問095G024」「095G022

095G024」

  [★]

  • 24歳の女性。2日前から1日8~10行の粘血便と下痢とが出現し、昨日から腹痛と発熱とをきたしたため来院した。8か月前から1日2行程度の粘血便があったが、そのまま放置していた。血液所見:赤血球324万、Hb 9.0 g/dl、Ht29%、白血球12,800、血小板38万。血清生化学所見:総蛋白5.9 g/dl、アルブミン2.9g/dl。CRP 5.2 mg/dl(基準0.3以下)。腹部エックス線単純写真を以下に示す。
  • 誤っている処置はどれか。
  • a. 絶飲食
  • b. 抗コリン薬投与
  • c. 副腎皮質ステロイド薬投与
  • d. 中心静脈栄養施行
  • e. 手術


[正答]


※国試ナビ4※ 095G023]←[国試_095]→[095G025

095G022」

  [★]

  • 23歳の男性。健康診断で食道の異常を指摘され、精査を希望して来院した。自覚症状はない。身体所見では軽度の脾腫を認める以外に特記すべき異常はない。食道内視鏡写真と経動脈性門脈造影写真とを以下に示す。考えられる疾患はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 095G021]←[国試_095]→[095G023