095D008

  • 4歳の男児。1歳ころから眼が時々内側に寄ることがあったが、最近になって増悪したので来院した。視力は右0.1(1.0×+4.00D)、左0.1(1.0×+5.50D)。眼球運動に異常はみられない。眼鏡非装用時と眼鏡装用時との眼位の写真を以下に示す。考えられる疾患はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 095D007]←[国試_095]→[095D009



★リンクテーブル★
国試過去問095D009」「095D007
リンク元調節性内斜視

095D009」

  [★]

  • 56歳の男性。昨日から右眼の視野異常を生じ来院した。1週前から右眼の飛蚊症と光視症とを自覚している。視力は右0.9(矯正不能)、左1.2(矯正不能)。眼圧は右6mmHg、左15mmHg。右眼の眼底写真を以下に示す。
  • 考えられる疾患はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 095D008]←[国試_095]→[095D010

095D007」

  [★]

  • 5歳の女児。急性骨髄性白血病で化学療法を受け、完全寛解に導入された。その後、兄からの骨髄移植が実施された。移植2週後、発熱、播種状紅斑および下痢・下血をきたすようになった。最も考えられるのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 095D006]←[国試_095]→[095D008

調節性内斜視」

  [★]

accommodative strabismus
斜視

failpicload@./t_image/095D001.JPG

国試